楽天市場 あれこれ 2021年10月
fc2ブログ

あれこれ

2021/10/30 インナ・ゴンチャレンコ 「ワリーエワは私たちに神聖な滑りを贈ってくれました。恐らく、これは過去10年くらいのショートプログラムの中で、最高のものでしょう」

https://www.sports.ru/figure-skating/1102696649-inna-goncharenko-valieva-odarila-nas-bozhestvennym-prokatom-v-korotkoj.html

2021/10/30 インナ・ゴンチャレンコ 「ワリーエワは私たちに神聖な滑りを贈ってくれました。恐らく、これは過去10年くらいのショートプログラムの中で、最高のものでしょう」

フィギュアスケートコーチのインナ・ゴンチャレンコは、グランプリカナダ大会でのロシア女子選手たち、カミーラ・ワリーエワ、アリョーナ・コストルナーヤ、エリザヴェータ・トゥクタムィシェワのショートプログラムのパフォーマンスについて意見を述べた。

「ワリーエワは大変趣味の良い滑りを見せました。とても質が高い滑りで、微妙なニュアンスに至るまで、それはもう現実のものとは思えない程でした。あり得ない程質的で、あり得ない程生き生きとして、技術的にあり得ない程難しい滑り。結合不可能な結合。

それだけでも大きなものだったのに、それらにさらに、バレエ的動き、表現性、ジャンプの高さが加わりました。プログラムは、難しい動きで満ちていました:最も高い位置での手の保持、体幹の働き、そして両手を上げての高いコンビネーションジャンプは、幅があり、出は高速でした。それは理想的で、全てのコーチが夢見るような到達度でした。

もちろん、完璧に際限はありませんし、プログラムをさらに難しくすることが出来ることは理解していますが、現時点でワリーエワは私たちに神聖な滑りを贈ってくれました。恐らく、これは過去10年くらいのショートプログラムの中で最高のものでしょう」。

「アリョーナは体重を減らしましたから、当然、軽快に見えるようになりました。彼女は短期間で痩せて、鋭く、高く上がってジャンプするようになったことが見て取れます。

このプログラムは、間違いなく、前のプログラムよりも良いものです。コスチュームもより似合っていますし、音楽も、表現の面で彼女自身にとってより滑り易いと、私は感じます。もちろん、とても良い滑りでしたが、全ての点で本当に小さなニュアンスで勝ちが決まるような、強いライバルたちがいる場面では、コストルナーヤはまだ滑り込みが不足していると言えます。

しかし、今後、自分のプログラムでより自信を持つでしょう。でもカナダで彼女は既に大きな前進をしました。トリプルアクセルが順調で、ジャッジたちは四分の一の回転不足だけを付けました。それ以外の全ては、彼女は非常に良かったです」。ゴンチャレンコはこのように指摘した。

「ショートプログラム全体を見て言えることは、大会は本当に良い、公正な審判をしていると思います。審判に関して私には何の疑問も起こりませんでした。

リーザ・トゥクタムィシェワは、何の問題も無い、最高にクリーンなトリプルアクセルを披露しました。良かったことに、私が願っていた通りに、彼女はプログラムを《ゆるめる》ことをしなかったので、当然にも高得点を得ることが出来ました。トゥクタムィシェワに私が言えることは、《その調子で頑張る》ように、ということだけです」。R-Sportはこのようにゴンチャレンコのことばを伝えている

文:リナ・ロツィク  / 出典:R-Sport

スポンサーサイト



  1. 2021/10/31(日) 02:13:00|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2021/10/24 トゥトベリーゼはタラソワ/モロゾフ組をグランプリで(3年ぶりの)勝利に導いたが、主要な歓喜は、ボイコワ/コズロフスキー組を破った日本人たちだ

https://www.sports.ru/tribuna/blogs/figureice/2978350.html

2021/10/24 トゥトベリーゼはタラーソワ/モローゾフ組をグランプリで(3年ぶりの)勝利に導いたが、主要な歓喜は、ボイコワ/コズロフスキー組を破った日本人たちだ

====Sports.ruの《トリビューン》欄に掲載されたブログ《フィギュアの氷》より一部抜粋====

フィギュアスケートグランプリアメカ大会で、最初のメダルが決まった。ロシアのペアは金、銀メダルを賭けて戦ったが、ワンツーフィニッシュとはならなかった。

エヴゲーニヤ・タラーソワ/ウラジーミル・モローゾフ組は、他を引き離して勝利したが、何とアレクサンドラ・ボイコワ/ドミートリー・コズロフスキー組は、予想に反して日本人たちの後塵を拝した。

