あれこれ

2017/02/13 イリーナ・ロバチョーワ「今、コーチとして働くのは非常に困難。余りにも多くの馬鹿げた命令がある」

 http://www.sovsport.ru/news/text-item/959308
http://sobesednik.ru/sport/20170211-irina-lobacheva-sportshkoly-v-rossii-zamuchili-nelepymi-prik?utm=rubrics-general
 
2017/02/13 イリーナ・ロバチョーワ「今、コーチとして働くのは非常に困難。余りにも多くの馬鹿げた命令がある」
 
フィギュアスケーター、イリーナ・ロバチョーワは、スポーツ学校で今コーチとしてどのような状況で働いているかを語った。
 
* イリーナ・ロバチョーワ:アイスダンスでイリヤ・アヴェルブーフとのペアで、ソルトレイクシティーオリンピック銀メダリスト。世界チャンピオン。ヨーロッパチャンピオン。
 
「現在は非常に困難な状況です。結果を求められます。コーチも選手も。しかし私たちへの扱いは、平たく言ってしまえば、敬意が感じられません。ありとあらゆる方面で障害があります。
 
例えば、私は自分のフィギュアスケート学校を作ろうと試みました — 伝えたかった経験、知識、スキルがあります。それは商業的学校ですが、しかし、あまり高収入ではない家庭でも金額的に十分に手が届いて学べるような学校です。値段を釣り上げることは、私の良心が許しません。
 
私は一年間維持しました。200万ルーブリ以上を注ぎ込みました。氷を借りるのに非常に多くの金額が消えました。それは非常に高く、値段を下げようとは誰もしません。私には大きな金額の借金が残り、返すためにお金を探さなければなりませんでした。
 
善良な人々が援助してくれて感謝しています。また赤の広場でショーを組織することにも援助していただきました。モスクワやモスクワ郊外のスポーツ学校の生徒たちが出演しましたが、観客の入場は無料にしました。この素晴らしいプロジェクトは、モスクワ市の予算から出して頂きました。しかし、その後はお金の割り当てが停止されました。
 
今私はオリンピック選手養成学校で、子供たちを教えています。ここにも困難があります。ここは予算がついている学校です。(委員会やらお役所からの)上からの命令がずっと雨のように降りかかります。幾つかの命令には、文字通り髪が逆立ちます。
 
例えば、通達によって、トレーニングの後私はホールから公共交通の停留所まで子供たちを引率しなければなりません。一人一人を、です! 20数人の私のグループの子供たちが、トレーニングの後皆同じ方角に帰るのではなかったとしたら、どうしたら良いのか言えますか?
 
一方で授業の前に私は、全ての電灯のランプシェードを点検しなければなりません。これは火災安全技術に関する通達なのです。ホールはトレーニング開始前に開かれ、トレーニングの時間は45分間です。この時間のなかで私はいくつのランプシェードを点検しなければならないのでしょうか? おまけに私は専門家ではありませんから、ランプシェードに問題があるのか、ないのか見分けることは困難なのです。しかし、調査しています。
 
子供たちは立って、授業開始を待っています。時間は過ぎていきます。そしてこのような馬鹿らしい命令は一つではなく、二つでもなく、何十とあるのです。これらの命令を作った人は何を考えているのですか? 誰のためにそれらがあるのですか、子供たちの安全のためなのでしょうか?」。≪ソベセードニク≫ はこのようにロバチョーワのことばを伝えている。
スポンサーサイト
  1. 2017/02/14(火) 00:48:27|
  2. ロシア事情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016/08/26 マクシム・トランコフ「オリンピックでの褒賞品としてプレゼントされる高級車を、誰もが維持出来る訳ではない」

 http://www.sovsport.ru/news/text-item/923242
 
2016/08/26 マクシム・トランコフ「オリンピックの褒賞の高級車を誰もが維持出来る訳ではない」
 
2014年ソチオリンピックで二度、チャンピオンになったフィギュアスケーター、マクシム・トランコフは、競技の褒賞品としてプレゼントされる高級車を誰もが維持出来る訳ではないと語った。
(アルトゥール・ギチュンツェフ)
 
マクシム・トランコフのtwitterより:
「プレゼントされた車は、『贅沢に対する』税に該当するばかりでなく、維持費も安くはないから、収入から見て無理だ、と思わなかった人はいないだろう」。
 
