富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ あれこれ 2014/12/06 ハビエル・フェルナンデス「スケーター自身のみが、滑れる状態か否かを判断出来ると感じている」

あれこれ

2014/12/06 ハビエル・フェルナンデス「スケーター自身のみが、滑れる状態か否かを判断出来ると感じている」

http://fsnews.ru/page-id-2431.html

2014/12/06 ハビエル・フェルナンデス「スケーター自身のみが、滑れる状態か否かを判断出来ると感じている」

(アレクサンドラ・イリイーナ)
モスクワのロステレコム・カップでの勝利は、ハビエル・フェルナンデスにとってバルセロナへの切符、祖国への、ホームの観衆の前でのグランプリ・ファイナルへの切符となった。FSNewsとハビエルは、ルジニキで、この責任や準備、などについて語った。(訳注—12月6日に掲載されたのですが、このインタビューは古くて、ロステレコムのショートプログラム後のミックスゾーンでのものらしい。抄訳)

—ハビエル、今シーズンはどんな目標を立てましたか?
「最も主要な目標は、バルセロナで行われるグランプリ・ファイナルに出場すること。僕に取って、自国で滑ることは、とても大きな意味がある。
僕たちは、毎日沢山働いた。でもこの仕事は、大会に良いコンディションで臨むためには成し遂げなければならなかった。僕は全ての大会に、良い気分で参加出来ていると思う。この場(グランプリロシア大会)に居られて、幸せだ。というのも、この大会直前、膝に問題があったから。自信を持つためにもっと働かなければならない」。

—あなたは大きな責任を負うことになりますね。
「その通り。皆、僕がそこに行くことを望んでいるし、僕もとても行きたい。ホームの観衆の前で良い演技がしたい。さらに僕は、ヨーロッパ選手権で金メダルを獲得して、また、このタイトルを取ることに挑戦したい。だから屈することなく、沢山トレーニングしなければならない。もし獲得出来なくとも、何も怖くはない。でも勝利することに挑戦する。それから、世界選手権でも表彰台を目指す。これが、今シーズンの僕の主要な目的だ」。

—準備の際は、どのような面に集中的に取り組みますか?
「自信を持つことや、プログラムなど、全てにもっと練習しなければと感じている:プログラムを磨き、ジャンプを磨き、繫ぎを練習して。だって、今はとても沢山の良いフィギュアスケーターがいて、彼らは僕と戦うだろう。だから、僕は全てに100%の力を尽くさなければならないし、出来ることの全てを磨き上げなければならない」。

—プログラムについて少し話せますか? あなたのフリープログラムは、ミハル・ブジェズィナと似た登場人物ですが・・・
「男子のなかで、この音楽で滑ったアスリートはそれ程多くない。同じシーズンでも、ミハル・ブジェズィナと僕だ・・・こういうことは、とても、とても稀に起こる。でも、いずれにしても、僕たちのプログラムは違っている。彼はいくつかの他の箇所を使うし、僕のは、小さな箇所のみを繰り返している。このことは、二つのプログラムをとても違ったものにしている。これは、良い競技用プログラムで、良い選択だと感じている。それを滑るのはとても難しいけれども、その一方で、このプログラムは観客に満足を届け、彼らはそれを興味深く見るだろう」。

—ショートプログラムは、黒いコスチュームで滑りますね・・・
「ショートの音楽は、Black Bettyで、少しロックンロールだ。しかし、コスチュームの選択は、そのせいではない。コスチュームの上半身は、ブライアン・オーサーの古いコスチュームだ。彼が着て滑ったものだ。コスチュームの下半身は、僕たちは皆で一緒にこれをはいてみて、良い感じに見えたので、残したのだ」。

—フィギュアスケートでのリスクについてはどう考えますか? 中国での羽生結弦とハン・ヤンとの恐ろしい衝突について思い出すとすれば・・・
「このようなことは、稀なことではないし、僕たちは、初めて見た訳ではない。もちろん、運が悪かった。二人とも調子が良かっただけに。しかし、このようなことは起こるものだし、大会であっても。早く回復することを願うだけだ」。

—しかし、選手の側からすれば、あの後氷に出るのは、とてもリスキーだった。
「はい、結弦が滑るのを許可したことで、多くの人たちがブライアン(オーサー)を非難した。しかし、ブライアンは、結弦自身の気分に基づくことだけが出来ることだった。このような場合、スケーター自身だけが、滑れる状態なのか、それとも滑れないのかを判断出来る、と僕は感じる」。

—あなただったら、氷に出ますか?
「僕の気分がどうなのかに左右される。僕は、あそこに居なかった。しかし、全ては、競技出来るのか出来ないかについてどのように自分を感じたかにかかっていただろう」。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/12/08(月) 00:51:11|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2014/12/07 アンナ・ポゴリラヤ「グランプリファイナルは、二年続けてミニロシア選手権のようになる」 | ホーム | 2014/12/05 ジェイソン・ブラウン「四年どころか八年間のモチベーションが足りている」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/1025-42a9b28e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    </