富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ あれこれ 2014年12月

あれこれ

2014/12/30 セルゲイ・ヴォロノフ「ラジオノワのラフマニノフのプログラムは、僕のお手本」

http://www.sports.ru/others/figure-skating/1026060677.html

2014/12/30 セルゲイ・ヴォーロノフ「ラジオーノワのラフマニノフのプログラムは、僕のお手本」

ソチで行われたロシア選手権で二位になったロシアのフィギュアスケーター、セルゲイ・ヴォーロノフは、コーチのエテリ・トゥトベリーゼとの仕事について、また新年の予定について語った。

—あなたにとって二位は、敗北ですか、それとも成功ですか?

「もし、ロシア選手権が(ヨーロッパ選手権への)選抜であることを考えれば、それは悪くないが、しかし、僕は何らかの成功だとは呼べない。僕はただ良い滑りをして、0.09ポイント差で負けた。僕はコメントしたくない。僕には、ジャッジたちへの異議申し立てはあり得ないのだ」。

—トゥトベリーゼとの仕事と、モローゾフグループでのトレーニングとの基本的な違いは何でしょう?

「多分、エーテリとモローゾフを較べるのは、正しくないだろう。何よりもまず、僕の問題だと思う。多分、年齢によって、僕のなかの何かが変わったのだろう。しかし、もし、別の見方をするとすれば、エーテリは、僕がその人の隣にいることが運命づけられた、まさに僕のそういう人だ」。

—他の種目では誰を応援していますか?

「表彰台に上ることが出来た全ての選手たちのために、僕は喜びたい。もし、誰かを選ぶとすれば、ラジオーノワについて特別に言いたい。彼女は、シーズンを通して、現実離れした素晴らしい滑りを披露していた。彼女のラフマニノフのプログラムは、僕に取ってのお手本だ。

僕たちのユーリャが力を出し切れなかったのは、とても残念だ。でも僕は、彼女の全てはこれからだと信じている」。

—新年はどこで祝うのですか?

「家で家族と一緒に。新年の休暇は好きだ。僕たちは誰でも心の中では子供のままで、何らかの奇跡を待っているのだ」。
Sports.ru特派員アリーナ・ロモノーソワのインタビューで、ヴォーロノフはこのように語った。

文:アンドレイ・ソコローフ / 出典:Sports.ru
スポンサーサイト
  1. 2014/12/31(水) 01:43:01|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2014/12/29 アデリーナ・ソトニコワ「リピンスキーのようにしてスポーツから去りたくない」

     http://www.sports.ru/others/figure-skating/1026044356.html

2014/12/29 アデリーナ・ソートニコワ「リピンスキーがやったようにしてスポーツから去りたくない」

オリンピックチャンピオン、アデリーナ・ソートニコワは、2014年ソチオリンピックで勝利した後も、何故、競技へのモチベーションを失わなかったのかを語った。

—オリンピックで勝利した後、滑りを続ける決断をする前に、あなたは例え少しであっても迷ったでしょうね。

「最初にわたしは、全てのものからただ休みたかった。一ヶ月間何もしなかった。リンクへも行かなかったし、氷も見なかった。でもこの時に、シーズンを休むという考えも無かった。それに、まる一ヶ月何もしないのは、これは悪い考えだと、すぐに理解した。特に、もし、『全て込み』のような待遇でどこかの保養地で休むとしたら。その後、働ける状態に自分を取り戻すのに、とても長い事苦しまなければならない」。

—でも、何のためにあなたは滑り続ける必要があるでしょう? 重要なタイトルを取ったのですから、あとは学業に入ることも出来るし、全く違う人生を始めることも出来ます。

「どう答えたら良いのか、分からないわ。フィギュアスケートは、全てのわたしの生活だったし、これからもそうだろう、そこから離れるのは難しい、ということとも違う。わたしはいつもとても知りたかった:オリンピックの勝利とは一体何なのか、それは、とても若いフィギュアスケーターに、スポーツから去ることを強いるものなのか? だってわたしは、勝利した時に、自分は去りたくないのだとはっきり分かっている。

それに少なくとも、タラ・リピンスキーがしたようには、去りたくない。彼女のことを理解は出来るけれども。何百万人の人たちが自分を単に見ているだけじゃなく、自分の一つ一つの行動やスポーツのコンディション、外見、結果について皆が議論するような状況のなかで、滑り続けて演技することは、それは責任のとても大きな重荷だから」。

—あなたは負け始めるのを恐れていますか?

