富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ あれこれ 2015年07月

あれこれ

2015/07/30 デニス・テン「心情的には2022年アルマトイオリンピックにとても出場したい」

http://www.sports.ru/others/figure-skating/1031749186.html

2015/07/30 デニス・テン「心情的には2022年アルマトイオリンピックにとても出場したい」

カザフスタンのフィギュアスケーター、デニス・テンは、2022年冬季オリンピックアルマトイ招致委員会アスリートアンバサダーとして、クアラルンプールでの国際オリンピック委員会(IOC)総会での記者会見でスピーチを行った。

「われわれのアイディアとコンセプトは非常に簡明だ — オリンピックのために街を変えるようなことはしないということだ。われわれはありのままでいたい、隠すものは何もない。もしわれわれの夢が実現すれば、世界中がアルマトイオリンピックの美しさと便利さを見ることが出来るだろう。

心情的にはまさにこのアルマトイでの2022年オリンピックにとても出場したい。行くへを見守りたい。それがどうなろうと、私はカザフスタンの他のアスリートたちの役に立ちたいと思う。オリンピックがどこで開催されようとも、私の心は常にオリンピックとともにある」。テンはこのように語った。

文:アントン・ピリャソフ / 出典:Yonhap
スポンサーサイト
  1. 2015/07/31(金) 05:54:38|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015/07/30 ISU会長「エヴゲーニー・プルシェンコは、現役を続けることでフィギュアスケートを助けている」

http://tass.ru/sport/2153305

2015/07/30 ISU会長「エヴゲーニー・プリューシェンコは、現役を続けることでフィギュアスケートを助けている」

クアラルンプール、7月30日、TASS特別特派員アルチョム・クズネッツォーフ。
二度のオリンピックチャンピオン、エヴゲーニー・プリューシェンコが現役を続行するとした決断は、フィギュアスケートに良い影響を与えている、なぜなら他のアスリートたちに引退を急がないという手本になっているからだ。国際スケート連盟(ISU)会長オッタビオ・チンクアンタは、TASSにこのように表明した。

四月末ロシアフィギュアスケート連盟は、32歳のプリューシェンコを次シーズンのロシア代表チームメンバーに含めた。

ボリショイ劇場バレエ芸術監督、ロシア国民芸術家セルゲイ・フィーリンは、2015/16年シーズンに向けた競技用プログラムの作成で、二度のオリンピックチャンピオンを助けることになっている。

「もしプリューシェンコが、年齢は彼が滑り続ける妨げにはならないというパフォーマンスをするとすれば、それはフィギュアスケート全体にとって良い手本となる。なぜならそれは、フィギュアスケーターにしばしば見られるように22—23歳で現役を引退することは、必ずしも必要ではないということを意味しているからだ。だから現役のプリューシェンコを見ることは、見ないよりも良いのだ」。チンクアンタはこう語った。
  1. 2015/07/30(木) 23:59:25|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015/07/29 エヴゲーニヤ・メドヴェージェワ「フリープログラムで手話を使う」

http://www.sports.ru/others/figure-skating/1031729587.html

2015/07/29 エヴゲーニヤ・メドヴェージェワ「フリープログラムで手話を使う」

ロシアのフィギュアスケーター、エヴゲーニヤ・メドヴェージェワは、新プログラムについて語った。

「ショートプログラムは、休暇前にアレクサンドル・ジューリンが作ってくれました。昨シーズン、私たちは既に協働し、その結果が二つとも記憶に残る、成功したプログラムだったのです。

アレクサンドル・ヴャチェスラヴォーヴィチと働くのはとても楽しいです。私の新しい面を引き出してくれます。今回は映画『白夜の調べ』の音楽を選択しました。コーチのエテリ・トゥトベリーゼが長いこと使いたがっていた曲です。この映画は、ソヴィエトの作曲家、指揮者と日本のピアニストとの愛の物語です。私は叙情的なイメージで登場しますが、気分良く演じています。

