あれこれ

2017/01/29 マクシム・コフトゥン「僕は自分の滑りを楽しみ、そして人々に喜びをもたらしたと感じた」

 http://www.fsrussia.ru/intervyu/2778-maksim-kovtun-ya-naslazhdalsya-svoim-kataniem-i-chuvstvoval-kak-prinosil-radost-lyudyam.html
 
2017/01/29 マクシム・コフトゥン「僕は自分の滑りを楽しみ、そして人々に喜びをもたらしたと感じた」
 

====一部抜粋====
(オリガ・エルモーリナ、タチヤーナ・フレイド、マリーヤ・スタロヴェーロワ)
ヨーロッパ選手権二度のメダリスト、マクシム・コフトゥンは、オストラヴァでヨーロッパ選手権三つ目のメダル — もう一つの銀メダルを獲得した。演技の後、マクシムは外国の記者たちのインタビューに応じながら、多分五回位、『Happy,happy』と繰り返した。しかし、そのようなことばが無くても、それは見て取れた。この大会でコフトゥンは、別人のように見えた。
 
—マクシム、どうやらインナ・ゲルマーノヴナ・ゴンチャレンコはあなたに合う鍵を選び出したようですね?
 
「元々僕は常にたくさん練習していた。しかし、僕には人生の難しい時期があった。僕の前には、何かバリアが立ちはだかっていた。このバリアを乗り越えたなら良い。自分に課せられた課題を遂行出来て嬉しい。大体だが。なぜならルッツのミス(計画していた3Lz-1Lo-3Sの代わりに僕は2Lzを跳んだ)で10ポイント以上失ったから。なぜなら、このコンビネーションは非常に大切で、非常に大事だから。理論的には三本目になる四回転の代わりに、これを僕たちが組み入れたのは、それほど簡単じゃなかった。
 
エレメンツでほぼ全てレベル4を取れて嬉しい。技術的ステップシークエンスを除いて。それはレベル3だったがプラスが付いた。感情を最大限出せたし、今日僕は本当に自分の滑りを楽しみ、見ていた人々に喜びをもたらしたと感じた」。
 
—この大会へは、最適な身体的コンディションで準備出来たのですか?
 
「僕は練習では誰よりも出来が良いことは皆知っている。練習では全てが容易で、簡単に出来るのだが、競技会でこれら全てを見せるのが非常に難しい。しかし、今自分の滑りを以前のものと比較することはしたくない。そういったことは考えずに、前に進まなければならない」。
 
—マクシム、あなたにはあまりに長い間結果が期待されて、もう多くの人たちは、そもそもあなたは出来るのだろうか?と疑い出していました。自分に打ち勝ち、気持ちを整え、続けていくことはどれ程難しかったですか?
 
「もし、自分について言われている全てのことを聞いても、何にもならない。僕はいつだったか、あるフレーズを読んだ、どこでだったか覚えていないが。最初彼らはあなたを笑う。次に彼らとあなたは戦う。そしてその後あなたは彼らに勝つ。そのようなアルゴリズム(算法)だ。もし、誰が何を話しているのかを聞いたなら、15年位前、僕はエカテリンブルクに残っただろう。どこへも行かず、何もせず。しかし、僕は自分を信じた。全てを自分のやり方でやり、人生が示したように、全てを正しくやった。
 
あなたが何かの価値があることを皆に証明するのは、非常に難しい。非常に多くの人たちが顔をそむけ、期待を失った状況ではさらに難しい。そのような時、僕を助けたのは信頼だ。僕のコーチ、インナ・ゲルマーノヴナ・ゴンチャレンコやイリヤ・アヴェルブーフ、僕の振付師セルゲイ・ヴェルビロが限りなく僕を信じたし、信じていることが助けになった。最初僕がしかるべき結果を出せなくても、セルゲイは常に僕にSMSを書き、連絡を取ってくれた。
 
僕はこの信頼を、僕にとってとても大事な、まさにこの人たちの信頼を感じていた。そして多くを心配してくれたこれらの人々が、ただいたずらにそうしているのではないことを、僕は感じてもいた。ただ僕を信じているのではなく、僕の全てが上手く行くことを見ているし、知っているのだ。僕はあきらめてしまったことがたくさんあった。でも僕をすぐさま戦列に引き戻した。
 
