富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ あれこれ 2016年08月

あれこれ

2016/08/29 ブライアン・ジュベール「コーチになることへの確信が湧いている」

 http://fsnews.ru/page-id-2782.html
 
2016/08/29 ブライアン・ジュベール「コーチになることへの確信が湧いている」
 
====fsnews.ruのサイトに載ったブライアン・ジュベールへのインタビュー記事より抜粋====
 
(アレクサンドラ・イリイーナ)
—ブライアン、あなたのトレーニングキャンプについて話してください。この夏、参加者は何人でしたか?
 
ブライアン:「三週間に渡って、総数72人のスケーターを教えた。それらのなかには、一週間だけ練習した人たちもいれば、二週間、あるいは三週間練習した人たちもいた。現在僕のところには、初心者のグループ、国内の競技会に出場しているアスリートのグループ、国際レベルのアスリートたちのグループという3つのグループがある。彼らは、フランスはもとよりベルギーやルクセンブルクの様々な町からポアティエにやって来た。でも多くはフランスからだ。
 
これはサマーキャンプだから、彼らが自分のスキルを向上させるよう僕は望んでいる。しかし、同時に彼らは氷の上で喜びを得、瞬間を楽しむ必要がある。トレーニングと遊びと同時にすることが出来ると僕は思う。彼らのなかにちょっとした競争を持ち込み、彼らに課題を与える。彼らは喜び、自分たちが難しい仕事をしているという自覚が無い。でも実際は、難しいトレーニングなのだ。最後のトレーニング、つまり週の最後の授業では、僕と彼らが遊ぶのだ」。
 
—あなたは彼らに即興をさせると聞いています。何故ですか?
 
「アスリートにとって即興は、彼らの年齢に関わりなく、大きな役割を持っている:8歳であろうと15歳であろうと、音楽を感じなければならない。そのなかで彼らは、良いジャンプをして、美しい振付けを見せなければならない。多くの子供たちは少し内気で、僕が音楽をかけるとその場に突っ立っている。動こうとしない。しかし、彼らはやらなければならない。競技のために、氷上で自信を持つために、これは重要だ。このことによって、僕は彼らを少し解放しようとしているのだ」。
 
—これらの日々で、あなたにとって難しかったものは何ですか?
 
「何よりも難しいのは、彼ら一人一人のためにことばを選ぶことだ。だって、彼らもそれぞれ違うのだから。僕は同じことを、色々なことばで説明しようとしている。コーチとして僕は、生徒たちへのアプローチを見つけ、彼らの気分を見、彼らの性格を理解しなければならない — それを理解した時に、彼ら一人一人のための解決を見つけることが出来るのだ」。
 
—あなたは、一人一人に名前で呼びかけていますが、全員を覚えるのは難しかったですか?
 
「簡単ではない。名前を覚えるのに数日かかった。しかし、僕は時々、彼らを名前で呼ばないで、彼らのための新しい名前を自分で考案する。例えば、僕のところにマーティンという名前の男の子がいるのだが、僕は彼をアストンと呼んでいる。そういう車があるでしょう、マーティン・アストンというのが(笑)」。
 
—何故?
 
「(笑)これが奇妙に聞こえることは分かっているよ。でも、これは氷上で楽しむための遊びなのだ」。
 
—これらのトレーニングは、あなた自身には何をもたらしましたか?
 
「僕は常にコーチになりたかった。今僕は、それになることへの確信が湧いている。朝起きて、リンクに向かい、子供たちと仕事をすることが本当に気に入っている。これが、より高いレベルで実現することを願っている。しかし、そのためには、僕にはもっと時間が必要だ。僕は忍耐を学んだ。自分がアスリートだった時には、僕はせっかちだったし、待つことが嫌だった。でもコーチは待たなければならないし、忍耐力を持たなければならない。これは自分にとって良いことだ」。
 
—あなたはいつライセンスを取れるのですか?
 