フリープログラムはイリヤ・アヴェルブーフが作りました。最初の部分は現代ポーランドの作曲家アベル・コルジェニョーフスキーのDance for me wallisが響き、二番目にフランスの独学のミュージシャン、ルネ・オーブリーのAllegro、三番目はコルジェニョーフスキーのCharms です。作品は変わったものになりました。

私たちのテーマは、お互いに耳を傾けること、全世界に理解出来ることば — 手話 — で命への愛を語ることがどれほど大事なことか、ということです。自分の内面世界を語り合うこと、心を開くこと、自分の暖かさを贈ることがどれ程大事なことかを観客まで伝えようと挑戦しました。

私のプログラムは、夢の飛翔、空想の飛翔です。私が間違っていなかったら、これまでフィギュアスケートで手話を使った人は誰もいません。私たちがやったことをとても気に入っています。この作品がとても好きになりました」。メドヴェージェワはこのように語った。

文:ユレナ  / 出典:TEAM RUSSIA-2014
  1. 2015/07/30(木) 03:00:42|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015/07/28 エリザヴェータ・トゥクタムイシェワ「アクセルを3回跳ぶことを夢見ている」

http://www.sovsport.ru/gazeta/article-item/827259

2015/07/28 エリザヴェータ・トゥクタムイシェワ「アクセルを3回跳ぶことを夢見ている」

— あなたは本当に一度だけでなく、フリープログラムで二度のトリプルアクセルを、さらにはショートでも一回跳ぼうとしているのですか?

「そのような夢はあります。現実には、当面はそれを実現するのはどうしても難しいでしょう。今後様子を見ましょう。今、私のトリプルアクセルはまだ最後まで回復していなくてコンディションを整えているところだ、という簡単な理由で、それを語るには時期尚早なのです。でも、フリープログラムで二度のトリプルアクセルを跳ぶという願いと計画はあります。そうなったら非常に強力です。前進し、成長し、磨きをかけていかなければなりません。もし、私が二度のトリプルアクセルをして、それでも最後までプログラムを最後まで滑り切る力が残っていたとしたなら、それは大きな前進となるでしょう!」。

—リーザ、あなたは(ランビエールがあなたをよりしなやかにしたと言うなら)柔軟な素材ですか? 数日前にミーシンが、エヴゲーニー・プリューシェンコについて、岩のような彼の『私』に当たって、ビッグネームの演出家たちの多くが粉砕されたという意味の発言をしています。

「私たちのそれぞれには自分のスタイルがあります。振付師たちは、その人がどのような個性を持っているのか、その人の何をもっと引き出すことが出来るのかを見極めなくてはなりません。私は自分が何か硬い素材だとは言えません。ただ、それぞれの振付師から何かを学ぼう、自分のために何かを得ようとしているだけです。今のところ、何れにせよ、振付師たちは私への不満を訴えることは無かったです。私も彼らに不満を言ったことはありません(笑)。どんな人でも面白いです。それぞれの振付師は、何かを与えてくれますし、成長を助けてくれます」。

—ところで、浅田真央がトリプルアクセルをひっさげて帰ってきますが。

「私は今までそのことを全く考えていませんでした。あなたが質問するまで。確かに真央もトリプルアクセルを跳ぶことは周知のことです。しかし、トリプルアクセルの無い選手たちが勝つことが出来ます。なぜなら、重要なことは安定性なのです。第一、私はこれからのことを予想するのが好きではなくて、今日を生きることが、流れに沿って泳ぐことが好きなのです。何によってもパニックに陥りたくありません。まだ何も起こっていないのです。考え、そのことでパニックになるなんて、全く馬鹿げたこと。そもそも私は、全てのライバルのことはなぜか忘れていて、合宿でただ滑っていたのです — 心から、自分のために」。

—フィギュアスケート以外に、あなたの生活のなかで何か起きましたか?