エテリ・トゥトベリーゼが同伴すれば、タラーソワ/モローゾフ組は負けない。8月、アメリカの小さな大会クランベリー・カップで彼らは勝利した。フィンランディア・トロフィーでは、このペアは2位だったが、その時エスポーに同伴したのは、ダニイル・グレイヘンガウスだけだった。

エテリは、ラスベガスでのグランプリ第1戦に飛んで行き、自信を授けた。エヴゲーニヤ/ウラジーミル組のショートはほぼ申し分なく、世界記録まであと2ポイントに迫った。この記録保持者のアレクサンドラ・ボイコワ/ドミートリー・コズロフスキー組は、1位から5ポイントの差を付けられた。3位に入ったのは、日本人の三浦璃来/木原龍一組だったが、彼らは今シーズン間違いなく、リーダーたちに戦いを強いるだろう。

フリープログラムでは、トップ3の中で最初に氷に出て行ったのは、正にその三浦/木原組だった。ショーン・フィリップスの歌Womanに乗せた、心を揺さぶる演出は、文字通りの痛いミスによっても損なわれなかった:女性パートナーは、スロージャンプで転倒し、リンクサイドにめり込んだ。璃来は、膝を打ち傷つけた。

日本人たちは動揺も見せずに、パフォーマンスを続行した。滑り終わると彼らは微笑んだが、得点を見ると、わが目を信じなかった。

「なんて素敵なのだ! 私はここに座り、全てのペアのコメントをして来た ― われわれは何か言わなければならないのだが、私は今、文字通り最初の和音から、最初のジェスチャーから、彼らのパフォーマンスに完全に入り込んでいた ― 彼らは正しかった、彼らはわざとらしくなかった、彼らは自分たちの心から滑っていた。この大会で、私はこのペアの信奉者になった。画面を通して彼らから幸せが飛んで来たのだ」。イリヤ・アヴェルブーフは、第1チャンネルのテレビ中継の中で、このように称賛した。
・・・

  1. 2021/10/26(火) 00:09:51|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2021/10/24 タチヤナ・タラソワは、グランプリアメリカ大会のネイサン・チェンの滑りの後で眠ることが出来なかったと語った

https://www.championat.com/figureskating/news-4492611-tarasova-priznalas-chto-ne-smogla-usnut-posle-prokata-chena-na-etape-gran-pri-v-ssha.html

2021/10/24 タチヤーナ・タラーソワは、グランプリアメリカ大会のネイサン・チェンの滑りの後で眠ることが出来なかったと語った

ソ連邦功労コーチ、タチヤーナ・タラーソワは、グランプリシリーズ第1戦アメリカ大会での、三度の世界チャンピオン、ネイサン・チェンのパフォーマンスについてコメントした。チェンは2018年ピョンチャンオリンピック以降公式戦で初めて敗北し、3位となった。勝利したのは、彼の同国人、アメリカのヴィンセント・ジョウだった。2位には日本の宇野昌磨が入った。

「ネイサン・チェンは、久方ぶりに負けましたが、しかし、彼のプログラムは秀でたものです! 私の考えでは、最高のプログラムです! それはモーツァルトの音楽への並外れた浸透であり、それへの深い沈潜です。彼が今回跳ばなかった四回転ルッツとサルコウを跳ぶとすれば ― 全ては異なって見えるでしょう。

彼のルッツは理想的ですが、彼はそれを跳びませんでした。彼はダブルルッツを跳び、そこで少なくとも12ポイント、あるいは全部で14ポイント失いました。サルコウも跳ばなかったのでさらに6ポイント失いました。これがこのアメリカのアスリートの失点です。

勝利した男子選手は、クリーンに滑りました。ジョウは良くやりました! しかし、チェンは・・・私は一晩中眠ることが出来ませんでした。何というプログラムを彼は滑っているのでしょう! 感動がいつまでも止まなかったのです。若者たちに、お祝いと感謝を伝えたいです」。タラーソワは、《チャンピオナート》特派員サラワト・ムルタズィンにこのように語った。

  1. 2021/10/25(月) 00:27:39|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2021/10/17 タチヤナ・タラソワは、ハンガリー、ブダペスト・トロフィーでのマイヤ・フロムィフの勝利を評価した

https://www.championat.com/figureskating/news-4485649-tatyana-tarasova-ocenila-pobedu-maji-hromyh-na-turnire-budapest-trophy-v-vengrii.html