「誰もが維持出来る訳じゃない! 皆は売りに出して、それからもっと慎ましい車を手に入れている! それが全てだ! ところで、僕もとりあえず売った!」。
 
以前、トランコフはBMW・X6を売りに出したことが伝えられた。同様に彼は、ソチオリンピックでの金メダルの褒賞品として、Mercedes-Benzを受け取った。
 
昨夜、リオデジャネイロオリンピックでメダルを獲得したロシア代表のアスリートたちにBMW車がプレゼントされた。
  1. 2016/08/29(月) 01:08:18|
  2. ロシア事情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016/07/28 ヴャチェスラフ・フェチーソフ「WADAは、ロシアアンチ・ドーピング委員会創設を支持している」

 http://rsport.ru/olympic_games/20160728/1003493770.html
 
2016/07/28 ヴャチェスラフ・フェチーソフ「WADAは、ロシアアンチ・ドーピング委員会創設を支持している」
 
モスクワ、7月28日、R-Sport、アナトーリー・サモフヴァーロフ。
世界アンチ・ドーピング機関(WADA)は、ロシアオリンピック委員会(ROC)直属アンチ・ドーピング審査委員会創設を支持している。R-Sportにこのように語ったのは、この委員会メンバーであり、WADAアスリート委員会元委員長、二度のオリンピックチャンピオン(訳注:アイスホッケー)のヴャチェスラフ・フェチーソフだ。
 
アンチ・ドーピング委員会の創設は、7月22日、ロシア連邦大統領ヴラジーミル・プーチンによって提起された。この機関の代表者は、国際オリンピック委員会(IOC)名誉会員のヴィターリー・スミルノフだ。
 
「WADAはこのような委員会創設を支持しているし、その構成メンバーに私が含まれることを支持している。彼らはやっと統一行動を取れる人が出来ると考えている」。フェチーソフはこのように電話で語った。
 
「推理小説のような話は、朝に出てきた。ヴィターリー・ゲオールギエヴィチ(・スミルノフ)が僕に電話を寄越してこう言うのだ:『君は委員会のメンバーに含まれたよ』。」。フェチーソフは、自分の委員会メンバー入りについて話した。
 
「私はこの件を良く理解している者の一人だし、この分野で働いてきた。当然ながら、この役目を断ることはしない。私はこのような状況下で役に立つ用意があるし、役に立つことが出来る。世界のスポーツ界においてロシアの尊敬を達成するために、自分の知識、人間関係、経験を利用する用意がある」。
 
委員会のメンバーが公表されるやいなや、「WADAの関係者たちから山のようなSMSメッセージをすぐに受け取った」と、フェチーソフは述べた。
  1. 2016/07/30(土) 00:28:00|
  2. ロシア事情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016/07/24 エヴゲーニー・プルシェンコ「反撃しなくてはならない、僕たちが強いことを国際陸連に見せる時だ」

 http://www.sports.ru/others/athletics/1042337089.html
 
2016/07/24 エヴゲーニー・プリューシェンコ「反撃しなくてはならない、僕たちが強いことを国際陸連に見せる時だ」
 
二度のオリンピックチャンピオン、エヴゲーニー・プリューシェンコは、2016年オリンピックからロシアの陸上選手を排除することについて意見を述べた。
 
「ロシアの陸上選手がいなかったなら、特にエレーナ・イシンバエワがいなかったなら、それは無意味だ。レーナは、若い人たちの気持ちを新たな到達へ駆り立てるような、新記録を樹立することが出来た。それはスポーツにとって、社会にとって大事なことだ! このようなアスリートのためには、国家レベルで戦わなければならない。
 
反撃しなければならないし、僕たちが強いことを国際陸連に見せる時だ。何故僕たちを足蹴にし、制裁するのか? 小さな半ズボンを穿いた子供時代ならそんなこともあるが、そこから僕たちは大人になった。自分たちの国のアスリートを守り通す可能性を持っていることを見せる時だ。ただのアスリートじゃない。全世界が応援し、国境が意味をなさなくなるようなリーダーたちだ。
 