「何も。何も起きていません。それに私はそのようなことを何も欲していません。自分の願いの全て、自分のエネルギーの全てをフィギュアスケートに注ぎ込んでいます。私はそれに完全に打ち込んでいます。出来ることの全てをやったと理解した時に初めて、何か他のことがやって来るかもしれません」。

出典:ソヴェツキー・スポルト
  1. 2015/07/30(木) 01:13:54|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015/07/28 エリザヴェータ・トゥクタムイシェワ「ランビエールは私をよりしなやかにしたと思う」

http://www.sovsport.ru/gazeta/article-item/827259

2015/07/28 エリザヴェータ・トゥクタムイシェワ「アクセルを3回跳ぶことを夢見ている」

—現在あなたは新プログラム作りを進めていて、それらにはあなたも鳥肌が立つ程感動しているというのは本当?

「はい、まさにこの曲を選んで本当に嬉しいです。二つの新プログラムともめちゃくちゃ気に入っています。もしこれらを、自分が出来る全ての力で、昨シーズン滑ったように滑れたなら、これらは非常に強力なプログラムになるでしょう。また非常に強い感情を呼び起こせるものとなるでしょう」。

—全く新しいイメージのトゥクタムイシェワが約束されているのですか?

「分かりません。それは私が決めることではなく、観客が決めることです。確かに、多分私は少し違って、よりシリアスになったかもしれません。ここ、トルコの合宿での滑りで、既に多くの良い反響を得ることが出来ています。観客や、振付師たちや、他のスケーターたちからそれを聞いてとても嬉しかったです。特に、私たちがプログラムに取り組んでまだ数週間で、ショートはまだ一週間だということを考慮すればなおさらです。もう皆が気に入ってくれました。それは貴重なものに感じられます。私にとってそれは何かが出来ていることを意味しています。

ショートプログラムのアイディアは、私自身が提案しました。詳細はまだ話しませんが、ただ言えることは、私のコーチのアレクセイ・ニコラエヴィチ・ミーシンがこの曲を案の一つと考えていたのを、まさにこの曲を選択するよう私がイニシアチブを取ったということです。もともとはこの曲はどちらかというと男性的な音楽ですが、私たちはより女性的な解釈を選びました。つまり私に似合っています。この音楽には驚くほどのパワーがあり、私はただ熱中するのです・・・」。

—アメリカのマスタークラスへの旅に加えて、あなたはランビエールとの協働の場を持ちました。でもこれはあなたと彼の初めての協働ではなかったのですね?

「はい、二回目です。でも二回目は一回目とは違いました。当時私は、13歳か14歳で、いいえ、確か13歳で、私はまるっきり子供だった。でも今は動きにしても、入りにしても何倍も難しくなって、全てが何倍も面白くなりました。ですから仕事も私にとって極めて難しかった。基本的に彼との仕事を私は気に入りました。私の考えでは、ランビエールは私をよりしなやかにしたと思います。しかし、これはぼんやりした感覚で、私自身にはこういったものを判断することは難しいのです。重要なのは、アレクセイ・ミーシンがこの仕事に満足だったことです」。

出典:ソヴェツキー・スポルト
  1. 2015/07/29(水) 02:45:20|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015/07/27 アレクセイ・ミーシン「プルシェンコは自分の道を行っているが、協働を止めるという話はない」

http://rsport.ru/figure_skating/20150727/849129553.html

2015/07/27 アレクセイ・ミーシン「プリューシェンコは自分の道を行っているが、協働を止めるという話はない」

モスクワ、7月27日、R-Sport、アンドレイ・シモネンコ。
フィギュアスケートロシア功労コーチ、アレクセイ・ミーシンは、R-Sport通信に対し、彼の教え子である二度のオリンピックチャンピオン、エヴゲーニー・プリューシェンコが現在、自分独自のプログラムを準備していること、またグループの合宿に参加していないこととプログラム作成での彼の独立した仕事が、彼との協働を停止することを意味している訳ではないと語った。

月曜日(27日)プリューシェンコは、ボリショイ劇場バレエ芸術監督セルゲイ・フィーリンと有名な振付師ユーリー・ポソホフと一緒に新プログラム作成に着手した、と発表した。世界チャンピオン、エリザヴェータ・トゥクタムイシェワを含むミーシングループは、現在トルコで合宿中だ。