2021/10/17 タチヤーナ・タラーソワは、ハンガリー、ブダペスト・トロフィーでのマイヤ・フロムィフの勝利を評価した

ソ連邦功労コーチ、タチヤーナ・タラーソワは、《チャレンジャー》シリーズ大会、ハンガリーのブダペスト・トロフィーでの女子シングル競技の結果についてコメントした。

シニアの国際大会にデビューしたマイヤ・フロムィフは、フリープログラムの勝利のお陰で、世界女王アンナ・シェルバコーワに打ち勝った。3位には、もう一人のロシア女子選手のソフィア・サモドゥーロワが入った。フロムィフは2本の四回転ジャンプ(1本はミス)を跳び、シェルバコーワは唯一の四回転フリップで転倒した。

「ロシアの女子選手は皆同様のジャンプ構成を跳んでいます:彼女たちは実質100パーセントそれを習得しました。現在、さまざまな四回転を学んでいるところです・・・ですから勝つのは、まさに転倒なしに四回転を跳んだ選手たちになるでしょう。

全てを決めるのは四回転ジャンプだと理解してください。男子選手たちではそれは言えないかもしれませんが、女子選手たちに限って素直な目で見れば、このことは明白です。

ロシアの卓越した女子アスリートであり、世界女王のアンナ・シェルバコーワが転倒しました。一つのミスが四回転フリップでした・・・跳びましたが転倒しました。その代わり、素晴らしい滑りをしている女子が勝利しました。彼女のことは誰も知らないかもしれませんが、しかし、彼女は四回転トウループ-三回転トウループのコンビネーションを遂行しました。確かに一つのジャンプは失敗しましたが、それにもかかわらず1位になりました。フロムィフは良くやりました! 彼女はとても良いプログラムを持っています。私はとても気に入っています」。タラーソワは、《チャンピオナート》特派員サラワト・ムルタズィンに、このように語った。

[参考] ブダペスト・トロフィーの女子シングル結果
1. マイヤ・フロムィフ(224.91)
2. アンナ・シェルバコーワ(222.73)
3. ソフィア・サモドゥーロワ(190.91)

  1. 2021/10/18(月) 15:11:44|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2021/10/13 アレクサンドラ・トルーソワ 「世界で5本の四回転を跳んでいるのは、ほかに二人の男子選手だけです。もちろん、彼らよりも多く跳べるよう頑張ります」

https://www.sports.ru/figure-skating/1102117656-aleksandra-trusova-pyat-chetvernyx-prygayut-v-mire-vsego-dva-cheloveka.html

2021/10/13 アレクサンドラ・トルーソワ 「世界で5本の四回転を跳んでいるのは、ほかに二人の男子選手だけです。もちろん、彼らよりも多く跳べるよう頑張ります」

フィギュアスケート世界選手権2021の銅メダリスト、アレクサンドラ・トルーソワは、どのようにして四回転ジャンプを跳び始めたかを語った。

「私がフィギュアスケート界にやって来たばかりの時は、何をやるべきなのか分かりませんでした。時が経つにつれて、自分は向上したいのだ、誰もやっていないことをやりたいのだと分かりました。ですから四回転ジャンプを学び、さらに向上しようと努め、だんだん多くそれらを組み入れて行ったのです。記録を打ち立てたいし、もちろん、試合で勝とうとしています」。

―つい最近、チェリャービンスクでもっとも伝説的なテストスケートが行われました。そこであなたは、フリープログラムで5本の四回転ジャンプを跳んだのでした。どのようにしてこのパフォーマンスに漕ぎつけたのか、まさにあの日に何故遂に全てが上手く行ったのかをお話しください。

「私がプログラムの中で5本の四回転を跳ぶことに挑戦して、もう三シーズン目になります。昨シーズンと一昨年シーズンでは、5本の四回転に挑戦したのは、一試合ずつしかありませんでした。

今年はシーズン冒頭から5本の四回転を組み入れることを決心し、そのような構成で常に滑ることを決心したのです。ですから、休暇明けとほぼ同時に、四回転ジャンプを跳び始めました。滑り込みに間に合うようにと。ですから、5本の四回転が跳べたのがテストスケートの一回だけということにならないように、試合でも上手く行くことを願っているのです」。

―フィギュアスケートは、慣習的、伝統的に男子と女子のスポーツ種目ですが、そこであなたが現れて、これまで女子には一般的ではなかった四回転ジャンプを跳び始めました。あなたは、固定観念を打ち壊したことにもなりますね。

あなたにとって、自分が望むことを氷上でやるという権利に値するものは、あのように四回転を跳ぶことだったのでしょうか 先日のテストスケートの後だったと思いますが、誰かがあなたのパフォーマンスについてコメントし、あなたは男子たちとも戦うことが出来ると言いました。それに対してあなたは、ペアでも出来ます、全て可能ですと言いましたね。