僕自身、自分が若いのだし、諦めめければならない理由も、自分と戦い続けて一体何を失うのかということも分かっていた。もしかしたら、いつかこれは報われるだろうと。もし仕事を続ければ、負荷を増やすトレーニングの面でなく、内なる自分にたいして取り組めば、事は前進すると信じていた。もしトレーニングについて、原則的に変えたことについて言うとすれば、状況を根本的に変えるために、自分自身への取り組みを増やした」。
・ ・・
「このスタート直前も、出来るだけ良いパフォーマンスをすることが自分の願いで、少し鎮めなければならないと感じた。僕は横になって休んだ。寝ながら海辺のことを思い、フィギュアスケートとは関係のない楽しいことを考えた。僕は完全に安心していた。瞑想を学んだし、自分のなかに入り込み、寝入った。完全に休息し、自分は試合にいるのではないかのように頭が全てから離れた状態で目を覚ました。

リンクにやって来て、ウォームアップで少しずつ我に帰り始めた。5番滑走だから、ウォームアップではまだスタートに最大限焦点を合わせる必要がないことが分かっていた。やらなければならないことは、ただ落ち着いて全てを繰り返し、出来ればミスなくやり、十分に大きな呼吸をし、観客を感じ、見るために頭を真っ直ぐに保ち、世界に慣れ、周囲に慣れることだった。6分間練習の後もスケート靴を脱ぎ、最大限に集中し始めた。
 
その際僕は特に緊張しないようにし、喜びのために滑ろうと心を調整した。僕は笑って、ロッカー室でインナ・ゲルマーノヴナと冗談を言った。スタート5分前まで僕はただ座り、冗談を言っていた」。
スポンサーサイト
  1. 2017/01/31(火) 04:19:21|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017/01/29 アイスダンスのジャッジシステムは、容認しがたいアクロバティックな難しさから離れるために変更された。

 https://www.sports.ru/figure-skating/1047930954.html
http://www.sport-express.ru/figure-skating/reviews/papadakis-i-sizeron-vau-chempiony-1210157/
 
2017/01/29 アーラ・シェホフツォワ「アイスダンスのジャッジシステムは、容認しがたいアクロバティックな難しさから離れるために変更された」
 
====エレーナ・ヴァイツェホフスカヤの記事「パパダキスとシゼロン:『ワォー』となるチャンピオン」から一部抜粋。国際スケート連盟(ISU)技術委員会メンバー、アーラ・シェホフツォワが、アイスダンスの採点について語った箇所====
 
「実は、コーチたちは時として、個人的な考えに基づいて異議を述べています。規則に書いてあることに基づくのではなく。あなたが言及したフランス人たちのリフト(訳注:パパダキス/シゼロン組のリフトのことで、男性パートナーがスプレッドイーグルをして氷を進んでいる時に、女性パートナーは彼の膝にただ乗っている)は、実際に難しいものには見えませんし、私も、二人のアスリートから、身体的、あるいは同調性のための大きな消耗が要求されていないと認めます。
 
ただアイスダンスにおける難易度レベルの決定システムは、つい最近また変更されました。それに関してISUは特別コミュニケも出しました。
 
そのなかでは、難易度のレベルは、いわゆる≪フィーチャー≫(訳注:レベルの特徴を満たすための要点)で構成されると述べられています:ペアにレベル4が付くためには、男性パートナーに難しいポーズがある時、スケーターたちにリフトへの難しい入り方があった時、リフトからの難しい出方があった時、この三つの要点で十分です。この時、女性パートナー自身は、何もやらないことも可能なのです。
 
さらに言うとすれば、規則におけるこの変更は、全く意図的になされました — リフトにおける容認しがたいアクロバティックな難しさから離れ、ダンスにラインの美しさと美学を取り戻すためなのです」。
 
—ということは、統制の効かない一方的な高難度化への志向が、どのような袋小路に導く可能性があるかということを、ISUが理解しているということでしょうか?
 