「われわれには現在、今までとは全く異なった問題がある。プリューシェンコは自分の新しい『私』を探している。ジェーニャには、フィーリンとポソホフ以外にも世界的に有名な別の振付師と働く計画がある、ということが出来る。一方、われわれはトルコの合宿で現実的試合に向けて準備をしている」。ミーシンは電話で語った。「エヴゲーニーには自分の道があり、リーザ・トゥクタムイシェワや私のグループの他のアスリートたちには、標準的な、より厳しい道がある」。

「このことは、われわれの関係が悪化していることを意味するものではない。われわれは同志であり、コーチとアスリートだ」。ミーシンはこう強調した。と同時に、プリューシェンコはロシア代表チームのテストスケートに向けて準備出来るのか、そこで彼は滑るのかどうか、という質問には答えなかった。

ロシアのフィギュアスケーターたちは、9月初めにソチにおいて合宿を行い、ナショナルチームのテストスケートは、9月12、13日にそこで実施される。ロシアフィギュアスケート連盟会長アレクサンドル・ゴルシコーフがR-Sport通信に語ったところでは、プリューシェンコはロシアフィギュアスケート連盟にシーズンへの準備日程の変更を通知していない、けれども他の代表メンバーと比べてプログラム作成が遅れていることは、合宿とテストスケートへの不参加を意味している訳ではないという。
  1. 2015/07/28(火) 00:58:30|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015/07/26 アンナ・ツァリョーワ「アンナ・ポゴリーラヤは怪我から完全に回復した」

http://www.team-russia2014.ru/article/22248.html

2015/07/26 アンナ・ツァリョーワ「アンナ・ポゴリーラヤの新プログラムを夜毎に作った」

アンナ・ツァリョーワ指導下のフィギュアスケーターたちのグループは、ロシアフィギュアスケート連盟の拠点「ノヴォゴルスク」でシーズン前合宿を行っている。2015年ヨーロッパ選手権銅メダリスト、アンナ・ポゴリーラヤの新シーズンに向けた準備について、ポータルTEAM RUSSIA-2016特別特派員ナターリヤ・プレハーノワに、彼女のコーチであるアンナ・ツァリョーワが語った。

「ノヴォゴルスクの合宿は順調で、毎日4時間ずつ氷があります — 2時間ずつ2回のトレーニングです」。アンナ・ツァリョーワは語った。「ショートプログラムを私たちは既に通しで滑っていますが、フリーはまだ半分ずつです。でも来週からは通しの滑り込みを開始します。またノヴォゴルスクにはスヴェトラーナ・パノーワのグループもいるので、私たちはアンナ・ポゴリーラヤとマーシャ・ソーツコワを一緒にさせようとしています。トレーニングで彼らがお互いを見て、一緒に進歩するようにと(微笑)。また私のグループでは、アレクサンドラ・フォミーナ、アレクサンドラ・サユーチナ、ポリーナ・シュボジョーロワ、それにベラルーシ代表のパーヴェル・イグナチェンコがトレーニングしています」。

—アンナ・ポゴリーラヤの新プログラムについては何が言えますか?

「アンナの二つの新プログラムをニコライ・モローゾフが作りました。プログラム作りは、ベリャーエヴォの私たちのリンク『フルスターリヌイ(クリスタルの)』で行われ、夜毎に働きました。それぞれのプログラムに5日くらいずつ要しました。二つのプログラムともヴォーカル無しの音楽ですが、曲はまだ秘密にしておきます(微笑)。二つのプログラムとも面白いもので、ステップがたっぷりです。ショートは、非常にスタイリッシュで、フリーには、叙情的な箇所がいくつかあります。エキシビションナンバーに関しては、アイディアはありますが、まだ実現には至っていません」。

—プログラムを技術的に難しくする予定はありますか?