「私が四回転を跳ぶ、たくさん跳ぶと決心したことで、もちろん、私は非常に奇妙な目で見られました。何故なら、5本の四回転を跳んでいるのは、世界で他に二人、二人の男子選手だけなのですから。もちろん、彼らよりも多く跳ぼうとしています、私の願いです。

もちろん、女子のフィギュアスケートでは今に至るまで、ショートプログラムで跳ぶことは出来ません。フリーでは、どんな四回転でも出来るのですが、ショートではアクセルだけです。ですから、いつかこの規則が変わることを願っています」。マリーヤ・コマンドナヤとパーヴェル・オソフツォーフのポッドキャスト《コローチェ》でトルーソワはこのように語った。

文:リナ・ロツィク  / 出典: ポッドキャスト《コローチェ》


  1. 2021/10/14(木) 01:14:27|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2021/10/10 カミーラ・ワリーエワ 「試合で初めて四回転サルコウが跳べました。ですから、悲しい面よりも嬉しい面の方が大きいです」

https://www.sports.ru/figure-skating/1102035302-kamila-valieva-vpervye-na-sorevnovaniyax-sdelala-chetvernoj-salxov-poe.html

2021/10/10 カミーラ・ワリーエワ 「試合で初めて四回転サルコウが跳べました。ですから、悲しい面よりも嬉しい面の方が大きいです」

ロシアのフィギュアスケーター、カミーラ・ワリーエワは、Finlandia Trophyでの自分のパフォーマンスについてコメントした。Sports.ru特派員マイヤ・バグリャンツェワが伝える。

フリープログラムでワリーエワは、トリプルアクセルで転倒したが、3本の四回転ジャンプを跳んだ:サルコウのソロジャンプ、コンビネーションで2本のトウループ。彼女は優勝し、フリープログラムの得点、技術点、二つのプログラムの合計点の3つの世界記録を打ち立てた。

―自分の滑りに満足していますか? プログラムの最後にあなたは勝利をものにしたように両手を突き出しましたが。

「たとえ一つのジャンプが上手く行かなかったとしても、その後集中し、その後練習通りに上手く滑れたことが、とても嬉しいです。それに加えて、試合で初めて四回転サルコウを跳べました。ですから、演技では私にとって悲しい面よりも、嬉しい面の方が大きかったです」。

―昨日のショートのトリプルアクセルは、今日のような攻撃性が不足していたのではないですか?

「今は自信が不足しているのです。私はトリプルアクセルに、まあそれ程攻撃的には入らなかったのは、まだ、アクセルに自信があるとは言えないからです。でも次の大会までには、全てを成し遂げられるよう頑張ります」。

―アクセルに入る時に、何か違うと分かったのですか?

「あまりにも慎重に入っているなと分かりました。つまり、もうその時既に危険信号が鳴っていました」。ワリーエワはこのように語った。

文:リナ・ロツィク  / 出典:Sports.ru

[参考] Finlandia Trophyでのカミーラ・ワリーエワのショートプログラム(3位)
https://www.youtube.com/watch?v=I5JROSPavrY

[参考] Finlandia Trophyでのカミーラ・ワリーエワのフリープログラム
https://www.youtube.com/watch?v=WQKfHXbUZqE

  1. 2021/10/12(火) 19:28:18|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2021/10/09 エリザヴェータ・トゥクタムィシェワ 「今日は緊張したが、やってきた練習がものを言った」

https://www.sports.ru/figure-skating/1101992782-elizaveta-tuktamysheva-bylo-volnenie-segodnya-no-ta-rabota-kotoraya-by.html

2021/10/09 エリザヴェータ・トゥクタムィシェワ 「今日は緊張したが、やってきた練習がものを言った」

ロシアのフィギュアスケーター、エリザヴェータ・トゥクタムィシェワは、Finlandia Trophyでのショートプログラムの演技(1位、二つのプログラム合計では2位だった)についてコメントした。Sports.ru特派員マイヤ・バグリャンツェワが伝える。

―朝の通し滑りで氷に出て行く時に、あなたは非常に自信を持っているように見えましたが?

