あれこれ

2015/01/21 アルトゥール・ドミートリエフ(父)「ソチのヒーローたちは、熱い息遣いを背中で聞いている」

http://www.sports.ru/others/figure-skating/1026629780.html
  http://www.trud.ru/article/21-01-2015/1321416_artur_dmitriev_geroi_sochi-2014_slyshat_gorjachee_dyxanie_v_spinu.html

2015/01/21 アルトゥール・ドミートリエフ(父)「ソチのヒーローたちは、熱い息遣いを背中で聞いている」

===「トルード」の記事より。抄訳。===

二度のオリンピックチャンピオン、アルトゥール・ドミートリエフ(父)は、ストックホルムで開催されるヨーロッパ選手権への期待を語った。

「私の最も楽観的な期待は、わが国の女子シングルの選手たちへのものだ。先のロシア選手権では、この種目でのスキルと、若い、野心的な選手たちの多さに本当に驚かされた。私が思うに、10人を下回らない選手たちが、ヨーロッパ選手権に出ても充分にふさわしく見えるだろう。だから、三人の代表メンバーのうちの誰もが、ストックホルムでは表彰台に上れるばかりでなく、『金』を取る能力がある。

男子に関して言えば、マクシム・コフトゥンが、今シーズン、非常に難しい、面白いプログラムを滑っている。ミスなく演技すれば、彼は、二度のヨーロッパチャンピオンで経験豊富なスペインのフェルナンデスさえ表彰台上で制圧することが出来るだろう。しかし、問題は、マクシムは責任ある滑りの際に、われわれが望む以上にしばしばミスを犯すことだ。彼に安定性と心理的強さが加わったなら、鬼に金棒なのに! 大きな勝利を収めるためのそれ以外の全てのものは備わっているのだ。成熟することだ!

全体としてわが国の男子については、私にはやはり楽観的な期待がある。ヨーロッパ選手権でロシアの選手たちには、『金』を争える力が十分ある。しかし、世界選手権では、カナダ、アメリカ、中国、日本の選手たちが加わるから、彼らと競うのは、はるかに難しくなる。

ロシア選手権のペアでは、最も経験を積んだカワグチ/スミルノフ組が、十分に価値あるものとして見えた。彼らは小さなミスを犯したのかもしれないが、全体として技術的レベルや難易度は、彼らが安定して世界選手権のメダルを獲得していた当時と比べても、成長した。サーシャの怪我の数々が克服されるよう願っている。ヨーロッパでこのペアは、4回転スロージャンプや、高い得点を得られるその他の幾つかのスーパーエレメンツをやれる唯一のデュエットだと思う。だから今、彼らの勝利のチャンスは大きい。一方世界選手権では、より強敵が加わってくる。

ポストオリンピックシーズンというものは、特別な法則で出来ている。ソチオリンピックのメダリストたちには、心理的なものも含めて付加的な問題が存在する。それらの問題は、現在のロシアのタイトルを取った選手たち自身も避けては通れなかった。

しかし、その一方で、才能と将来性のある若者たちには、思わぬチャンスが訪れる。グランプリ大会では、ヨーロッパの選手の誰一人、一気に成長したスキルで私を驚かせてはくれなかった。しかし、進歩を続けているロシアの選手たちは、四つのカテゴリーのそれぞれで名を挙げることが出来る。

わが国のチームのメンバーに、タチヤーナ・ヴォローソジャル、マクシム・トランコフ、アデリーナ・ソートニコワといったスターたちが存在することは、これは言うなれば形式で、チームのナンバーワンたちへの敬意だ。実際は、われわれのオリンピックチャンピオンたちは、体調に若干の問題を抱えていたり、怪我が完全に治癒していなかったりした。そしてチームの指導部が、ヨーロッパ選手権のメダルのために彼らの健康のリスクを冒すことは、ほとんどありえないことだ」。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/01/22(木) 23:34:58|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2015/01/23 ハビエル・フェルナンデスは足を負傷し、練習を数日休む | ホーム | 2015/01/21 エレーナ・ヴォドレーゾワ「ソトニコワの足はまだ心配な状態なので、具体的な準備計画は無い」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/1119-d0671eb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)