「いいえ。それどころか、全ての競技会でことごとく勝つことは不可能だと、明確に理解している。これはどんな他のオリンピックチャンピオンだって出来ないこと。全ての選手たちには、上昇もあれば下降もある — これは当たり前のことだわ。重要なのは、隣に、信じて、応援してくれる人がいるということ。これは本当に大事なことよ。それ以外のことなんて、ささいなことだわ」。
Sport-Expressのインタビューで、ソートニコワはこのように語った。

文:アントン・ピリャソフ / 出典:Sport-Express
  1. 2014/12/30(火) 01:48:46|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2014/12/29 マクシム・コフトゥン「成功しなかったグランプリの後のロシア選手権で雪辱しなければならなかった」

http://www.sports.ru/others/figure-skating/1026045020.html

2014/12/29 マクシム・コフトゥン「成功しなかったグランプリの後のロシア選手権で雪辱しなければならなかった」

ロシアのフィギュアスケーター、マクシム・コフトゥンは、ソチで行われたロシア選手権での自分の演技についてコメントした。

—あなたは、ロシア選手権で狙っていた全ての目標をやり遂げたのですか?

「いいえ。目標は、全てのエレメンツをクリーンに滑り切ることだった。ショートプログラムでは全てが出来たけれど、フリーでは、サルコウが成功しなかった。だから、自分の演技に完全には満足していない」。

—あなたは、世界の舞台で自分を価値ある者として見せられた時だけ幸せを感じるだろう、と前に話しました。そのためには、何位になることが必要なのですか?

「僕は順位については話したくない。僕が話したのは、世界選手権で成功した演技をしないうちは、完全には満足しないだろう、ということだった。しかし、ロシア選手権、それは重要な大会だし、僕のライバルたちは強い。成功しなかったグランプリの後のここで雪辱をしなければならなかった。そうすれば、後で起こる全てが、こんなにも厳しい選抜にならなかっただろう」。

—あなたは、セルゲイ・ヴォーロノフと随分親しげに話していますね。彼はあなたの重要なライバルだけれど。

「言えることは、僕たち代表チームの皆は、とても親しく話すし、お互いに励まし合ったり、氷の外で会ったりする。様々な競技会で、様々な選手たちが出場するけれど、僕たちは皆、一つのチームだ」。
コフトゥンは、インタビューでSports.ru特派員アリーナ・ロモノーソワにこのように語った。

文:アントン・ピリャソフ / 出典:Sports.ru
  1. 2014/12/29(月) 23:35:35|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2014/12/26 マクシム・コフトゥン「スピンの練習をもっとしなければならない」

http://www.sports.ru/others/figure-skating/1025995038.html

2014/12/26 マクシム・コフトゥン「スピンの練習をもっとしなければならない」

ロシアのフィギュアスケーター、マクシム・コフトゥンは、優勝したにもかかわらず、ソチのロシア選手権での演技に、とても喜んでいる訳ではない、と語った。

「スピンに多くの注意を払うと僕は言ったばかりなのに、今日また、最後のスピンがひどいことになった。もっと多くこれを練習しなければならない — 身体のコントロールがあまり出来なくなっているような時でも、このような乱れがないように、疲れているなかでこのエレメントをやることだ。今、ロシア選手権で勝ったことは理解しているが、やはり、自分に不服だ。

また、四回転サルコウに失敗した。グランプリファイナルと全く同じ様になった。速度が足りないかなと少し恐れて、それで必要以上に軌道が遠くへ離れ、円の外に出てしまった。ジャンプの前に、もう、それをクリーンにやるのは不可能だと分かった」。
R-Sportはこのようにコフトゥンのことばを伝えている。

文:アンドレイ・ソコローフ / 出典:R-Sport
  1. 2014/12/29(月) 14:26:03|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2014/12/28 エリザヴェータ・トゥクタムイシェワ「今のところ、今シーズンはトウループ-トウループのコンボを変えたくない」

     http://www.sports.ru/others/figure-skating/1026031966.html

2014/12/28 エリザヴェータ・トゥクタムイシェワ「今のところ、今シーズンはトウループ-トウループのコンボを変えたくない」

ロシアのフィギュアスケーター、エリザヴェータ・トゥクタムイシェワは、ヨーロッパ選手権の前のプログラム変更の可能性について語った。

—あなたは既にヨーロッパ選手権に選抜され、代表チームに入りました。この大会前にプログラムの変更は何かありますか?