「全くその通りです。アイスダンス技術委員会のなかでこのことが話されているのは、今に始まったことではありません。恒常的に議論が交わされています:正しいバランスをどこに見出すかと。アスリートたちが何らかの一つの方向に過度に傾倒することが顕著になってくれば、方策を講じ、規則を変更するための仕事がすぐに始まります。
 
またアイスダンスの技術委員会だけでなく、全ての技術委員会が、このような歪みが起きないように常時取り組んでいるのです」。
  1. 2017/01/30(月) 02:48:24|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017/01/28 エヴゲーニヤ・メドヴェージェワ「完全に落ち着いてフリープログラムに向かった」

 http://rsport.ru/figure_skating/20170128/1115506845.html
 
2017/01/28 メドヴェージェワは、完全に落ち着いて、フリープログラムに向かった
 
オストラヴァ、1月28日、R-Sport、エレーナ・ジヤチコーワ。
エヴゲーニヤ・メドヴェージェワは、ヨーロッパ選手権フリープログラムに、完全に落ち着いて、滑りから喜びを得ようという願いを持って出て行ったと語った。
 
メドヴェージェワは金曜日(27日)、2016年にブラチスラバで獲得したヨーロッパ女王のタイトルを防衛した。その上彼女は、フリープログラムの得点と、総合得点の二つの世界記録を樹立した。
 
「今日私は完全に落ち着いて、出て行きました。非常に強く緊張したとは言えません。神経の緊張は常にありますが — それが試合で、大舞台であれば、完全に当然のことです。しかし今日は、試合に出て行き喜びを得ることが分かっていました。
 
今日は結果に満足しています。大体、全体的に、今私はとても幸せです。やらなければならなかったことを全てやったという満足感があるか? 満足感があると言えます。今後の進歩? 可能性? どこが天井か? 向上に限界はありません!」 ヨーロッパ女王は、笑って答えた。
 
金曜日(27日)の朝の練習で4連続三回転ジャンプを跳んだメドヴェージェワによれば、3連続三回転ジャンプを跳んだロシア選手権の時のように、今回のフリープログラムでもそれをやる考えがあったと言う。
 
「ロシア選手権フリープログラムでやったことを繰り返す考えは、ありました。今日の朝のように、それを超えることも出来ました。しかし、今日の朝、私は最初の連続ジャンプで勢いよく転倒しましたから、無理にやらない方が良かったのです」。メドヴェージェワは、このように記者たちに語った。
  1. 2017/01/29(日) 02:50:05|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017/01/28 アレクセイ・ミーシン「自分が作ったジャンプシステムがコストナーに生かせるのかどうかを試している」

 https://www.sports.ru/figure-skating/1047903273.html
http://rsport.ru/figure_skating/20170128/1115507791.html
 
2017/01/28 アレクセイ・ミーシン「自分の作ったジャンプシステムがコストナーに生かせるのかどうかを試している」
 
イタリアのカロリーナ・コストナーのコーチ、アレクセイ・ミーシンは、ヨーロッパ選手権でのロシアの選手たちの成功を非常に喜んでいると語った。
 
コストナーは、出場停止処分の後氷に復帰して、金曜日(27日)、ヨーロッパ選手権で3位になった。エヴゲーニヤ・メドヴェージェワは、二つの世界記録を更新し、勝利した。ポゴリーラヤは、ヨーロッパ選手権で、初めて2位になった。
 
「私はロシアの女子選手たちの成功がとても嬉しい。二人のリーダーたち — メドヴェージェワとポゴリーラヤ — は、1位、2位だし、若いソーツコワも、接近している。ロシアチームは、非常にうまく行っている。
 
一方カロリーナ(・コストナー)は、非常に賢い女性だ。私は、ジャンプ教育のための自分の練習システムが、コストナーに生かせるのかどうかを試している。システムは機能している!」。ミーシンはこう語った。
 
  出典:R-Sport
  1. 2017/01/29(日) 01:17:13|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017/01/28 アンナ・ポゴリラヤ「私は何も恐れていませんでした」

 http://www.fsrussia.ru/news/2769-anna-pogorilaya-ne-boyalas-nichego.html
 
2017/01/28 アンナ・ポゴリーラヤ「私は何も恐れていませんでした」
 
アンナ・ポゴリーラヤはヨーロッパ選手権銀メダリストになった。滑りの後全体を振り返った:
 
—あなたは、(フリープログラムの後、氷上で)三回目のお辞儀をしてからやっと笑顔になることが出来ました。それほど緊張していたのですか、それともご自分の演技がヨーロッパの銀に届かないのではないかと恐れていたのですか?
 
