富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ あれこれ 2014/11/29 ユーコ・カワグチ/アレクサンドル・スミルノフ「ファイナル進出は、自分へのプレゼント」

あれこれ

2014/11/29 ユーコ・カワグチ/アレクサンドル・スミルノフ「ファイナル進出は、自分へのプレゼント」

     http://fsrussia.ru/intervyu/527-yuko-kavaguti-aleksandr-smirnov-vykhod-v-final-eto-podarok-sebe.html

2014/11/29 ユーコ・カワグチ/アレクサンドル・スミルノフ「ファイナル進出は、自分へのプレゼント」

グランプリ日本大会「NHK トロフィー」で二位になった、ロシアのフィギュアスケーター、ユーコ・カワグチ/アレクサンドル・スミルノフは、競技の後、ファイナル進出を喜んだ。また、なぜフリープログラムでクリーンな滑りが出来なかったのかを語った。

—ミスはあったけれども、ファイナル進出にはとても満足していると?

アレクサンドル:「はい。何故ならユーコが日本で滑るのがどれだけ難しいかを分かっているから。彼女にとっては母国だ。ホームで滑るのがどれだけ難しいかは僕自身が分かっている。『Russian Cup』で滑るのは、僕にも難しい。とても難しい。だから、僕たちは大阪で十分価値のある滑りをしたと考えている。たとえ、何かのエレメンツを克服出来なかったとしても。大事なことは、観客に気に入られたということだ。僕たちはそれを感じた。グランプリファイナル、ロシア選手権、世界選手権を目指して練習するつもりだ」。

ユーコ:「今日の演技は、良い勉強でした」。

アレクサンドル:「それが人生だ。人生と同じように、スポーツでも全てがいつもうまく行くとは限らない。しかし、いずれにしても僕たちは満足している。降参はしたくない。前進するつもりだ。何故ならこのような滑りの時でさえ二位になった。つまり、もっと上に行けるということだ」。

—ユーコ、サーシャは、あなたが日本で演技するのは難しいと言いましたが、本当ですか?

ユーコ:「はい。それを言いたくはありませんが。しかし、私にとって日本で演技することはとても大きな意味を持ちます。そのことが私の滑りに影響しないようにしようとしていましたが、やはり、影響が出ています」。

アレクサンドル:「もしかして、影響しないようにと、強く思い過ぎたかも」。

ユーコ:「その他のことも影響したわ」。

—多分、ご両親も見にいらしたのでしょう?
ユーコ:「両親が観客席にいたことは、大丈夫でした。ただ、皆を喜ばせたかったのですが、集中出来ませんでした。何かいつも通りじゃなかった」。

アレクサンドル:「多分、朝の練習を休むべきだった。十分寝ているべきだった。練習で僕たちは四回転スロージャンプもやった。カナダ人たちもそれがうまく行った」。

ユーコ:「今度からは分かるでしょう。先ほど私が言ったように経験になったのです。フリープログラムで、私は興奮や感情を見せたかった。しかし、今回は出来ませんでした。自分をそこまで持って行けなかった」。

—アメリカでの大会の後、随分長い期間空きました。これは良かったことですか、それとも良くなかった?

アレクサンドル:「分からない。計画は沢山あったが、アメリカ大会の後、残念ながら、僕は少し怪我をしていた。実質一ヶ月片足で練習した。多分、これは滑りでの自信に影響した。ショートでは非常に慎重になった。美しく全てが出来たけれども、慎重だった。ジャッジたちはこれに気付いていた。一方フリーでは滑り込みが不足していた。もっとも、繰り返すけれど、アメリカ後の計画は別のものだった。でも小さな怪我が邪魔をした。でも、フリープログラムは、お分かりのように、ショートよりも、より難しいものだ」。

—どのような怪我ですか?
アレクサンドル:「その段階はもう過ぎ去ったのだ。でも皆は驚かないように。膝のちょっとした問題なのだ」。

—グランプリファイナルへの進出は、あなた方にどんな意味を持ちますか? 以前のポジションへの復帰ですか、それとも何かもたらしますか?

アレクサンドル:「ランキングが上がる。15位じゃなくなる」。

ユーコ:「そもそも私たちの計画の中にはグランプリファイナルは無かった。正直言って、私は期待していなかった」。

—アメリカでの勝利の後でも期待していなかったの?

ユーコ:「私はそのような遠い目標を立てていない。タマーラ・ニコラエヴナは、もちろん、全て計画している。でも、私は大会から大会へと動くことを優先させていて、そのようなことを何も考えていない。私は良い滑りを見せたいだけ。でもファイナル進出は、自分へのプレゼント。ファイナルで自分たちのチャンスを役立てられるようにねがっている」。

(タチヤーナ・フレイド)
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/11/29(土) 22:54:22|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<2014/11/29 マクシム・コフトゥン「ヴォロノフはハンサム、僕はそれを疑わない」 | ホーム | 2014/11/28 エリザヴェータ・トゥクタムイシェワ「ソトニコワと同じグループで練習することは出来ないだろう」>>

コメント

さっそくのアップ ありがとうございました。

思いが強すぎて 大変なのだろうとは感じつつ ショートのときから ユーコさんが どこか故障でもしているのではと案じていました。

それでも フリーの後半 ぞくぞくして 涙が出そうになりました。

スミルノフ選手の膝が 気がかりですが ユーコさんの身体が 大丈夫でほっとしました。

この大会 シングルの誰よりも ペアの川口&スミルノフ組を楽しみにしていました。
明日の エキシビション、そして ファイナルが楽しみです。
  1. 2014/11/30(日) 00:20:06 |
  2. URL |
  3. effect #n4yC0YF6
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/1009-8ab8b64c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    </