「良い練習が出来ている時には、何となく警戒します。ですから、試合ではあらん限りの全ての集中力を使います。だって、練習の時と同じように良いパフォーマンスをしたいですから。

ですから、今日は緊張しましたが、やってきた仕事、これらの練習が、ものを言いました。緊張して出て行っても、良い滑りが出来るのだと。

今回はシーズン始めですから、世界選手権の時ほどの自信はまだ無いと言えます。今は、この自信をさらに深めるよう働かなければなりません。しかし、私は満足しています。

フリップを跳んだ後、自分の全てを、全ての魂を、私たちが何度も練習して来たことの全てを込めようとしました ― ステップシークエンスも、スピンも。今日のスピンには、とても満足しています。私は正にここでとても良く持ちこたえました。そして、滑りを思い切り楽しみました。自分に打ち勝ったことが本当に嬉しかった。滑ることで、最高の気分を味わいました。

会場は本当に素晴らしく、観客もとても多くて、私はこの感覚をとても恋しく思っていました。ただ嬉しくて、最後は感情の嵐でした。

―シーズン前に、コスチュームの変更が何度かあったようでしたが。何故、何度も変えたのですか?

「いいえ、そのようなことはありませんでした。ペテルブルクでの非公開の演技でのコスチュームの写真は、試しのものだったのですから公開すべきではありませんでした。その衣装で滑るつもりはありませんでした。私たちはただ実験しただけで、それがどう見えるかを試してみても良いかなと判断したのです。

しかし、これについてはその後口にしませんでした。衣装をめぐって大きな騒ぎになったからです。でも私は、最初の非公開の滑りの時から、自分の衣装は別の東洋的なものになることを分かっていました。これで皆に状況が分かって頂けたらよいのですが」。

―それでは、今回の衣装は? シーズン中残すのですか?

「はっきりとは分かりませんが、多分、気分によって新しい何かを作りたくなるかもしれません。シーズンは長いですし、どんな女性でも、時々、自分の服を変えたくなるし、何か別のものを試したくなるでしょう。もし上手く行かなければ、いつだって良いバージョンに戻れるのですから」。

―試合の日に良い状態で出て行くための、何かの儀式はありますか?

「働くシステムがあります。実際私には既に15年の試合経験があるのですから、そのようなシステムが出来上がらない方が不思議でした。私たちは全て計画に沿って、全ていつも通りに、練習しウォームアップするのです。全ては私の状態にかかっていますから、様子を見ます。これは、もう経験です」。トゥクタムィシェワはこのように語った。

文:マリーヤ・ヴェリーチコ  / 出典: Sports.ru

[参考] Finlandia Trophyでのトゥクタムィシェワのショートプログラム
https://www.youtube.com/watch?v=gmDTKcuLa0s

[参考] Finlandia Trophy でのトゥクタムィシェワのフリープログラム
https://www.youtube.com/watch?v=9bOxbT6dN8s

  1. 2021/10/11(月) 15:55:24|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2021/09/28 ミハイル・コリャダーのショートプログラムは、ミハイル・バリシニコフに捧げられている

https://rsport.ria.ru/20210928/kolyada-1752143436.html

2021/09/28 コリャダーのショートプログラムは、ミハイル・バルィーシニコフに捧げられている

モスクワ、9月28日、RIAノーヴォスチ、アナトーリー・サモフヴァーロフ。
三度のフィギュアスケートロシアチャンピオン、ミハイル・コリャダーのオリンピックシーズンにおけるショートプログラムは、ソヴィエトのバレエダンサー、ミハイル・バルィーシニコフに捧げられていると、コーチのアレクセイ・ミーシンがRIAノーヴォスチに語った。

コリャダーのショートプログラムは、振付師イリヤ・アヴェルブーフが、ピョートル・チャイコフスキーのバレエ音楽 ”くるみ割り人形“を使い振付けた。コリャダーはこの作品を、10月7日に、エスポーでのフィンランディア・トロフィー大会で初披露する。

「イリヤ・アヴェルブーフがミーシャのためにショートプログラムを作ったが、それを仕上げるにあたっては多くの専門家たちを招き、バレエペテルブルク流派の特徴と伝統を強調しようとした。

われわれはこのプログラムを、ペテルブルクバレエの偉大な体現者であるミハイル・バルィーシニコフに捧げている。プログラムのスタイルは、主としてバルィーシニコフのバレエの動作法に基づいて形成されている」。ミーシンはこのように語った。

「われわれはシーズン始めから、ショートプログラムの幾つかのバージョンをテストして来たが、現在の彼のプログラムは ”くるみ割り人形“だ。何故なら、チャイコフスキーの音楽に相応したそのプログラムの動作法が、最も興味深く、コリャダーには新機軸であるからだ」。コーチはこのように説明した。

[参考] ミハイル・バルィーシニコフの舞台
https://www.youtube.com/watch?v=o02Ke0eIyLw

[参考] テストスケート時のミハイル・コリャダーのショートプログラム。
この時は、ルチアーノ・パヴァロッティが歌う ”カルーソ“だった。
https://www.youtube.com/watch?v=FXmWhlXHoGk

  1. 2021/10/04(月) 01:03:04|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0