富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ あれこれ 2015/02/02 ブライアン・オーサー「ソチではソトニコワのスピンが高得点に結びついた」

あれこれ

2015/02/02 ブライアン・オーサー「ソチではソトニコワのスピンが高得点に結びついた」

http://www.sports.ru/others/figure-skating/1026958927.html

2015/02/02 ブライアン・オーサー「ユナ・キムはソチで、ソートニコワが恐らくまだ身につけていない大人の、エレガントな滑りを代表していた」

フィギュアスケートの有名なコーチ、ブライアン・オーサーは、2014年ソチオリンピック女子シングル競技の結果への自分の感想を語った。

「ソートニコワは、ソチで若い世代の代表だった。彼女はエネルギーに燃えていて、おまけに祖国の壁の内にいた。ところで私は、フィギュアスケートへの情熱を持っているソートニコワをいつも大変好ましく思っていたし、彼女がどのように成長するのかを見守ってきた。それに加えて私は、彼女のコーチのエレーナ・ブヤーノワに好感を持っている。彼女は非常に立派な女性で、愛想が良く、私と同じ仕事に敬意を持っている人だと私には感じられる。

もしキムについて語るとすれば、彼女はソチで、ソートニコワがおそらくまだ身につけていない、大人の、エレガントなフィギュアスケートを代表していた。しかし、私の目には、その夜、最も良かったのはカロリーナ・コストナーに見えた。もし彼女の二つのプログラムを評価するとすれば、そこには全てがあった — 素晴らしい振付け、優美さ・・・技術的観点からも彼女は大きな仕事を行ったし、長いことやっていなかったジャンプを復活させた。例えば、トリプルフリップ-トリプルトウループのコンビネーションジャンプを跳んだ。

つまりコストナーは、自分を乗り越え、自分をリスクに向かわせた。キムは、より安全な道を進んだ。ソートニコワは素晴らしいパフォーマンスをした。彼女のどの箇所があのような高得点に繋がったのかと、もし私が尋ねられたとしたなら、それはスピンだと私は答えるだろう。アデリーナには、見事なスピンがあり、それはキムにも、コストナーにも無いものだ。

あの状況で、ジャッジたちにはいかに難しかったか — このことがどれ程理解できたかを私は話し過ぎたかもしれない。多様な見方が可能であるなかで、ジャッジたちは数秒で唯一確かなものを選択しなければならなかった。アイスアリーナのエネルギーや、ソートニコワの若さは、判定に影響を及ぼし得たのだろうか? もちろん、それはあった。この判定に関する私の考えは、すぐにはまとまらなかった。私は数日間あの場面をあれこれと考え続け、やっとその後、競技をもう一度見直したのだった」。
R-Sportのインタビューで、オーサーはこのように語った。

文:アントン・ピリャソフ / 出典:R-Sport
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/02/04(水) 02:17:02|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<2015/02/01 ユーコ・カワグチ「人生でこんなにひどく叱られたことは一度もなかった」 | ホーム | 2015/02/02 ブライアン・オーサー「羽生が世界選手権に出られることを願っている」>>

コメント

はじめまして

はじめまして。オーサー氏の翻訳ありがとうございます。
ネット記事は一部分を切り取って記事にしてあるものが多いので
全文読みたいと思っていました。
できれば当ブログで紹介したいのですが…よろしいでしょうか?
  1. 2015/02/09(月) 18:14:19 |
  2. URL |
  3. エキセントリックBBA #eYj5zAx6
  4. [ 編集 ]

Re: はじめまして

お読みいただき、ありがとうございます。
どうぞご紹介ください。よろしくどうぞ。
ありがとうございます。asappo

> はじめまして。オーサー氏の翻訳ありがとうございます。
> ネット記事は一部分を切り取って記事にしてあるものが多いので
> 全文読みたいと思っていました。
> できれば当ブログで紹介したいのですが…よろしいでしょうか?
  1. 2015/02/09(月) 19:07:15 |
  2. URL |
  3. asappo #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/1145-b9d0c022
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    </