あれこれ

2016/06/29 イーゴリ・シュピリバンド「ルール変更は、イリイヌィフとジガンシンの芸術性を向上させる筈だ」

 http://rsport.ru/figure_skating/20160629/963953549.html
 
2016/06/29 イーゴリ・シュピリバンド「ルール変更は、イリイヌィフとジガンシンの芸術性を向上させる筈だ」
 
モスクワ、6月29日、R-Sport、アナトーリー・サモフヴァーロフ。
国際スケート連盟(ISU)がアイスダンスで承認したルールの変更は、フィギュアスケーターたち、特にロシアのエレーナ・イリイヌィフ/ルスラン・ジガンシン組の芸術的要素の向上を促す筈だ。二人のコーチ、イーゴリ・シュピリバンドがR-Sportにこう語った。
 
クロアチアでの総会でISUは、リフトやその他のアイスダンスの技術要素に関するルールに変更を加えた。5月にシュピリバンドは、R-Sportに対し、アメリカのノバイ(ミシガン州)で、イリイヌィフ/ジガンシン組と持続的体制で仕事を続行すると語っていた。
 
「新しいリフト、動き、エレメンツを準備している。ルールは多くの変更があり、より複雑になった。生徒たちは、それに適応しようとしている。しかし、芸術的要素については、これらの変更は、向上させずにはおかない。特に、レーナとルスランのプログラムに関してはそれが言える」。シュピリバンドは電話で語った。
 
「(イリイヌィフ/ジガンシン組の)二つのプログラムは出来た。それらの作成には、多くの人たちが手をかけた。私は作り上げようとしたし、ファビアン・ブルザ、アントニオ・ナハーロも。一つのチームが、ショートもフリープログラムも作った。今、われわれはそれらのプログラムを滑りこんでいる」。シュピリバンドはこのように話した。
 
イリイヌィフは、自分のミニブログTwitterに、ジガンシンとの一緒の写真をupして、それに「ノバイのボニーとクライド」と署名した。「これが、プログラムイメージへのヒントだとは私は思わない。これは何の関係もないよ」。シュピリバンドは、笑って言った。
 
コーチはまた、二度の世界選手権メダリスト、アメリカのメディソン・チョーク/エヴァン・ベイツ組とも働いている。「今年は、クリストファー・ディーンがメディソンとエヴァンのフリープログラムを助けた。ショートプログラムの仕事はまだ続いている」。シュピリバンドは、このように語った。
スポンサーサイト
  1. 2016/06/30(木) 01:25:05|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016/06/29 ハビエル・フェルナンデスは手術を受けた

 http://www.sports.ru/others/figure-skating/1041593935.html
 
2016/06/29 ハビエル・フェルナンデスは手術を受けた
 
スペインのフィギュアスケーター、ハビエル・フェルナンデスは手術を受けた。
 
「僕は既に小さな手術を受けた。今までよりも、さらに強くなって戻る! クリニックに感謝している」。フェルナンデスはこう書いた。
 
文:アントン・ピリャソフ / 出典:Facebookのハビエル・フェルナンデスのページ
  1. 2016/06/29(水) 23:18:08|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016/06/28 アレクサンドル・ラケールニク「ソチでトレーニング中のリプニツカヤは立派に見える」

 http://rsport.ru/figure_skating/20160628/963468067.html
 
2016/06/28 アレクサンドル・ラケールニク「ソチでトレーニング中のリプニーツカヤは立派に見える」
 
モスクワ、6月28日、R-Sport、アナトーリー・サモフヴァーロフ。
フィギュアスケート2014年オリンピック団体戦女王ユーリヤ・リプニーツカヤは、ソチでの6月のトレーニングで良いコンディションを見せている。R-Sportに対し、ロシアフィギュアスケート連盟副会長アレクサンドル・ラケールニクは、このような見方を示した。
 
国際スケート連盟(ISU)の前フィギュアスケート技術委員会委員長であったラケールニクは、ロシアのフィギュアスケーターたちの準備状況を視察するためにソチを訪れた。リプニーツカヤのコーチであるアレクセイ・ウルマーノフは、R-Sport特派員との話のなかで、リプニーツカヤの技術構成準備の評価の面で、ラケールニクの訪問の重要性を指摘した。
 
ラケールニクは電話で次のように語った。「ユーリャは立派に見える。痩せて、非常に真剣にトレーニングしている。コーチのウルマーノフは、真剣に働いている、喜びを持って。私はステップシークエンスを見た。ユーリャは全てのジャンプを跳んでいる。
 