「プログラムの変更に関しては、私の考えでは、何も変えるつもりはありません。今のままで全てを残します。何故なら、私にとって、これが最高の形だからです。もし私がそれを演じ切れば、良い、あるいは非常に良い結果が、ほぼ保証されているのです。

しかし、もしコーチがあえて何らかの変更を加えようと決めるのなら、彼らに質問するのが適切です。私ではなく。アレクセイ・ミーシンに何らかの考えがあったのだろうと思います。彼はいつも革新的な思考で、私を驚かせるのです」。

—あなたは、二つのトリプルジャンプからなるコンボを難しくするおつもりはないのですか。トウループ-トウループの代わりに、ルッツ-トウループにすることを?
「いいえ。私は今のところ今シーズン、トウループ-トウループを変えたくありません。もしかしたら、コンボのいずれかを、あるいはショートプログラムのジャンプを後半に移すかもしれません。このことで、プログラムを2点分難しくして、プログラムをより効果的にします。

一方フリープログラムは、ルッツ-トウループ、アクセル-トウループのコンボをやっている女子選手たちが得ている得点と、基本的に相当しています。もし比較するとすれば、ほぼ同じ得点なのです」。
ロシアフィギュアスケート連盟オフィシャルサイトは、このようにトゥクタムイシェワのことばを伝えている。

文:アレクサンドル・チェルノーフ / 出典:ロシアフィギュアスケート連盟
  1. 2014/12/29(月) 03:28:58|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2014/12/28 エテリ・トゥトベリーゼ「ピトケーエフの四回転ジャンプの練習は、余儀なくされたもの」

http://www.sports.ru/others/figure-skating/1026029903.html

2014/12/28 エテリ・トゥトベリーゼ「ピトケーエフの四回転ジャンプの練習は余儀なくされたもの」

コーチのエテリ・トゥトベリ—ゼは、ロシアのフィギュアスケーター、アジヤン・ピトケーエフの四回転ジャンプの練習について語った。

「ヨーロッパ選手権に出場するために戦うという大それた夢は、既に去年からありました。アジヤンをシニアに出場させるというのは、連盟の決定でした — 彼はジュニアでは、既に全ての大きな大会のメダルを獲得しましたから。しかし、それには、当時はまだ持っていなかった四回転を跳ばなければなりません。

そのシーズン中は、私たちは四回転の練習さえしていませんでした。責任ある諸大会の前に彼に怪我をさせないためです。ですから、四回転の練習は、余儀なくされたものでしたし、それに関連して神経質にもなっていました。

四回転ジャンプ、それは少し次元が違うものですし、全く違う心理、アドレナリンなのです。だって、問題は単に四回転を跳ぶということのみならず、プログラム全体をまとめなければならないということでもあるのです」。
R-Sportは、トゥトベリーゼのことばをこのように伝えている。

文:アレクサンドル・チェルノーフ / 出典:R-Sport
  1. 2014/12/29(月) 02:10:57|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2014/12/28 2014世界選手権銀メダリスト町田が引退した

http://www.sports.ru/others/figure-skating/1026028863.html

2014/12/28  2014世界選手権銀メダリスト町田が引退した

日本のフィギュアスケーター町田樹は、現役を引退する決断をした。

24歳のアスリートは、大学での学業に集中するために、競技スポーツから去ると表明した。
このようにOlympic Talkは伝えている。

12月27日に終わった日本選手権男子シングルで、町田は四位だった。彼は、世界選手権現銀メダリストである。

文:アントン・ピリャソフ / 出典:Olympic Talk
  1. 2014/12/28(日) 23:16:50|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2014/12/27 エレーナ・イリイヌィフ「ロシア選手権で滑り終わった後、疲れから号泣した」

      http://rsport.ru/figure_skating/20141226/796757793.html

2014/12/27 エレーナ・イリイヌィフ「ロシア選手権で滑り終わった後、疲れから号泣した」

ソチ、12月26日、R-Sport、マリーヤ・ヴォロビヨーワ
ルスラン・ジガンシンとペアで滑っているロシアのフィギュアスケーター、エレーナ・イリイヌィフは、ロシア選手権でフリーダンスを滑った後、蓄積した疲労から号泣した、と語った。