「もし全てがokなら、2018年9月だ」。
スポンサーサイト
  1. 2016/08/31(水) 01:33:56|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016/08/28 ジュニアグランプリ仏大会、タルーシナは靭帯断裂、コーチは頭の怪我

 https://twitter.com/figureskatingRu
 
2016/08/28 ジュニアグランプリフランス大会。タルーシナは靭帯断裂、コーチのダヴィードフは頭の怪我
 
FigureSkatingRuのtwitterより
「ジュニアグランプリフランス大会。(事故に遭った)アンナ・タルーシナのチームメイトであるレーラ・ミハイロワの情報によると、タルーシナは、内側側副靭帯断裂(ないそくそくふくじんたいだんれつ)で、膝の手術を行った。また、腕と頭を縫った」。
 
「ジュニアグランプリフランス大会。コーチのセルゲイ・ダヴィードフは、頭に怪我を負い、事故の記憶が無いという。病院を退院して、モスクワに戻って治療を行う」。
 
また上記にあるチームメイト、レーラ・ミハイロワのtwitterから伺えるおおよその状況は次のようなものだ。
 
・ アンナ・タルーシナは、内側の靭帯断裂の怪我を負い、病院で手術を受けた。
・ 彼女は、腕、頭、足を縫った。
・ 2週間位、入院するだろう。
・ 彼女には母親が付き添っている。
・ コーチのセルゲイ・ダヴィードフは、頭蓋骨の怪我で、事故当時の記憶が無い。そのほかの記憶はある。
・ 彼は、翌日には退院しホテルに戻った。次の日(27日?)、モスクワに戻り治療を行う。
 
文:asappo    / 出典:twitter
 
http://www.lsm.lv/ru/statja/mir/novosti/latviyskaja-figuristka-klyueva-popala-v-dtp-vo-francii.a198200/
 
2016/08/27 ラトビアのフィギュアスケーター、アンジェリカ・クリューエワはフランスで交通事故に遭った
 
ラトビアのフィギュアスケーター、アンジェリカ・クリューエワは、今シーズン初めてのジュニアクランプリ大会を前にして、フランスで大きな交通事故に遭った。
 
現地のプレスが伝えているところによれば、事故は木曜日のちょうど日中に起きた。ホテルからアイスアリーナへと選手とコーチを運んでいたマイクロバスが、全速力で道からはみ出し、電柱に激突した。マイクロバスの中には、14歳のクリューエワと、ロシアのアンナ・タルーシナ、それに彼らのコーチが乗っていた。
 
より重症なのは、タルーシナで、彼女はグルノーブルに運ばれ、手術に備えていると伝えられている。
 
事故の後、二人の選手はサンジェルヴェでの競技に出場出来なかった。主催者は被害者たちを援助するため全てのことを行うと、ISUは発表している。
 
クリューエワは、今年、ラトビアジュニア選手権で3位だった。
  1. 2016/08/30(火) 01:41:43|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016/08/26 マクシム・トランコフ「オリンピックでの褒賞品としてプレゼントされる高級車を、誰もが維持出来る訳ではない」

 http://www.sovsport.ru/news/text-item/923242
 
2016/08/26 マクシム・トランコフ「オリンピックの褒賞の高級車を誰もが維持出来る訳ではない」
 
2014年ソチオリンピックで二度、チャンピオンになったフィギュアスケーター、マクシム・トランコフは、競技の褒賞品としてプレゼントされる高級車を誰もが維持出来る訳ではないと語った。
(アルトゥール・ギチュンツェフ)
 
マクシム・トランコフのtwitterより:
「プレゼントされた車は、『贅沢に対する』税に該当するばかりでなく、維持費も安くはないから、収入から見て無理だ、と思わなかった人はいないだろう」。
 
