あれこれ 2013年10月

あれこれ

2013/10/31 ケヴィン・レイノルズ、Cup of Chinaを欠場

      http://www.sports.ru/others/figure-skating/154006187.html

2013/10/31 レイノルズ、Cup of Chinaを欠場

カナダのフィギュアスケーター、ケヴィン・レイノルズは、11月1~3日に行われるグランプリ中国大会Cup of Chinaを欠場する。

欠場理由は、スケート靴の問題だと、自分のtwitterのHot Blades,Hot Passionで発表している。

北京での大会には、フランスのフローラン・アモーディオ、カザフスタンのデニス・テン、ロシアのマクシム・コフトゥンが出場する。

文:アントン・ピリャソフ /出典:TwitterのHot Blades,Hot Passion
スポンサーサイト
  1. 2013/10/31(木) 18:15:55|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2013/10/30 エヴゲーニー・プルシェンコ「僕はフィギュアスケートを少し大人のものにした」

http://www.sports.ru/others/figure-skating/153982792.html

2013/10/30 エヴゲーニー・プルシェンコ「僕はフィギュアスケートを少し変革した。少し大人のものにした」

フィギュアスケートオリンピックチャンピオン、エヴゲーニー・プリューシェンコは、ソチオリンピックでの自分のメダルの可能性について語った。

「僕は少しフィギュアスケートというものを変革した。それをより大人のものにした。以前はどうだったか? 何かで勝利を収めると引退していた。オリンピックチャンピオンのタラ・リピンスキーは、アマチュアの舞台から15歳で引退した。今は全てが違っている。僕はこれを気に入っている。ブライアン・ジュベールが良い例だ。彼は29歳だよ。彼はもっと以前に引退もできたけれど、まだ滑っている。なぜなら目の前に僕の例があるからだよ。

バンクーバーオリンピックのチャンピオン、ユナ・キムも引退しようとしたけれども、でもその後で『プリューシェンコのように』なりたいと決心した。彼女はまだ若い。ソチオリンピックは彼女にとってまだ2回目だ。僕はもう31歳だ。だって13歳の時にはもうジュニア世界選手権に参加していた。17年間もアマチュアのスポーツにいる!」 

—ソチにはエヴァン・ライサチェクが戻ってくると聞きました。
「少し前にエヴァンは、怪我のために国際大会出場を辞退した。でも彼はどこででも戻ってくるぞと叫んでいる。これをするのは難しいことだ。みんなができることではないよ。以前は多くの人たちが戻ってきたけれども、休んだ後では何も見せることはできなかった。もし、ショービジネスに行けば、たくさんの時間も金もできる。食事でも酒でも自分を制限することはない。その後で自分を戻し、再び馬のように練習するのはとても困難だ」。

—あなたの今のプログラムは、オリンピックの勝利に向けて磨かれていますか。
「それを話すのはまだ早いよ。まず、オリンピックに出る必要がある。グランプリに出場して、ロシア選手権で勝って、そうしたら考えよう。残念ながらこの前の世界選手権が不如意だったから、男子のオリンピック枠は一つだからね。オリンピックに選ばれたら、何回の四回転をすればよいか計算しよう。今のところは回復を急がせてはいないからね。安全運転でやっているよ。自分の身体を知っているから、限度以上の負荷をかけずに切り替わろうとしているのだ」。
「ボリショイ・スポーツ」のインタビューで、プリューシェンコはこのように語った。

文:アントン・ピリャソフ / 出典:ボリショイ・スポーツ
  1. 2013/10/31(木) 01:21:01|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2013/10/30 アレクセイ・ヤグディン「チャンがソチからメダルを持ち帰るとは限らない」

http://www.sports.ru/others/figure-skating/153981334.html

2013/10/30 アレクセイ・ヤグディン「チャンがソチからメダルを持ち帰るとは限らない」

フィギアスケートオリンピックチャンピオン、アレクセイ・ヤグージンは、ソチオリンピックでのパトリック・チャンのメダルの可能性について語った。

「各国選手権、世界選手権、グランプリシリーズというものと、オリンピックは全く別物だ。オリンピックで何が起きるかなど誰にも分からない。だから、パトリック・チャンがソチからメダルを持ち帰るとは限らない。オリンピックというものは予想できないものなのだ。ソチでは全ての選手に勝利のチャンスがあると思う。

ロシアの男子シングルでは、マクシム・コフトゥンに将来性がある。ただ今回のオリンピックには、彼はまだ若い。マクシムは才能豊かな選手だ。彼がどのように成長するか注目している」。
ITAR-TASSはこのようにヤグージンのことばを伝えている。

