富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ あれこれ 2017年08月05日

あれこれ

2017/08/04 マリーヤ・ソツコワの新ショートプログラムは、「白鳥の湖」のワルツ

https://www.sports.ru/figure-skating/1054182508.html

2017/08/04 マリーヤ・ソーツコワの新ショートプログラムは、「白鳥の湖」からのワルツで作られた

コーチのエレーナ・ブヤーノワは、ロシアのフィギュアスケーター、マリーヤ・ソーツコワの新ショートプログラムは、「白鳥の湖」からのワルツで作られたと語った。

「ピョートル・チェルヌィショーフが、このワルツを提案しました。私とイーラ・タガーエワにとって、これは非常に思いがけないものでした。だって『白鳥の湖』のワルツ — それはとても壮大で、流れるような音楽です。

マーシャにそれが合うのかと、私たちは確信が持てませんでした。しかし、ピョートルは、『マーシャは透明感があり、ふんわりした人だから、このイメージは彼女のものだ』と言いました。全てが上手く出来て行き、マーシャがワルツを受け容れると、プロセスはより迅速に動き出しました。

ソーツコワのなかで私が気に入っているところは、彼女はプログラムを、コーチと振付師がセッティングしたものとして単に実行するのではなく、彼女自身がプログラムを飾ることです。彼女はそれをすることが出来るのです。

マーシャは、昨シーズンと比較すると、外貌がとても変わりました。大人になって、会場とより交歓するようになりました。以前ソーツコワは、雪の女王のようでしたし、そこに彼女の魅力もありました。私は彼女のなかの伯爵然としたところと、その最小限の情動が好きでした。

しかし、『伯爵令嬢』は大人になりつつあり、この端正さが徐々に彼女の内部に押しやられ、外にこぼれ出ることがますます少なくなっているのです。そしてマリーヤのなかでコミュニケーションと開放性がより大きくなっていることを、私はとても好ましく思っています」。ブヤーノワはこのように語った。

文:マリーヤ・セレンコワ / 出典:R-Sport

スポンサーサイト
  1. 2017/08/05(土) 02:42:00|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017/08/04 エレーナ・ラジオノワのフリープログラムは、Historia de un Amor(ある恋の物語)

https://www.sports.ru/figure-skating/1054182707.html

2017/08/04 オリンピックシーズンのためのラジオーノワのフリープログラムは、《Historia de un Amor(ある恋の物語)》で作られた

ロシア功労コーチ、エレーナ・ブヤーノワは、オリンピックシーズンにおけるエレーナ・ラジオーノワのプログラムについて語った。

—ショートプログラムは、前のものを残しましたね。

「そうです。しかしそれには仕上げるべきものがありました。多少変えようとしていますし、多くの時間をステップとスピンに割きました」。

—ラジオーノワのフリープログラムは・・・

「《Historia de un Amor(ある恋の物語)》です。私たちのそれは、若干変わったアレンジで、ステップの中途から、それは古典的なバージョンとは異なっていくのです」。

—あなたが曲を選んだのですか?

「全員で選びました — レーナ、私、タチヤーナ・アナトーリエヴナ・タラーソワ、イーラ・タガーエワ、シェイ=リーン・ボーン・・・始めはシェイ=リーンが送ってきたフリーのための音楽の全てを私たちが気に入った訳ではなかったのです。しかし、この『ある恋の物語』は私にも、タラーソワにもすぐに気に入りました。シェイ=リーンは聞き入れて、同様に賛同したのです」。

—テクニカルスペシャリストは何と言いましたか?

「プログラムの技術的要素に関する必要な勧告をしてくれました。ステップシークエンスやスピン — 彼らには全てが注意の対象です」。

出典:R-Sport

  1. 2017/08/05(土) 00:23:17|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
    </