「誰もが維持出来る訳じゃない! 皆は売りに出して、それからもっと慎ましい車を手に入れている! それが全てだ! ところで、僕もとりあえず売った!」。
 
以前、トランコフはBMW・X6を売りに出したことが伝えられた。同様に彼は、ソチオリンピックでの金メダルの褒賞品として、Mercedes-Benzを受け取った。
 
昨夜、リオデジャネイロオリンピックでメダルを獲得したロシア代表のアスリートたちにBMW車がプレゼントされた。
  1. 2016/08/29(月) 01:08:18|
  2. ロシア事情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016/08/27 ジュニアグランプリ第1戦、男子サヴォーシン、スキルダーが1位、2位

 http://www.interfax.ru/russia/525583
 
2016/08/27 ロシアの男子フィギュアスケーターが、ジュニアグランプリフランス大会で金、銀メダル獲得
 
モスクワ、8月27日、INTERFAX.RU。
フランス、サンジェルヴェで開催されているジュニアグランプリ初戦で、ロシアのロマン・サヴォーシンとイリヤ・スキルダーの二人のスケーターが、それぞれ金メダル、銀メダルを獲得した。
 
3位に入ったのは日本の島田高志郎。このようにロシアフィギュアスケート連盟スポークスマンは伝えている。
 
ロマン・サヴォーシンは、この大会のフリープログラムのなかで4回転ジャンプ —4回転トウループを実行した数少ないスケーターの一人だった。
 
ジュニアグランプリ第1戦全体で、ロシアのジュニアは4個のメダルを獲得した — 金メダル2個(シングルのアリーナ・ザギートワとロマン・サヴォーシン)、銀メダル1個(イリヤ・スキルダー)、銅メダル1個(アイスダンスのソフィヤ・ポリシューク/アレクサンドル・ヴァフノーフ組)。
 
アイスダンスのソフィヤ・シェフチェンコ/イーゴリ・エリョーメンコ組は、5位に入った。
  1. 2016/08/28(日) 15:54:08|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016/08/26 ロシアのアンナ・タルーシナはフランスで交通事故に遭い、ジュニアグランプリに出場出来ない

 http://rsport.ru/figure_skating/20160825/1047553462.html
 
2016/08/26 ロシアのアンナ・タルーシナはフランスで交通事故に遭い、ジュニアグランプリを棄権した
 
モスクワ、8月25日、R-Sport。
ロシアのアンナ・タルーシナは、フランスのサンジェルヴェにおいてフィギュアスケートジュニアグランプリ大会が行われる前夜、彼女が乗ったバスが交通事故に遭い病院に運ばれたために、このグランプリ第1戦に出場出来ない。これをロシアフィギュアスケート連盟オフィシャルサイトが伝えている。
 
リンクに向かう途中、タルーシナと彼女のコーチであるセルゲイ・ダヴィードフが乗ったバスが交通事故に遭った。現在被害者たちは病院に収容されているが、彼らは命に別条はないという。(訳注:ロシアフィギュアスケート連盟オフィシャルサイトでは、このバスには、ラトビアのアンジェリカ・クリューエワも乗っていたと伝えている。彼女も命に別条はないという。)
 
競技は行われ、女子ショートプログラムではロシアのアリーナ・ザギートワが勝利し、フリープログラムの前に主導権を握った。
(1. アリーナ・ザギートワ(ロシア) —68.07、2. 坂本花織(日本) —64.12、3. 新田谷凜(ニタヤ・リン、日本)—60.94)

(追補:フリー終了後、アリーナ・ザギートワは、194.37ポイントで優勝した。2位、3位も変わらず)
  1. 2016/08/27(土) 01:34:13|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016/08/25 ジュニアグランプリ大会第4戦は、サランスクで開催される

 http://mordoviatv.ru/stolitsa-mordovii-primet-krupnyie-sorevnovaniya-po-figurnomu-kataniyu/
 
2016/08/25 モルドビア共和国の首都、サランスクでフィギュアスケートの大きな大会が催される
 
====ロシア、モルドビア共和国のテレビニュースより====
 
9月14~18日に、サランスクでジュニアグランプリシリーズ第4戦が行われる。34カ国の代表者が訪れる予定で、106人のフィギュアスケーターが大会に出場することが確認されている。このようなレベルのジュニアの大会は、ロシアで初めてのことだ。
 