「私は何も恐れていませんでした。特に滑りの後は。私はただ、演技のイメージから長いこと抜け出せないのです。そこに入り込むと」。
 
—それは良いことですか、それとも少し妨げになりますか?
 
「それは演劇的役作りのスキルです。自分の先生と一緒にまさにこの役作りの勉強していた時ですら、その後長いこと、30分位、私はその状態のままでした。今日は、これでも早くイメージから抜け出たほうです」。
 
—もしプログラムを技術的部分と役を演じた部分に分けるとして。そのそれぞれを評価してください。
 
「最初のルッツは理想的な入り方ではありませんでしたが、技術と意志力で私は遂行し、プログラムの難易度を上げることが出来ました。ルッツ-トウループの3-3を後半に持って行ったのですから。一方コンポーネンツの部分では、味わい深く見えるように、全てを明瞭にするために、プログラムが作成された通りに全てをやろうと努めました」。
 
—あなたは観客から暖かく受け入れられ、ショートプログラムの後にはとても大きなクマのぬいぐるみが贈られました。
 
「もし、もう一つあれが投げ込まれたら、私にはさらなる問題になるところでした — それをどうしようかと。だって、どうやってあれを運べば良いのか、私には分かりません。持って帰れるよう願っています」。
  1. 2017/01/28(土) 22:46:56|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017/01/27 マクシム・コフトゥン「僕たちは氷の上の何かを変えたというより、むしろ自分自身との仕事、内なる『自分』への取り組みを、より多く増やした」

 http://tass.ru/sport/3978339
https://www.sports.ru/figure-skating/1047886010.html
 
2017/01/27 マクシム・コフトゥン「僕たちは氷の上の何かを変えたというより、むしろ自分自身との仕事、内なる『自分』への取り組みを、より多く増やした」
 
ロシアのフィギュアスケーター、マクシム・コフトゥンは、ヨーロッパ選手権ショートプログラムでの自分の演技(94.53点、2位)についてコメントした。
 
「僕たちはこの大会に向けて、非常に落ち着いて、穏やかなテンポでアプローチして行った。僕たちは氷の上での何かを変えたというより、むしろ自分自身との仕事、内なる『自分』への取り組みを、より多く増やした。
 
今日僕は、滑りから喜びを得ようという気持ちだった。全てのエレメンツがレベル4で出来たことが、とても嬉しい。
 
今度は、この内面の心の状態を、フリープログラムに向けて維持しなければならない」。コフトゥンはこのように語った。
  1. 2017/01/28(土) 02:10:11|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017/01/27 ミハイル・コリャダ「ヨーロッパ選手権のようなレベルの大会で、『パンク』などしてはいけない」

 http://tass.ru/sport/3978223
https://www.sports.ru/figure-skating/1047883345.html
 
2017/01/27 ミハイル・コリャダー「ヨーロッパ選手権のようなレベルの大会で、『パンク』などしてはいけない」
 
ロシアのフィギュアスケーター、ミハイル・コリャダーは、チェコのオストラヴァで行われているヨーロッパ選手権ショートプログラムの演技についてコメントした。
 
ショートプログラムの滑りのなかで、コリャダーはトリプルアクセルがすっぽ抜け、83.96ポイント(4位)という成績になった。
 
「自分でもまだ何が起こったのか分からない — 練習ではこのようなことは、もう随分前から無かった。これは許しがたいことだ。
 
このようなレベルの競技会では、そもそも『パンク』などしてはいけない。もしかして、何らかの自信のなさというようなものが、自分のなかにまだあるのかもしれない」。
 
彼によると、フリープログラムの難易度を上げることはしないという。「ロシア選手権でのものと全く同じものをやるつもりだ」。コリャダーはこう語った。
  1. 2017/01/28(土) 01:27:28|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017/01/26 ドミートリー・ソロヴィヨフ「自分たちのショートダンスの滑りは、感情面で控えめだった」