しかし、今は6月で、全てのエレメンツがプログラムのなかでどのように組み合わされるのか、それは秋になってみなければ分からないことを理解することが重要だ。見たことは、私は気に入った。選手たちが高い目標を掲げているのは、嬉しい」。
 
また、ラケールニクは、ペアのクセーニヤ・ストルボーワ/フョードル・クリーモフ組とエヴゲーニヤ・タラーソワ/ヴラジーミル・モローゾフ組の練習も訪れた。「彼らは、この時期としては良い状態にある。全員が健康だ。プログラムとエレメンツに取り組んでいる。健康であれば、全て問題ないだろう」。ラケールニクは、こう語った。
 
 
  1. 2016/06/29(水) 22:51:22|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016/06/27 エヴゲーニー・プルシェンコ「今のところ、競技スポーツへの復帰などに関する大きな表明は差し控える」

 http://rsport.ru/figure_skating/20160627/962183049.html
 
2016/06/27 エヴゲーニー・プリューシェンコ「サンクトペテルブルクでの合宿を行いたいが、大きな表明は差し控える」
 
モスクワ、6月27日、R-Sport、アナトーリー・サモフヴァーロフ。
フィギュアスケートの二度のオリンピックチャンピオン、エヴゲーニー・プリューシェンコは、R-Sportに対し、フランスのクールシュヴェルでの合宿の後、コーチのアレクセイ・ミーシンの指導の下、系統的準備を続けたいが、競技活動に関する計画は立てていないと語った。
 
「この合宿の後、僕たちはクールシュヴェルから帰国して、今後(スポーツ面で)どのように行動するかを考える。その後、僕はアスタナの自分のショーに出かける。アスタナでは全てが上手く運ぶ筈だ。なぜなら、ショーに向けて僕は準備をしたのだから。それが終わったなら、中国での巡業がある。
 
そしてから、多分、再びミーシンとの合宿があるだろう。ペテルブルク郊外か、ペテルブルクで。でもまだ、先走りはしたくない。先のことは分からないが、良い明日であることを信じたい」。プリューシェンコは電話で語った。
 
「今僕は、スポーツに復帰するのか、スポーツから去るのかを表明しない。現在は三ヶ月の中断の後、回復を図っているところだ。自分のコンディションを平常の状態に取り戻そうとし、プログラムを作り、その後で見てみようと思う:スポーツ、競技スポーツに戻り、そこに入り込み、そこで滑るのか、それとも何か他の計画が生まれるのか。
 
クールシュヴェルでの合宿は、海抜1850mの高さの山中でのもので、とても良く、とても肯定的に行われている。もっとも、合宿はとても辛かった。というのも、いきなり高いところに来たので、酸素が足りなかったから。でも実りの多いものだった」。彼は、このように説明した。
 
今回の合宿は、「何らかの計画を立てずに、準備的な性格のもの」だと、彼は強調した。「明日は最終日なので、トリプルアクセルを試すつもりだ。怪我は障害にならない。というのも、三ヶ月前の最後の手術がとても上手く行ったので、何の不安もないからだ。しかし、競技スポーツに復帰するとか、その他のものに関する大きな表明だとかコメントは、今のところ僕はしない」。
  1. 2016/06/29(水) 02:36:28|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016/06/28 イリヤ・アヴェルブーフ「メドヴェージェワに、2016/17シーズンの二つのプログラムを作る」

 http://rsport.ru/figure_skating/20160628/963269046.html
 
2016/06/28 イリヤ・アヴェルブーフ「メドヴェージェワに、2016/17シーズンの二つのプログラムを作る」
 
モスクワ、6月28日、R-Sport、アナトーリー・サモフヴァーロフ。
ロシアのフィギュアスケートコーチ、振付師のイリヤ・アヴェルブーフは、R-Sportに対し、2016年世界選手権女子シングル女王のエヴゲーニヤ・メドヴェージェワのフリープログラムを手がけていると語った。先に彼らは一緒にショートプログラムを作成した。
 
昨シーズン、アヴェルブーフはやはり、メドヴェージェワのフリープログラムの作成者だった。彼女は、そのフリープログラムを滑り、世界選手権、ヨーロッパ選手権、ロシア選手権、グランプリファイナルを勝利した。昨シーズンのメドヴェージェワのショートプログラムは、アレクサンドル・ジューリンが作った。
 
