あれこれ

2014/12/29 マクシム・コフトゥン「成功しなかったグランプリの後のロシア選手権で雪辱しなければならなかった」

http://www.sports.ru/others/figure-skating/1026045020.html

2014/12/29 マクシム・コフトゥン「成功しなかったグランプリの後のロシア選手権で雪辱しなければならなかった」

ロシアのフィギュアスケーター、マクシム・コフトゥンは、ソチで行われたロシア選手権での自分の演技についてコメントした。

—あなたは、ロシア選手権で狙っていた全ての目標をやり遂げたのですか?

「いいえ。目標は、全てのエレメンツをクリーンに滑り切ることだった。ショートプログラムでは全てが出来たけれど、フリーでは、サルコウが成功しなかった。だから、自分の演技に完全には満足していない」。

—あなたは、世界の舞台で自分を価値ある者として見せられた時だけ幸せを感じるだろう、と前に話しました。そのためには、何位になることが必要なのですか?

「僕は順位については話したくない。僕が話したのは、世界選手権で成功した演技をしないうちは、完全には満足しないだろう、ということだった。しかし、ロシア選手権、それは重要な大会だし、僕のライバルたちは強い。成功しなかったグランプリの後のここで雪辱をしなければならなかった。そうすれば、後で起こる全てが、こんなにも厳しい選抜にならなかっただろう」。

—あなたは、セルゲイ・ヴォーロノフと随分親しげに話していますね。彼はあなたの重要なライバルだけれど。

「言えることは、僕たち代表チームの皆は、とても親しく話すし、お互いに励まし合ったり、氷の外で会ったりする。様々な競技会で、様々な選手たちが出場するけれど、僕たちは皆、一つのチームだ」。
コフトゥンは、インタビューでSports.ru特派員アリーナ・ロモノーソワにこのように語った。

文:アントン・ピリャソフ / 出典:Sports.ru
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/12/29(月) 23:35:35|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2014/12/29 アデリーナ・ソトニコワ「リピンスキーのようにしてスポーツから去りたくない」 | ホーム | 2014/12/26 マクシム・コフトゥン「スピンの練習をもっとしなければならない」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/1074-f9e2ea69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)