僕たちは単にロシアのレーナを応援しているのではない。超人的な努力を乗り越え、自分の5回目のオリンピックでの新記録に向かっている、クリーンなドーピング検体を持っている、そういうアスリートを僕たちは応援しているのだ」。プリューシェンコはこう述べた。
 
文:アレクサンドル・チェルノーフ / 出典:TASS
  1. 2016/07/25(月) 23:49:37|
  2. ロシア事情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016/03/10 軍事薬物学専門家「メルドニウムは軍事目的で作られた」

http://360tv.ru/news/meldonij-byl-razrabotan-v-voennyh-celyah-ekspert-49649/

2016/03/10 軍事薬物学専門家「メルドニウムは軍事目的で作られた」

テレビチャンネル360に、匿名を条件として軍事薬物学・生理学分野のフリーの専門家が語ったところによると、2016年1月1日からドーピングとして公認された薬剤、メルドニウムは、アスリートの体内から約120日で排出されるという説は、詳細な臨床的検証を必要とする仮説にしか過ぎないだろうと言う。

「商品名ミルドロナート(メルドニウム)は、冷戦時代のソ連邦防衛産業の製品で、他の多くの薬品同様、適応性向上と滋養強壮作用を持つ。その製造の歴史は、スポーツとは何の関わりもなく、またモスクワでの1980年オリンピックとも全く関係ない。

一番のメルドニウムの役割は、戦闘行動のなかで軍人が陥る可能性がある極限状態(身体的、心理的な大きな負荷、酸素不足、高熱や低温等々)で人体が生き延びることだ。アフガニスタンでは、ロシアの軍人たちがこのような状況に陥った。同様の薬理学的庇護(保護)が必要になった他の例としては、原子力潜水艦『コムソモーレツ』の事故を挙げることが出来る」。

「メルドニウムは、人体中に蓄積されることはない。故にもし、12月31日にそれの使用を終了し、1月5日に効果があったと効能が書かれているとすれば、その場合は、薬剤製造者がメルドニウムに関して不正確な薬学的情報を与えていることになる。

最小限それは、使用説明書に反映されていなければならなかった。なぜなら、どのような薬剤であれ『不意の』蓄積の形成は、重たい副作用を生む可能性があるからだ。製造者によって申請された薬力学に基づけば、ミルドロナートの最高血中濃度は、1~2時間後に到達する。ミルドロナートは人体のなかで、腎臓によって排出される二つの基本的代謝物質の形成とともに変容し、血中濃度半減期は3~6時間だ。この場合、48時間後の薬剤血中残留濃度は、0.5%以下になる筈だ。まさにそれ故に、ミルドロナートは、12日から4~6週までの継続療養の形で処方される」。テレビチャンネル360の対談者は、このように語った。

また彼は、ミルドロナート(メルドニウム)は、スポーツの成績を上げる要因とはならないという認識への疑いを語った。

「メルドニウムは、まさに極限の環境における持久力と生存率向上のために製造されているので、当然ながら、持久力が、不可欠の身体的パラメーターであるようなスポーツ種目において、アスリートの成績の改善に資することが出来る。

臨床によって明らかになったメルドニウムのこのような作用のなかのもう一つは、向神経薬であり、それは習慣化を招く可能性があることだ。つまり、仮にもし長期間それを常用していたアスリートが、ある時この薬品の使用を休止したとすると、彼は心理的に、自分は十分な準備が出来ていないと感じるかもしれない」。チャンネル360への情報提供者はこのように語った。
  1. 2016/03/12(土) 02:42:17|
  2. ロシア事情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015/08/03 ロシアの学校体育プログラムにフィギュアスケート、陸上、ミニ卓球を取り入れることが可能となった

http://www.garant.ru/news/640992/

2015/08/03 ロシアの学校体育プログラムにフィギュアスケート、陸上とミニ卓球を取り入れることが可能となった

ロシア教育科学省専門家会議は、教育機関における体育教育システム改善に関して、フィギュアスケート(オリンピックチャンピオン、エヴゲーニー・プリューシェンコ作成のプログラム)、陸上、ミニ卓球等のスポーツ種目を基盤にした体育の新作成検定済みプログラムを審議した。これに関し省のオフィシャルサイトが伝えている。

提出されたプログラムは承認され、教育過程で使用するための方法的推奨として各地方に差し向けられた。今後これらのプログラムはインターネットでの一般アクセスが可能となる。