来たるべき大会に向けた記者会見では、ロシアフィギュアスケート連盟CEOアレクサンドル・コーガンが、わが国ロシアでジュニアグランプリシリーズの大会を開催するための交渉は、数年にわたって続けられて来たことを指摘した。また、サランスクが選ばれたことは、この共和国首都が国内および国際レベルの大会を組織してきた経験が肯定的に評価されたからだとも語った。
 
「多くの各国連盟会長や連盟指導者たちが来訪する。また、ロシアや外国の非常に有名なコーチたち — 世界チャンピオンやオリンピックチャンピオンのコーチたちもここにやって来るだろう」。アレクサンドル・コーガンはこう語った。
 
この大会のロシア代表メンバーには、18人の選手が選ばれている —6人のシングルスケーター、3組のペアのスケーター、3組のアイスダンスのスケーターたちだ。大会では100人以上のボランティアが働く予定になっている。来訪者たちを受け入れるのは、サランスクの四つのホテルだ。大会の開会式は、9月15日に行われる。オープンセレモニーには、モルドビアのフィギュアスケーターたちも参加する。
  1. 2016/08/26(金) 00:20:55|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016/08/23 エテリ・トゥトベリーゼ「メドヴェージェワに、あるフリープログラムを作ったが、音楽があまり気に入らずに全て作り変えた」

 http://www.sports.ru/others/figure-skating/1043286390.html
 
2016/08/23 エテリ・トゥトベリーゼ「メドヴェージェワに、あるフリープログラムを作ったが、音楽があまり気に入らずに全て作り変えた」
 
コーチのエテリ・トゥトベリーゼは、世界女王エヴゲーニヤ・メドヴェージェワとのシーズン前の仕事や、メドヴェージェワの心持ちなどについて語った。
 
「ジェーニャ(エヴゲーニヤ)に二つのプログラムを作ったのはイリヤ・アヴェルブーフです。昨シーズンのプログラムは非常に成功しましたから、私たちは新プログラムも、それよりも悪くないものを作りたかったのです。時々これは、振付師にとって非現実的な困難な課題となりますし、仕事のプロセスのなかでは疑いが全員を苦しめるようになりますが、このようなことが私たちにもあったのです。
 
しかしジェーニャは、提案されたものを全て遂行し、試し、イメージに入り込みました・・・ショートプログラムは、初めてのアプローチから作られました。このイメージは、以前のものとは違いますが、ジェーニャのものでした。
 
ところがフリープログラムには、苦しみました。一つのものを作りましたが、音楽があまり気に入らず、疑いが芽生えました。結局、全部を変えました — イメージも、ストーリーも、音楽も。新しいプログラムは、心が揺さぶられる、特別なものになりました。しかし、これについてはジェーニャやイリヤ自身が語った方が良いでしょう」。
 
—昨シーズン、メドヴェージェワは非常に成功しました。しかし、このような全ての状況下で、「スター病」の恐れはないのでしょうか。
 
「正直言って、スポーツにおける『スター病』とは一体何なのか、私には良く分かりません。勝利し、表彰台に乗ったということは、その時点で喜ぶに値します。表彰台から降りたなら、全ては既に過去のことで、新たな戦いへの準備が始まったのです。もし、その後も結果を出したいなら、自分が良い滑りをすればする程、ライバルたちはより積極的に準備を始めるということを理解しなければなりません。そこから逃げ道は無いのです。
 
メドヴェージェワの才能は、彼女の仕事遂行能力であり、スポーツの本質を理解出来ることにあります。誰かには素晴らしい柔軟性が付与され、また誰かには桁外れなジャンプが、また別の誰かには別の何かが。しかし、どのような才能であれ、正しい心持ちが無いところでは簡単に失われる可能性があります。
 
ジェーニャには、この心持ちが常に残っています。彼女は子供の頃から、コーチの非難は、おそらく、あらゆるものの中で最も貴重なものだと体得しています。コーチはいつも褒めているべきではありません。でもアスリートがメダルを獲れば、他の人たちがその後褒めるでしょう。コーチだって、誰よりも嬉しく思います。
 