「私とアーニャは、新しいエレメンツやコンビネーションジャンプを学んでいます。例えばアーニャは、トリプルループ+トリプルループの連続ジャンプを既にマスターしました。またトリプルアクセルの習得を試みていますが、まだ道半ばです。現時点では、プログラムの難易度を上げる計画はないですが、一ヶ月後はどうなるか様子を見ましょう。大事なことは、アーニャが怪我の後で完全に回復したということです。

—新シーズンは自分の教え子の目標をどこに置きますか?

「アーニャは今仕事への意欲が非常にあります。このような状態の時には、非常に高い目標を立てるものですが、そこは神のみぞ知る、です。高望みばかりしている者は裕福になれないといういわれもあります。現在私たちは公開スケートに向けて準備しています。プログラムを通しで披露するつもりです」。
  1. 2015/07/27(月) 01:16:46|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015/07/25 セルゲイ・ヴォロノフ「二つのプログラムはデヴィッド・ウイルソンではなく、ジェフリー・バトルが作った」

http://www.team-russia2014.ru/article/figur/22246.html

2015/07/25 セルゲイ・ヴォーロノフ「二つの新プログラムはデヴィッド・ウイルソンではなく、ジェフリー・バトルが作った」

「少し前に僕はInstagramにデヴィッド・ウイルソンとの写真をupした」。セルゲイ・ヴォーロノフは語った。「その後、新シーズンに向けて僕にプログラムを作ってくれるのは彼だとのデマ情報が流れた。しかし、そうではなく作成者はジェフリー・バトルだった。デヴィッドとの写真のいきさつはこうだ:彼は僕が行ったリンクで働いている。僕と彼は偶然に出会い、ことばを交わした。すると女の子たちが近づいてきて、彼と写真を撮りたがった。僕も彼と写真を撮ろうと思った(微笑)。僕はただ、彼は素晴らしい振付師だと書いたのだ。でもすぐに憶測を呼んだ」。

—プログラム作りはどのように行われたのですか?

「バトルと働くのはとても気に入った。なぜなら彼は創造的人間だから。正直言って、仕事でのこのようなアプローチに初めて出会った。彼が僕と仕事をする時間を見つけてくれてジェフリーにはとても感謝している。現在彼はカナダのみならず最も需要のある振付師の一人で、彼のところへはトップクラスのスケーターが全世界からやって来る。一緒に働くことができて本当に素晴らしかった。僕たちは氷上でだけ働いた — 一日に3時間くらいずつ。でも僕は補足的なトレーニングに行くこともあったし、彼が他のスケーターたちにプログラムを作ってやっている時にはエレメンツをやっていた」。

—新プログラムからどのようなことが期待できますか?

「僕のコーチ、エテリ・ゲオルギーエヴナ・トゥトベリーゼがジェフリーに電話して言った:『少しヴォーロノフを変えて、何か新しいものをもたらしてくれることをあなたに期待しているの』。もちろん、今僕は新しいものを皆から期待されている。だってジェフリーが自分の仕事をしたのだから(微笑)。僕は毎シーズン変わりたいと思っているし、来たるべきシーズンも例外ではない。

まだ二つの新プログラムを滑り込むのは僕には少し難しい、だって全てが新しいのだから。でも何一つ引っ込めてはいない。ジェフリーが作った通りに滑ろうとしている。僕は、ジェフリーが僕のプログラムを滑っているところを撮影し、しばしば夜毎に、何を目指しているのか理解しようとそれを見ている。

ショートプログラムのためには、僕たちは有名なグループの現代曲を選んだ — 歌詞つきを選択した。もしかしたら僕は幾分ロマンチックなイメージで登場するかもしれない。それは見なければ分からない(微笑)。フリープログラムのためには、これもポピュラーな曲で、多くの人たちが滑ったサウンドトラックだ。二つの作品は、気分が異なったものになった:一つのプログラムでは、運命が僕に最後のチャンスの一つを与えたかのように、前に突進する。フリーでは、ノスタルジックな気分で、僕は追憶に包まれている。僕はショートプログラムの歌がとても好きだし、フリーは、イメージを伝える点が、より難しい。

