富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ あれこれ 2014/12/05 ジェイソン・ブラウン「オリンピックでのプルシェンコとの会話は、僕に力を与えた」

あれこれ

2014/12/05 ジェイソン・ブラウン「オリンピックでのプルシェンコとの会話は、僕に力を与えた」

http://www.sports.ru/others/figure-skating/1025498319.html

2014/12/05 ジェイソン・ブラウン「オリンピックでのプルシェンコとの会話は、僕に力を与えた」

アメリカのフィギュアスケーター、ジェイソン・ブラウンは、ロシアのスケーターへの関心や、人気への対応などについて語った。

「僕は、ロシアのフィギュアスケーターたちが大好き。僕はソートニコワの大ファン。彼女はとても可愛い。トゥクタムイシェワは、本当に信じられないようなアスリート。それから僕は、オリンピックでエヴゲーニー・プルシェンコに会ったのだ! 団体戦前の練習の時、僕たちは初めて交差した。

僕はその時思った:なんてことだ! 僕は本物のプルシェンコと一緒に氷に乗るのだ! 一体この世界で何が起こったのだ? すると彼は、僕の方に向きを変えて、そして言った:『やあ、ジェイソン!』と。多分、僕の二つの目には、書いてあった:『何? 何?』と。僕は一歩下がって、息を吐き、彼がどれ程信じられないようなフィギュアスケーターかを彼に言った。僕たちは、少しおしゃべりをした。このことは、僕にとても大きな力を与えてくれたのだ!」。

—ある日、誰かがあなたのことを同じように思うかもしれない、と想像しますか?
「そんなこと想像するなんて、気違い沙汰!」。

—何故? だって街であなたは気づかれるでしょう。
「それは、もう、ただクレージー! 僕は答えるのだ:あなたは、本当にあの人だと思ったの? だって、僕自身がエヴゲーニーのような人を見れば、ただ混迷に陥るのだもの。やはりソチで初めて生のジュベールを見た時のことを覚えている。ロッカールームに入ったら、彼がいた。『えっ!』となって、その場で凍り付いた。

プルシェンコが、2002年に初めてオリンピックに出た時、僕は7歳だった。もし、僕がそのような偉大なアスリートたちを今、迎えたり、見たりしたなら、僕は、口を開けてテレビの前に座っていた少年のままになる。それなのに、そういった人の一人になるなんて、それはもう空想の域だよ」。
R-Sportは、このようにブラウンのことばを伝えている。

文:アンドレイ・ソコローフ / 出典:R-Sport
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/12/06(土) 00:27:55|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2014/12/05 ジェイソン・ブラウン「四年どころか八年間のモチベーションが足りている」 | ホーム | 2014/12/04 グレイシー・ゴールド、怪我でファイナル欠場>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/1023-87ea67db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    </