 http://tass.ru/sport/3975404
 
2017/01/26 ドミートリー・ソロヴィヨーフ「ヨーロッパ選手権での自分たちの滑りは、感情面で控えめだった」
 
オストラヴァ(チェコ)、1月26日、TASS特別特派員オレーク・コーシェレフ。
オストラヴァのヨーロッパ選手権ショートダンスでのエカテリーナ・ボブローワ/ドミートリー・ソロヴィヨーフ組の滑りは、感情面で控えめだった。ソロヴィヨーフが、このような考えを記者たちに語った。
 
ボブローワ/ソロヴィヨーフ組は、76.18ポイントを獲得し、ショートダンス終了時点で2位となっている。
 
「今日の僕たちの滑りは、技術的に非常に集中して、感情がそれ程表現出来ていなかったと感じた。両方の面を望んでいるのだが。
 
僕たちは得点というより、自分たちの個性が全てのジャッジに気に入って貰えるようにと取り組んでいる。多くのジャッジたちがいて、そのそれぞれが、自分の考えで言いがかりをつけ、あれやこれやのエレメントや、あるいはプログラム全体に対しそれぞれの見解を持っているのだから」。このようにソロヴィヨーフは語った。
 
首位に立っているのは、イタリアのアンナ・カッペリーニ/ルカ・ラノッテ組(76.65)で、3位はフランスのガブリエラ・パパダキス/ギヨーム・シゼロン組(75.48)だ。(訳注:この後ISUの発表で、カッペリーニ/ラノッテ組の演技を見直した結果1ポイントマイナスすることになり、2位となり、ボブローワ/ソロヴィヨーフ組が首位になっています。)
 
「これからイタリアの組は、上がり調子で滑るだろうし、フランスの二人はエレメンツに集中しようとするだろう。僕たちは、ただ自分たちが出来ることを、幾度となく既に見せて来たように、滑る必要がある。
 
僕たちには多くの試合経験があり、十分経験を積んできたペアなのだから、集中出来る筈だ。僕たちにとって重要なことは、感情面で良い状態で試合に臨むことだが、それも巻きすぎて度を超さずに、そしてエレメンツに集中したままにもならないことだ」。ソロヴィヨーフはこう強調した。
 
フリーダンスは土曜日(28日)に行われる。

*****     *****     *****
(参考)
http://rsport.ru/figure_skating/20170127/1115461167.html

 

2017/01/27 アレクサンドル・コーガン「審判たちには、カッペリーニ/ラノッテ組の得点を見直す権利がある」

 

オストラヴァ(チェコ)、127日、R-Sport、エレーナ・ジヤチコーワ。

フィギュアスケートヨーロッパ選手権ショートダンスにおけるイタリアのアンナ・カッペリーニ/ルカ・ラノッテ組の演技結果を見直す権利を、テクニカルグループは持っていた。彼らの得点は、規則に従って減点された。ロシアフィギュアスケート連盟CEOアレクサンドル・コーガンはこのように語った。

 

カッペリーニ/ラノッテ組は、ショートダンスで76.65ポイントを獲得し、首位に立っていた。しかし彼らの得点の見直し後、1ポイント減点され、エカテリーナ・ボブローワ/ドミートリー・ソロヴィヨーフ(76.18)に次ぐ、2位となった。

 

「イタリア人たちは、禁止されたエレメントによって1ポイント減点された。テクニカルグループは規則に基づき、自分たちの評価を見直した。彼らにはその権利がある。禁止エレメントのせいで、イタリア人たちは1ポイント減らされた」。コーガンはR-Sport特派員にこう語った。

 

フリーダンスは、128日に行われる。


  1. 2017/01/27(金) 03:13:50|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017/01/25 マリーヤ・ソツコワ「とうとう私は70点を超えた」

 http://www.fsrussia.ru/news/2738-mariya-sotskova-nakonets-ya-perestupila-otmetku-v-70-ballov.html
 
2017/01/25 マリーヤ・ソーツコワ「とうとう私は70点を超えた」
 
(マリーヤ・スタロヴェーロワ)
マリーヤ・ソーツコワはヨーロッパ選手権ショートプログラムで4位(72.17)だった。
 
「滑りには満足しています。国際試合でとうとう70点を超えました。プログラムをクリーンに滑ることが出来て良かったです。感情面でも最大限を伝えることが出来たと感じています」。
 
—現時点でもっと高い点数を出すためには、何が足りないと思いますか?
 