具体的なプログラムの楽曲はまだ秘密にしておく — 作戦上(微笑)。僕たちが音楽を探した時には多くの案があったが、ジェフリーは、まさにこれらの曲を試す価値があると僕を納得させることが出来た。新しい経験、それは常に何らかの冒険だ」。
  1. 2015/07/26(日) 02:44:50|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015/07/22 アジヤン・ピトケーエフ「新プログラムは、気分も振付けも今までのものとは似ていない」

http://www.sports.ru/others/figure-skating/1031556860.html

2015/07/22 アジヤン・ピトケーエフ「新プログラムは、気分も振付けも今までのものには似ていない」

ロシアのフィギュアスケーター、アジヤン・ピトケーエフは、シーズンに向けた新プログラムについて語った。

「僕の新ショートプログラムは、ダニイル・グレイヘンガウスが作った。今まで僕たちはそのプログラムを修正したり、部分部分を磨いたりして来た。僕は叙情的なスタイルで登場する。ショートプログラムの前半は、日本の作曲家はまたけしのPainで、後半はデュオSecret GardenのAppassionata熱情だ。意図するところは:僕の心はきれいに純粋なのに、そこにさえ何か暗いもの — 疑いだとか不安だとかが忍び込むかもしれない。しかしながらそれら全てを、自分を通してろ過してしまえば、僕は全ての悪いものから逃れることが出来る。

プログラムの心情は簡単ではない。それを説明するのは僕には難しい — むしろ、滑って、氷の上で全てを見せる方が良い。作品は、内容の濃いものになった — 難しいつなぎのステップ、振付けなど。それ以外でも、イメージ作りや難しいエレメンツを実行することなどを忘れてはいけない。プログラムを滑り切ることは僕には容易ではないが、そのなかで僕は自分を心地よく感じている。

マリーナ・ズーエワはフリープログラムに、映画『Mission』の音楽を提案した。最初僕にはいくつか疑問のようなものがあったけれども、作り始めた途端にそれらは消えてしまった。プログラムの最初は明るい曲調で、その後不安げなものに変わり、終わり近くで再び明るいものになる。プログラムで不安げな音楽が響く箇所は、映画の内容に結びついていると思う。

フリープログラムはとても良いものになった。それはショートプログラム同様、気分でも振付けでも、僕のこれまでのものとは似ていない。僕は二つのプログラムとも心で感じることが出来ると言える。だから心情的なコンポーネントを伝えることがずっと容易になった。セルゲイ・ドゥダコーフも作品をとても気に入ってくれて、プログラムのスタイルは、これまでのものとは違っていると言っていた」。ピトケーエフは、このように語った。

文:アントン・ピリャソフ / 出典:ヴェス・スポルト
  1. 2015/07/25(土) 23:49:51|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015/07/24 ハン・ヤン「フリープログラムで二つの四回転ジャンプを入れたい」

http://www.sports.ru/others/figure-skating/1031618562.html

2015/07/24 ハン・ヤン「フリープログラムで二つの四回転ジャンプを入れたい」

中国のフィギュアスケーター、ハン・ヤンは、シーズンに向けて準備を進めているプログラムについて語った。

彼はショートプログラムで、ルイ・プリマ演奏のSing,Sing,Singを使い、フリーは、映画「ロミオとジュリエット」のサウンドトラックからKissing Youで滑る。

「第一に、僕はスローの曲で滑るのが絶対好きだ。なぜなら、それが僕のスケーティングスタイルに合っているから。第二に、何か新しいことを試してみたい、というのははっきりしている。僕はシニアに移ってそれ程長い訳ではなく、自分のスタイルを見出したとは思っていない。

このシーズンでは、フリープログラムに二回の四回転ジャンプを入れたい。実はこのことは昨シーズンの計画に入っていたが、怪我のために出来なかった。だからこのシーズンで挑戦する」。ハン・ヤンはこのように語った。

文:マリーヤ・アレクサンドロワ / 出典:Golden Skate
  1. 2015/07/25(土) 19:20:38|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
    </