文:アントン・ピリャソフ / 出典:ITAR-TASS
  1. 2013/10/30(水) 23:05:48|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2013/10/29 ソチ海岸の浸蝕でオリンピック施設に歪みの可能性

http://www.sports.ru/sochi2014/153955912.html

2013/10/29 ソチ海岸の浸蝕でオリンピック施設に歪みの可能性

生態設計・調査研究所長ヴラジーミル・スロボジャーンは、ソチ海岸地帯の歪みについて語った。

「海岸地帯では、沖積土のバランスが崩れ、海岸浸蝕が見られる。その原因により、オリンピックに向けて建設された諸施設に歪みが生じている可能性がある。建設の際にその資材を沿岸部より調達したために、沖積土の不足が形成され、海岸の浸蝕が起こった。

オリンピックは冬期に計画されているので、ちょうど増水の時期で、降水量が最も多い日に重なる。浸水、洪水の潜在的可能性がある。これらの観点から、より一層の地質工学的モニタリングに注意を払っていく必要がある」。
このように、ITAR-TASSは、スロボジャーン氏のことばを伝えている。

文:アントン・ピリャソフ / 出典:ITAR-TASS
  1. 2013/10/30(水) 17:39:47|
  2. ソチオリンピック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2013/10/29 スミルノフは11月6日にドイツから帰国する

http://www.sports.ru/others/figure-skating/153963995.html

2013/10/29 スミルノフは11月6日にドイツから帰国する

コーチのタマーラ・モスクヴィナは、フィギュアスケーター、アレクサンドル・スミルノフが来週、ドイツからロシアに帰国すると発表した。

「スミルノフは11月6日、サンクトペテルブルクに戻る。彼は帰国しても医師の監督下にあり、今後はわれわれが、治療計画にしたがって実践する」。
ITAR-TASSは、このようにモスクヴィナのことばを伝えている。

スミルノフはパーニン・メモリアル競技会で、重い怪我を負った。

文:アレクサンドル・チェルノーフ / 出典:ITAR-TASS
  1. 2013/10/30(水) 14:36:17|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2013/10/29 デニス・テン、怪我を押してCup of Chinaに出場

       http://www.sports.ru/others/figure-skating/153951777.html

2013/10/29 テン、怪我を押してCup of Chinaに出場

フィギュアスケート2013年世界選手権銀メダリスト、デニス・テンは、グランプリ中国大会、Cup of Chinaに出場する。

「デニスはまだ背中に痛みがある。しかし、それにもかかわらず、彼は北京での大会に出場することを決めた」。
このように、Vesti Kzはデニス・テンのコーチであるユーリー・グシコーフのことばを伝えている。

テンは両方のくるぶしを痛め、背中にも問題があったためにSkate Americaを欠場した。

文:アントン・ピリャソフ / 出典:Vesti Kz
  1. 2013/10/29(火) 20:04:04|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2013/10/28 イリヤ・アヴェルブーフ「もうすぐロシアはフィギュア女子シングルで皆をもみくちゃにする」

       http://www.sports.ru/others/figure-skating/153944816.html

2013/10/28 イリヤ・アヴェルブーフ「もうすぐロシアはフィギュア女子シングルで皆をもみくちゃにする」

オリンピック銀メダリスト、イリヤ・アヴェルブーフは、ロシアのフィギュアスケーター、エレーナ・ラジオーノワとエリザヴェータ・トゥクタムイシェワのソチオリンピックへのチャンスについて語った。

「残念ながらラジオーノワはオリンピックに行けるチャンスはありません。彼女はまだ年齢が足りません。とても強いですが年齢でいけませんね。トゥクタムイシェワに勝ったばかりですが。

—このような年齢資格をどう思われますか。
「多分、これは正しいことです。いずれにしろ女子は女子と戦わなければならない。アップダウンや怪我を経験しながら成熟した選手にとってのオリンピック勝利の価値は、単に素晴らしい体調にある13歳の少女のそれよりもはるかに高い」。

—トゥクタムイシェワのチャンスについては、何がいえますか。
「彼女はとても才能のある選手です。しかし、今、少女から女性に変化していく時期にあります。彼女には体重と、体調不良の問題がある。と同時にジャンプの見事な技術を持っている。もし彼女が困難を克服すれば、われわれの代表チームは強いものになります。トゥクタムイシェワ、ソートニコワ、それにリプニーツカヤです。それにラジオーノワが成長しています。もうすぐ、われわれは、フィギュアスケート女子シングルの世界で皆をもみくちゃにするでしょう」。
Championat.comのインタビューに、アヴェルブーフはこのように語った。

