あれこれ

2015/01/15 インナ・ゴンチャレンコ「もし教え子たちが、私から何かを受け取ってくれたなら、彼らは悪くはならないでしょう」

http://fsrussia.ru/intervyu/682-inna-goncharenko-esli-moi-sportsmeny-chto-to-vozmut-ot-menya-to-khuzhe-im-tochno-ne-budet.html

2015/01/15 インナ・ゴンチャレーンコ「もし教え子たちが、私から何かを受け取ってくれたなら、彼らは悪くはならないでしょう」

===エレーナ・ラジオーノワのコーチのインナ・ゴンチャレーンコのインタビュー記事(オリガ・エルモーリナ。ロシアフィギュアスケート連盟オフィシャルサイト)から抜粋しました====

「レーナは、とても才能のある人です。彼女は、藍色のオーラをまとった非凡な子供のように、何か宇宙的な可能性を持っていると私には感じられるのです」。

—可能性についてですが、今後四年間で、女子シングルスケートはどのような道を辿ると思いますか?

「私が体育大学で学んでいた時、フィギュアスケートのコーチ活動における予測というテーマで論文を書きました。何年間かにわたって私たちは、フィギュアスケーターの演技、プログラムの難度を分析して、女子フィギュアスケートには、非常に明確な時期が認められるという結論に至りました。『技術的進歩』、プログラムの技術的複雑化は、滑りの美しさや演技構成、興味深い入りやその他の何かの目論見の面での進歩に向かう、ある種静かな時期と交代で現れるのです。

私の見方によれば、複雑化(二つのトリプルジャンプから成るコンボ、プログラム後半でのジャンプ)は限界まで達したという、正にそのような段階に今、来ているのです。ある期間、選手たちのプログラムは、よりドラマチックに、鮮やかになって行くでしょう・・・しかし、その後、技術への傾斜を伴った新しい飛躍が起こるでしょう。そして、量から質へと転換するのです。

—女子選手たちが、プログラムにトリプルアクセルを入れるのでしょうか?

「そうです。しかし、それは、オリンピック前1、2年よりは早くはないでしょう。いずれにしても、日本のフィギュアスケーター伊藤みどりが最初にトリプルアクセルを跳んだ時に、正にこのような光景は見られたことでした。

この難しいジャンプは、非常に多くの体力を奪い、膨大な身体的、心理的緊張を要求します。私としても、選手たちのプログラムが、音楽に合わせて難しいエレメンツの単純な組み合わせに帰すことを、とても望んでいる訳ではありません。やはり女子フィギュアスケートは女性らしく残るべきで、美しさで喜ばせ、魅惑すべきです。

—予測に関するあなたの卒業論文のテーマは、常に現実的なものですね。

「普遍化したり、分析したり、統計に取り組む能力は、コーチの仕事に非常に役に立つ必要なものです。学ばなければなりません。専門家にとって知識なしで済ますことは出来ません。知識のあるコーチは、『流れに沿って泳ぐ』だけでなく、必要な方向にベクトルを向ける可能性を持っているのです。

それに。現代世界では、一人のコーチがハイレベルのアスリートを養成するのは現実的ではありません。一緒になって働く、様々なプロフィールを持つ専門家集団が必要です。自分の新しいアイディアや、型にはまらない思考を持つ若いパートナーたちが必要なのです。この点では、素晴らしい振付師・演出家のエレーナ・マースレンニコワが私たちと共に働いていて、私は幸運でした。また、時折良いコーチにもなってくれるアレクサンドル・ウスペンスキーが、最近加わったことも・・・

—レーナ・ラジオーノワと一緒に、あなたは大きな成功を収めました。それにもかかわらず、あなたもラジオーノワもあまり目立たないようにしています。どのようにして公衆を避けることが出来ているのですか?

「多くは教育のせいだと思います。両親が私をこのように育てました。そして、彼らはまた、彼らの両親にそう育てられたのです。私たちの家族には、一族固有のものが存在し、私はこれをとても誇りに思っているのです。

私の曽祖父は長司祭でしたが、信仰のために不慮の死を遂げました。その後、新殉教者として聖者に列せられました。私の祖父は、外科医で、天賦の才があった医者でした。彼と祖母は、非常に困難で、興味深い人生を生きました。うぬぼれることなく、褒賞など求めずに、常に自分の仕事に従事しました。人々は今に至るまで祖父の墓にやって来ては、地面に膝間づいて彼にお辞儀をするのです・・・

私の家族は常に私のお手本でしたから、私も自分の子供たちと教え子たちのお手本になりたいのです。もし、私の教え子たちが、私から何かを受け取ってくれるなら、彼らは悪くなることはないでしょう。正直でまっとうな人間のままでいることを助けてくれる軸を彼らは見出すと思います」。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/01/19(月) 00:27:32|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2015/01/19 グレイシー・ゴールド「怪我の後、私はさらに強くなった」 | ホーム | 2015/01/17 アジヤン・ピトケーエフ「シニアのスケーターたちは何倍も自覚的にトレーニングしている」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/1110-71af4fb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)