鞭打つことは、愛していること、という諺がありますが、これは今の場合に、当を得たものかもしれません。いいえ、私は生徒に手を上げたことは一度もありません。トゥトベリーゼは生徒に非常に厳しい、というのは、それは単なる小話です。確かに、私はことばの上では厳しいかもしれません。しかし、もし私が非難するとすれば、すなわち、それは私にとって他人事では無いということです。もし黙っていたら、もっと悪いでしょう。それは私が無関心、冷淡だということになります」。トゥトベリーゼはこのように語った。
 
文:アレクサンドル・チェルノーフ / 出典:ロシアフィギュアスケート連盟
 
  1. 2016/08/25(木) 02:26:34|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016/08/23 日本にアイスダンスは・・・ある? 〜その②〜

 http://www.sports.ru/tribuna/blogs/natalie/1026946.html
 
2016/08/23 日本にアイスダンスは・・・ある? 〜その②〜
 
====前回の続き====
ミラノで何回か試技スケートをやった後、ティモシー・コレトは将来の運命を決する重要な決断をした — バーバラ・フーザル=ポリのグループに移り、小松原美里とペアを組むことを。この時までに彼女もパートナーと別れ、新パートナーを探していた。
 
日本代表として滑るという決断は、彼らに必要な援助を授けるばかりでなく、今や二人の共通の夢となった2018年オリンピックへ出場するチャンスを広げることになる。
 
二人は多くの共通点を見出し、急速に相互理解を深めた。氷上はもちろん、氷以外でのスキルを磨くために、彼らは1分たりとも無駄にせず、一つ一つの機会を利用している。二人のペアは情熱に満ち、移籍による出場停止期間が終えたらすぐに自分たちのプログラムを披露出来るよう準備をしている。
 
来たるべきシーズン、彼ら自身が自らに名付けた「コマンドKoKo」は、私たちに次のプログラムを披露してくれる:ショートダンスは、クリスティーナ・アギレラ(Christina Aguilera)の「マーシー・オン・ミー(”Mercy on Me”)」と「キャンディマン(”Candyman”)、フリーダンスは、ルチア・ミカレリィ(Lucia Micarell)の「ノクターン/ボヘミアン・ラプソディ(”Nocturne/Bohemian Rhapsody”)。プログラムへの取り組みには、その振付けで既に定評のある著名なフィギュアスケーター、クリストファー・ディーンが積極的に参加している。
 
もしかしたら、まさにこの小松原/コレト組が、アイスダンスにおける日本待望の成功をもたらすかも知れない。
(筆者:Lucie)
 
  1. 2016/08/25(木) 01:47:04|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

2016/08/23 日本にアイスダンスは・・・ある? 〜その①〜

 http://www.sports.ru/tribuna/blogs/natalie/1026946.html
 
2016/08/23 日本にアイスダンスは・・・ある?
 
====Sports.ruのサイトの「論壇」に公開されているLucie さんという方のブログ「氷の魔法」から抜粋させて頂きます=====
 
日本のフィギュアスケーター達は大きな大会で、ありとあらゆるメダルを獲得しているばかりでなく、多くの観客の共感も得て久しい。もちろん、これはシングル種目に出場しているスケーターたちの話だ。何故に、天才的な浅田真央や羽生結弦・・・のような選手ばかり続くのだろう?
 
個人種目において日本人たちは常に強く、時として無敵なのに、他の種目では、常にパッとしないのは何故なのだろう。そんな疑問は、恐らく空疎だ。彼らは、明らかに現状のままでいるつもりはない。
 
もちろんフィギュアスケートファンたちは、ダンスデュエットのリード姉弟を良く覚えているが、キャシー・リードが現役を引退したために少し前に一緒に滑るのを終了した。彼女の弟のクリス・リードは、多くの厄介な怪我が次々と彼に降りかかったにもかかわらず、新しいパートナー村元哉中(カナ・ムラモト)と現役を続行した。
 