文:マリーヤ・アレクサンドロワ / 出典:Championat.com
  1. 2013/10/29(火) 19:42:33|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2013/10/27 ユリヤ・リプニツカヤ「トゥトベリーゼは新しいスピンにショックを受けた」

        http://www.sports.ru/others/figure-skating/153908463.html

2013/10/27 ユリヤ・リプニツカヤ「トゥトベリーゼは新しいスピンにショックを受けた」

ロシアのフィギュアスケーター、ユーリヤ・リプニーツカヤは、今シーズンのエキシビションナンバーについて語った。

「カナダでのエキシビションでは「キル・ビル」をやります。ガラで新しいスピンを見せる価値があると計画していますが、それが出来るのかどうか、まだわかりません。それらは何かユニークというものではなく、ただ練習のなかでいつも実験しているものなのです。エキシビションのなかでその一組をやってみるのです」。

—それはあなたの現実離れした足を垂直に伸ばすスピンの変形のようなもの?
「いえ、違うものです。一つは単にI字スピンから入るもの。でも、もし私がこの形のためにI字スピンへ立ち上がることができなかったら、それをやることはできません。でもここでの練習で私は既にそれを試しました。審査員たちがそれを見て拍手してくれた程です。

—それでは、プログラムの中に新しいスピンを入れるのですか。
「私たちは100パーセント、アラビアンバタフライを難しくします。Skate Canadaへ出発する文字通り数日前に、このアラビアンの新しい形をマスターしたのです。練習のなかでそれを素晴らしくできたのです。エテリ・ゲオルギーエヴナは、ショックを受けていました。

でもここに来て、この形がなぜだかさっぱりうまくいきません。それでリスクを避けることに決め、プログラムには入れないことにしました。得るよりも失うものの方が大きいだろうと。でもアラビアンを難しくするのは確かなのです」。
Team Russia-2014は、リプニーツカヤのことばをこのように伝えている。

文:アンドレイ・ソコローフ / 出典:Team Russia-2014
  1. 2013/10/29(火) 10:16:23|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2013/10/27 パトリック・チャン「ホームの大会で氷に出る前は不安だった」

http://www.sports.ru/others/figure-skating/153905797.html

2013/10/27 パトリック・チャン「ホームの大会で氷に出る前は不安だった」

三度の世界チャンピオン、パトリック・チャンは、グランプリ第2戦カナダ大会での勝利の感想を語った。

「僕は不安でした。自分のなかに嫌な気持ちや考えが現れ始めました。これらは、昨シーズン僕の妨げになったものです。氷に出る前には、自分の手を捕まえるのさえ難しく、ポジティブな気分でそこに留まっているのが難しかった程です。僕は飛び出していって最初の四回転を跳びたかった。その後のことなど考えたくなかった。

一年前にも、僕には身体的な準備の問題など無かったと思うのです。全ての問題は、精神的なものでした。これが昨シーズン、僕を停滞させた唯一の要素だと思うのです。

僕は氷上でアグレッシブになって演技に限界まで集中しようとすると、あまりにも深刻になって、ストレスになります。僕はいろいろと考える始め、小さなものごとにこだわるようになるのです」。
The Canadian Pressは、このようにチャンのことばを伝えている。

文:アンドレイ・ソコローフ / 出典:The Canadian Press
  1. 2013/10/28(月) 01:27:41|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2013/10/27 エヴゲーニー・プルシェンコ「僕にとっては、現在、羽生がナンバーワンだ」

http://www.sports.ru/others/figure-skating/153908144.html

2013/10/27 エヴゲーニー・プルシェンコ「僕にとっては、現在羽生がフィギュアスケーターのナンバーワンだ」

オリンピックチャンピオン、エヴゲーニー・プリューシェンコは、グランプリカナダ大会で2位になった日本人フィギュアスケーター羽生結弦について、自分の考えを述べた。

「羽生はとても上品で、優雅で、それと同時に結弦は、痩せていて、信じられない速さがあるのだ。彼は素晴らしいフィギュアスケーターだ。僕にとっては、現在、結弦がナンバーワンだ。かれには素晴らしいスピンがあるし、とても良い振り付けがある。それに、彼のカリスマ性は取り去ることはできないよ。

僕は彼がとても気に入っている。だけど、今のところ彼はまだとても若いのだ。だから、彼に足りないものは、二三年のうちに獲得する筈だ。彼にはスケーティングが必要だ。結弦は、フィギュアスケートの未来だ」。
「ユーロスポーツ」の放送で、プリューシェンコはこう語った。

文:アンドレイ・ソコローフ / 出典:「ユーロスポーツ」の放送
  1. 2013/10/27(日) 22:28:21|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