「もし私と、例えばカロリーナ・コストナーを比べるとすれば、彼女にはより大人の滑りがあります。コンポーネンツの面では、彼女は私よりずっと強いです。しかし、そのためにも、試合ごとに成長し、まさにコンポーネンツで高い点数を取れるように、私は滑っているところです。
 
エレメンツはやっているのですから、私にとって今もっとも重要なことは、エレメンツを維持しつつ、氷上でお手本のように見えるよう、コンポーネンツでもっと成長することです。
 
私は現実的に状況を見ていますから、ショートが終わった時点でこのような順位配列になったことには、全く何の戸惑いもありません。カロリーナは私に勝って(訳注:0.23ポイントの差)当然だと思っています。彼女の滑りは私にとってお手本ですし、私は彼女を崇拝していますから、驚きはありません」。
 
—カロリーナの滑りを見ましたか?
 
「いいえ、彼女はとても早く滑りましたから。明日と明後日は彼女と一緒に滑るでしょう。ことばに出来ないくらいそれが嬉しいです。ですから、見るチャンスがあるでしょう。明日がとても待ち遠しいです」。
  1. 2017/01/27(金) 00:14:52|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017/01/26 エヴゲーニヤ・タラーソワ/ウラジーミル・モローゾフ組「世界記録のことなど考えずに、ただ一試合ごとに成長していく」

 http://www.fsrussia.ru/news/2745-evgeniya-tarasova-vladimir-morozov-o-mirovom-rekorde-ne-zadumyvaemsya-prosto-pribavlyaem-ot-starta-k-startu.html
 
2017/01/26 エヴゲーニヤ・タラーソワ/ヴラジーミル・モローゾフ組「世界記録のことなど考えずに、ただ一試合ごとに成長していく」
 
(オリガ・エルモーリナ)
オストラヴァのヨーロッパ選手権ペアスケート競技で、ロシアのエヴゲーニヤ・タラーソワ/ヴラジーミル・モローゾフ組は、自己ベスト記録の80.82ポイントを獲得し、首位に立っている。演技の後、彼らがコメントしてくれた。
 
—あなた方はグランプリファイナルの優勝者ですから、新しいステータスでヨーロッパ選手権に来ています。このことはオストラヴァでの演技にどのように影響しましたか?
 
エヴゲーニヤ:「このことは一層の確信を与えてくれています。第一に自分自身への確信です。私たちは喜びを持って滑りましたし、全てのエレメンツをやり切るように努めました。私たちはヨーロッパ選手権の前に、非常に充実した合宿を行い、そこで沢山の仕事をしました。ご覧のように、結果につながりました」。
 
—あなた方のライバルたちがミスを犯したことはご存知でしたか?
 
エヴゲーニヤ:「いいえ、私たちは滑りを見ていませんでした」。
 
ヴラジーミル:「僕たちはライバルたちの演技は見ない。僕たちは僕たちで自分たちのことをやり、誰のことも見ないし、誰の失敗も望んでいない」。
 
—シーズン最良の結果は、ロシア選手権からヨーロッパ選手権までにやった仕事の成果ですか?
 
ヴラジーミル:「全ての総和だ。僕たちはシーズンごとに前進しているし、ショートプログラムも、フリーも試合ごとにだんだんと良い点数を得ている。特にこの間の準備だけのものではない。ただ、ヨーロッパ選手権前の準備は良いものだったし、相当なものだった。僕たちは多くの仕事をやった」。
 
—あなた方は世界記録に近づいているという感じがします。自分たちにそのような目標を置いていますか?
 
ヴラジーミル:「具体的に世界記録というのは、無い」。
 
エヴゲーニヤ:「私たちは自分の仕事をしていれば、世界記録に近づいていくでしょう」。
  1. 2017/01/26(木) 21:40:23|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