「僕は、ジェーニャにフリープログラムを作っている」。アヴェルブーフは電話で語った。「このプログラムは、ショートとは違う性格のものになるだろう。ジェーニャは、ショートプログラムのなかでのジェーニャとも、僕たちが見ていた他のプログラムのなかでのジェーニャとも違ったものになるだろう。現在僕たちは、このプログラムを仕上げているところだ」。
  1. 2016/06/29(水) 01:01:28|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016/06/27 エヴゲーニー・プルシェンコ「クールシュヴェルの合宿で、プログラムの一つをサンデュが作った」

http://rsport.ru/figure_skating/20160627/962178210.html
 
2016/06/27 エヴゲーニー・プリューシェンコ「クールシュヴェルの合宿で、プログラムの一つをサンデュが作った」
 
モスクワ、6月27日、R-Sport、アナトーリー・サモフヴァーロフ。
フィギュアスケート二度のオリンピックチャンピオン、エヴゲーニー・プリューシェンコは、R-Sportに対し、2016/17シーズンの彼のプログラムの一つの作成者は、カナダの振付師エマニュエル・サンデュだと語った。
 
プリューシェンコは、フランスのクールシュヴェルで、コーチのアレクセイ・ミーシンの指導の下、合宿を行っている。彼のもう一つのプログラムは、セルゲイ・フィーリン(訳注:バレエアーティスト、元ボリショイ劇場ソリスト、現芸術監督)とユーリー・ポソホフ(訳注:バレエアーティスト、振付師)が作った。サンデュは、また、ミーシンの生徒で2015年世界女王のエリザヴェータ・トゥクタムイシェワの新フリープログラムも作成した。
 
「一つのプログラムを作成したのは、ポソホフとフィーリンで、もう一つのプログラムの作成者は、エマニュエル・サンデュだ」。プリューシェンコは電話でこう語り、この話はまさに新プログラムに関してであって、昨シーズン彼が取り組んでいた「カルミナ・ブラーナ」のことではない、と指摘した。
    
  1. 2016/06/28(火) 19:46:30|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016/06/27 アレクセイ・ウルマーノフ「リプニツカヤは叙情的なショートプログラムと、ヒット曲のフリーを披露する」

 http://rsport.ru/figure_skating/20160627/962127051.html
 
2016/06/27 アレクセイ・ウルマーノフ「リプニーツカヤは叙情的なショートと、ヒット曲のフリーを披露する」
 
モスクワ、6月27日、R-Sport、アナトーリー・サモフヴァーロフ。
2014年オリンピック団体戦女王ユーリヤ・リプニーツカヤは、新シーズン、叙情的なショートプログラムを披露するが、フリーは、非常に知られた曲で作成された。彼女のコーチであるアレクセイ・ウルマーノフは、R-Sportにこのように語った。
 
リプニーツカヤのショートプログラムを作ったのは、ステファン・ランビエールで、フリーは、ウルマーノフ自身だ。6月13日から、リプニーツカヤはソチで、シーズン前二回目の合宿を行っている。
 
「われわれのものは、非常にリリカルなショートプログラムと、イメージ的にも、作品のヒット性によっても非常に知られたフリープログラムだ。われわれが氷に出れば、何の話か皆がすぐに分かるだろう」。ウルマーノフは電話でこう語った。
 
彼によれば、合宿と合宿の間の3週間の休みの後、リプニーツカヤは「プロセスに打ち込み」続けているという。
「新しいスケート靴の馴らし滑りをした。このプロセスは強制しなかった。なぜなら、血が滲む程にどれだけ足に靴擦れが出来、それが治るのにさらに一週間かかることを、私自身が知っているからだ。この課題をわれわれは克服した。先週は、ユーリャの足はまだ痛んだが、今日は、もうすっかり良くなった。
 
今はもう既に全ての主要なエレメンツを回復させたので、今度はそれらの難易度を上げるつもりだ」。ウルマーノフはこのように説明した。
 
  1. 2016/06/28(火) 02:16:25|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016/06/27 ミハイル・コリャダー「グランプリモスクワ大会に出場することは確かだが、もう一つは日本か中国だ」

http://www.sports.ru/others/figure-skating/1041523602.html
 
2016/06/27 ミハイル・コリャダー「グランプリモスクワ大会に出場するのは確かだが、もう一つは日本か中国だ」
 
ロシアのフィギュアスケーター、ミハイル・コリャダーは、新シーズンへの準備を語った。
 
「僕のオフシーズンは終わって、全ての自分の計画をやり終えた。僕は軍に行かなければならなかったし、大学を卒業しなければならなかったが、実際にそれをやり終えた。今度はプログラムを滑りこんで、4回転サルコウを安定させなければならない。4回転トウループは、昨シーズンの末に既に良くなっていた」。
 
—ところで、あなたは世界選手権で4回転トウループの入りを変更しましたよね。
 
「そう。ちょうどあの大会に出発する直前にそうしたのだ。新しい入りからだと、跳ぶのがはるかにやりやすくなった」。
 
—他の4回転ジャンプはどうなっていますか? ルッツやフリップは? あなたのトリプルアクセルを4回転にする考えはありますか?
 