金曜日(26日)、ソチで、イリイヌィフとジガンシンは、二つのダンスの合計で171.41ポイントを挙げ、ロシアチャンピオンになった。

「滑りの後、疲れて私はひどく号泣しました。本当に蓄積していたのです」。記者たちにイリイヌィフは語った。「私たちは、自分たちのパフォーマンスと、疲れや責任の重さを克服したことに満足しています。だって、私は、ロシア選手権で勝ったことが一度もないのですから。ショートダンスの後、この可能性が出て来ました。フリーダンスでは、後で自分を責めないように全てを見せたいと強く願っていました」。
  1. 2014/12/27(土) 23:17:44|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2014/12/27 セルゲイ・ヴォロノフ「自分自身に勝つ力を自分のなかに感じる」

     http://rsport.ru/figure_skating/20141226/796728872.html

2014/12/27 セルゲイ・ヴォーロノフ「自分自身に勝つ力を自分のなかに感じる」

ソチ、12月26日、R-Sport、アンドレイ・シモネンコ
金曜日(26日)、ロシア選手権で銀メダリストとなったセルゲイ・ヴォーロノフ(2014年フィギュアスケートヨーロッパ選手権銀メダリスト)は、準備が出来ているし、いかなる大会でも戦えるポテンシャル、ライバルたちや自分自身に勝つポテンシャルを自分のなかに感じていると語った。

ヴォーロノフは、ソチで行われているロシア選手権フリープログラムで、一位になり、二つのプログラムの総計で、マクシム・コフトゥンだけに負けたが、その差は0.99ポイントだった。

「僕は長年高いレベルで試合をしているが、最終グループ、最強六人のオーラ、それはことばでは伝えられない。この感じは、毎回、良きにつけ悪きにつけ心に広がる。一方で、このような選手たちと競技するのは、自分の名誉だ。他方で、常に思う:またやりたくない、また何が自分に待っているのか分からないのだ、と。いつか、このスポーツは多分、自分を打ち砕くだろうが、今は、このプロセスにいて、自分自身に勝つことが出来ることを、幸せに感じている。

彼は、フリープログラムを滑るのが難しかった、と語った。「滑るのがとても難しかった。全てが理想的に出来た訳ではなかったが、非常に難しい状況から、立派に、男らしく出て行けたことが嬉しい。僕は二つの四回転に挑み、二つ目にはミスがあった。しかし、それに挑んだこと、回ったこと、転倒しなかったことを満足している。自分の『お気に入り』のルッツに二試合連続で向かって行き、やったこと、僕にとってこれは到達だ。その後は、精神-意志で行った。自分自身を励まそうとした」。ヴォーロノフはこのように語った。
  1. 2014/12/27(土) 23:12:48|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2014/12/25 エレーナ・イリイヌィフ「ジガンシンはもっと多くのことが出来る、でもまだ遠慮している」

    http://www.sports.ru/others/figure-skating/1025973542.html

2014/12/25 エレーナ・イリイヌィフ「ジガンシンはもっと多くのことが出来る、でもまだ遠慮している」

アイスダンスでルスラン・ジガンシンとペアで滑っている、ロシアのフィギュアスケーター、エレーナ・イリイヌィフは、ロシア選手権ショートダンス(一位)の後、自分たちには進歩の余地があると語った。

「私たちは新しいペアで、成長しなければならないところがあります。ウルトラCも含めて新しいエレメンツをまだ沢山考え出すことが出来ますが、私たちには全部で三ヶ月しかなく、その後すぐに大会でした。ですから、ただ時間が無かったのです。

もし、もっと時間が出来れば、私たちにはまだ成長するのです、世界レベルで! 向上して、何かを改善して、本物の美しさを創造するのです。

「ルスランは、ダークホースです。彼はまだとても多くのことが出来るのですが、まだ遠慮があるのです」。
「ソヴェツキー・スポルト」は、このようにイリイヌィフとことばを伝えている。


「私たちは今日、感情が全くありませんでした。多分、これは私たちがとても疲れていたからです。本当に沢山のトレーニングがありましたし、それに加えて大会が立て続けにありました。グランプリファイナルの後は、私たちには準備に文字通り一週間しかありませんでした。それでもトレーニングは、一杯に詰め込まれたもので、あたかも初めから諸大会の準備が始まるかのようでした。つまり、疲労が蓄積していました。それで私たちはソチにやって来た時、ため息を付きました。やっと大会になった、と」。
R-Sportは、このようにイリイヌィフのことばを伝えている。

文:アレクサンドル・チェルノーフ / 出典:ソヴェツキー・スポルト
  1. 2014/12/26(金) 22:12:30|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
    </