ロシア教育科学省によれば、体育の模範プログラム作成に際しては、各種ロシアスポーツ連盟の最良の経験を利用し、またその作業には著名なロシアのアスリートたちの参加協力を得たという。例えば、多くの学校で大きな人気を得て既に何年も経つプログラムは、ロシア新体操連盟会長イリーナ・ヴィーネル作成のプログラムだ。

体育の授業が現代の児童たちにとって最大限面白いものになるよう、教育プログラム選択のために出来る限り多くの選択肢が各学校に提供されているという。この際全てのプログラムは、定められた方式により各学校での検定を経て、省の専門家会議により承認を受ける。
  1. 2015/08/04(火) 02:02:17|
  2. ロシア事情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2014/08/11 栄養補助食品やスポーツ栄養が、ロシア政府が決定した禁止輸入品リストに含まれた

       http://www.sports.ru/others/athletics/1022778799.html

2014/08/11 栄養補助食品やスポーツ栄養が、禁止輸入品のリストに含まれた

スポーツ栄養や栄養補助食品が、EU、アメリカ、オーストラリア、カナダ、ノルウェーからの供給をロシアが禁止した輸入品リストに含まれた。

2013年、ロシアのスポーツ栄養市場は13億ルーブリ(訳注 —約36.79億円)を超えた。これは2012年の数字を70%上回っている。消費のなかの輸入品の占める割合は96%以上である。また輸入の90%以上が、アメリカ、ドイツとカナダからのものだ。

スポーツ栄養の最大の売り手の一つは、ローテンベルグ家の支配下にあるVitawin商会だ。特にこのVitawinこそが、コンチネンタルホッケーリーグ(KHL)のオフィシャルサプライヤーだ。ロマン・ローテンベルグ氏のことばによれば、政府の決定は、企業の事業計画に影響を与えはするが、打撃を与える程のものではない、と言う。

「今のところ、Vitawin商会には大量のストックがある。また、独自の自社製品は制裁には該当しない。何故か、って? それは企業機密だ。それに、状況から抜け出すもう一つの可能性がある。他の国の工場に生産を配置することだ。

買手は、第一番にブランドを信頼している。だから、もし、生産国であるヨーロッパの国が他の国に変わったとしても、何の問題もない。われわれは既に、このような方法でのオファーの配置について交渉を進めている」。
「ヴェードモスチ(新報)」紙は、このようにローテンベルグ氏のことばを伝えている。

文:アンドレイ・ソコローフ /出典:「ヴェードモスチ」
  1. 2014/08/11(月) 23:18:57|
  2. ロシア事情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2013/06/01 2014年のロシアの休日が決定

2013/06/01 http://kurier-media.ru/news/37029/ya/
(上記のロシア語サイトの記事より引用)
2014年のロシア国民の正月休みは8日間、
5月の休日は7日間に決定

2013年6月1日。ロシア連邦政府議長(首相)ドミートリー・メドヴェージェフ氏が署名した決定により、2014年1月のロシア国民の休日は8日間となった。

この署名文書に基づくと、来年の正月休みは、1月1日から8日まで。5月、6月、11月には四連休のウイークエンド、つまり5月1日〜4日、6月12〜15日、11月1日〜4日が休日となる。
ロシア連邦労働法典第112条第2項に基づき、労働者による休日、祝日の合理的利用の目的のために、上記の決定によって、2014年1月4日(土曜日)、5日(日曜日)の休日が新年の祝祭日と重なっているため、それぞれを、5月2日、6月13日に振替えられる。また2月23日(祖国防衛の日)は日曜日に当たるため24日に振替えられ、この日曜日の休日は、労働法典第112条第5項により、11月3日に振替えられることになった。

結局、2014年の冬休みは8日間(2014年1月1日〜8日)、2月の祭日は23日〜24日(祖国防衛の日)、3月の祭日は3月8日〜10日(国際婦人デー)、5月の休日は1日〜4日(春と勤労感謝の日)と9日〜11日(勝利の日)で7日間、6月は12日〜15日(ロシアの日)が休日、11月は1日〜4日(国民団結の日)が休日ということになった。
  1. 2013/06/01(土) 23:02:19|
  2. ロシア事情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0