ペアを組んで最初のシーズンは十分に成功した:彼らは四大陸選手権で7位に入り、世界選手権は15位で終えた。彼らのペアは、エレメンツの技術的持ち札ばかりでなく、並々ならぬアーティスチックな能力でも、専門家ばかりかファンたちの注目を引いた。二人が、有名なマリーナ・ズーエワと一緒に働いているという事実は、それだけでも二人の明るい将来を確信させる。
 
しかしながら、来たるべきシーズンには日本のもう一組のアイスダンスペアとの出会いが私たちを待っている。小松原美里/ディモシー・コレト組だ。このペアはわずか数ヶ月前に結成されたのだが、フィギュアスケート界に彼らが何を出来るのかを披露する決意に既に満ちている。
 
二人ともアイスダンスの新人ではない。彼らは今まで別々の他の国の代表だったけれども、世界中のフィギュアスケート愛好家たちには、既に十分良く知られている。
 
美里は、元々は日本人だけれども、昨シーズン末までイタリアのアンドレア・ファッブリとのペアで、彼の故国を代表して滑っていた。2014年にペアを結成し、ミラノの有名なバーバラ・フーザル=ポリの指導の下成功したシーズンを送って来た。
 
最後のヨーロッパ選手権では21位だった。デュエットは、イタリアアイスダンスの競争を考慮に入れても、将来性があるものと見えていたから、彼らの解散は思いがけないものとなった。
 
ティモシー・コレトは、なかなか困難な運命を辿ってきた。コロラドスプリングスの生まれで、元シングルスケーターだが、2013年に韓国代表になるためミン・ユラとペアを組んだ。
 
ペアは将来有望と思われていた;四大陸選手権で10位になった後、成功が予言されていた。しかしながら、現役引退を表明したミンの主導で、協働は思いがけず突然に途絶えた。
 
ティモシーは、ノヴィのトレーニングベースに孤独に残り、新パートナーを探していた。その新パートナーになったのが、ノルウェーの元シングルスケーター、ティア・ラーベだった。
 
初めてアイスダンスペアを組むティアのさまざまな困難な状況を理解し、彼女の新種目への適応を援助しようと、コレトは、最大限の努力をした。残念ながら、ノルウェー史上最初のアイスダンスペアは、一シーズン保たなかった:必要な技術ミニマム点を獲得して選出されたヨーロッパ選手権の数週間前、ティア・ラーベが、健康状態のせいで現役引退を決断したのだ。
 
このようにしてティモシー・コレトは、再び一人になった。誇張ではなく、これほどまでに痛みを伴う、打ちひしがれるような運命の打撃にもかかわらず、彼は一瞬たりとも練習を止めず、自分の宿願 — オリンピックへの出場 — を実現すべくパートナー探しに再び立ち向かった。イーゴリ・シュピリバンドのグループと仕事をするためにノヴィにやって来たヤーナ・ホフロワと、彼はある期間、スキルを失わないために一緒に練習したほどだった。しかしながら、間もなく運命はティモシーに笑いかけた。・・・(続く)
  1. 2016/08/24(水) 03:12:00|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016/08/22 パトリック・チャンとキャシー・ジョンソンは、協働を停止した

 http://www.sports.ru/others/figure-skating/1043253039.html
 
2016/08/22 チャンとジョンソンは、協働を停止した
 
カナダのフィギュアスケーター、パトリック・チャンのコーチであるキャシー・ジョンソンは、チャンとの協働を停止したと公表した。
 
「私は、パトリック・チャンのコーチの職を退くという、切なく、難しい決断をしました。ここ4年間に私たちが達成した成功を私は誇りに思っていますし、パトリックの最良を願っています」。

IceNetwork筆者のAmy Rosewaterは、このようにジョンソンのことばを紹介している。
 
チャンは、2012年4月にジョンソンの下でのトレーニングを開始した。彼女は、チャンとともにバンクーバー郊外に移転すると予想されていた。
 
文:ynews  / 出典:IceNetwork筆者Amy Rosewaterのtwitter
  1. 2016/08/23(火) 11:24:09|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
    </