「ルッツは跳ぶのを試したが、まだ出来ていない。フリップは、そもそも、エッジが正しくないことからプログラムには組み入れない。皆はインエッジだが、僕はアウトエッジだ。アクセルに関しては、4回転アクセルは試したことが無いし、まだやりたくない。それは、ものすごい負荷だ。回転もより強くなければならないし、もっと高く跳ばなければならない」。
 
—もうすぐグランプリ大会ごとの選手たちの割り振りがはっきりします。世界選手権の結果での上位6選手には、どの大会に行くかの選択権があります。あなたはもう決まりましたか?
 
「一つの大会は、ロシアのモスクワ大会になることは確かだが、もう一つは、日本か中国で、全ては羽生結弦の決断次第だ。僕にはアメリカ大会もオファーがあったが、断った。あそこに渡航するのは非常に困難だし、それにリンクのサイズも違っている・・・」。
コリャダーはこのように語った。
 
文:Doctor of Philosophy  / 出典:Bkontakteのミハイル・コリャダーのオフィシャルグループ 
  1. 2016/06/28(火) 00:23:41|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016/06/25 スミルノフは、カワグチと一緒に2016/17シーズングランプリシリーズへ戻ることを視野に入れている

 http://tass.ru/sport/3400879
 
2016/06/25 スミルノフは、カワグチと一緒に2016/17シーズングランプリシリーズに出来れば戻りたい
 
モスクワ、6月25日、TASS特派員ヴェロニカ・ソヴェートワ。
ユーコ・カワグチとペアで滑っているロシアのフィギュアスケーター、アレクサンドル・スミルノフは、TASSに対し、ペアは積極的なトレーニングを再開しつつあり、2016/17シーズンのグランプリシリーズへの出場を予定していると語った。
 
「ユーコは馴らし滑りをやって、ジャンプを思い出しつつあった。二日後の6月27日に、僕たちはイゴラの合宿で積極的トレーニングを開始する」。スミルノフは語った。「今のところ難しいエレメンツは、個々にやっている。ユーコは、トリプルトウループ、ダブルアクセル、短い助走からのトリプルサルコウはうまくいっている。しかし、プログラムをレベルまで引き上げなければならない — 出来ればグランプリシリーズに間に合って戻りたいから。もし、それが出来れば、素晴らしい。もし、そうならなければ、ロシア選手権を目指す」。
 
彼らはいずれにしろ以前の水準に戻れる、とスミルノフは考えている:「5~6ヶ月間休んで、それから元に戻すのはとても簡単には行かないだろうと分かっているが、僕たちは挑戦している。それがどんなに困難であろうと、全ては神の思し召しだ」。
 
2016/17シーズンのグランプリシリーズは、9月後半のアメリカ大会でスタートする。
  1. 2016/06/27(月) 12:32:59|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016/06/26 浅田真央の新SP、FPは『Ritual Dance』

http://www.sports.ru/others/figure-skating/1041502291.html
 
2016/06/26 浅田真央は、ショート、フリープログラムにスペインのファリャの音楽を選んだ
 
日本のフィギュアスケーター浅田真央の公式ウェブサイトで、来シーズンのプログラムに関する情報が発表された。
 
エキシビジョンの曲は、ヨハン・ゼバスティアン・バッハのサラバンドとブーレ。
ショートとフリープログラムは、スペインの作曲家マヌエル・デ・ファリャの「リチュアル・ファイアー・ダンス」(火祭りの踊り)で作られた。
 
先に、浅田のショートとフリープログラムは、振付師ローリー・ニコルが作ることが公表されていた。
 
文:アレクサンドル・チェルノーフ / 出典:浅田真央の公式ウェブサイト



https://twitter.com/europeonice
 
2016/06/26 浅田真央の新SP、FPは『Ritual Dance』
 
浅田真央の新ショートプログラム、フリープログラムは、二つとも同じ曲からで、スペインの作曲家マヌエル・デ・ファリャ(Manuel de Falla)の『Ritual Dance』になった。

なお、エキシビジョンナンバーは、バッハ作曲の「チェロ・スイート(「Saraband&Bourree /」)。


出典:Europe on IceのTwitter 
  1. 2016/06/27(月) 00:57:08|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