あれこれ

2015/02/26 タマーラ・モスクヴィナ「世界選手権の後で、カワグチ/スミルノフの多くのことが明らかになる」

http://nvspb.ru/tops/tamara-moskvina-roditeli-perestali-doveryat-treneram-56849

2015/02/26 タマーラ・モスクヴィナ「世界選手権の後で、カワグチ/スミルノフの多くのことが明らかになる」

====ペテルブルクの新聞「ネフスコエ・ヴレーミャ」の記事、タマーラ・モスクヴィナ「親たちは、コーチを信頼することを止めた」より抄訳====

(対談者:オレーク・アレクセーエフ)
—あなた自身にとっては、ヨーロッパ選手権の結果は思いがけない嬉しいプレゼントだったのでは? だって皆がモスクワっ子たちの勝利を期待していたのに、金メダルは二つともペテルブルクっ子たちが獲得したのですから。

タマーラ・モスクヴィナ:「ペテルブルクっ子たちにとっては、もちろん、嬉しいことです。でも私は、これらの結果をいくぶん別の角度で見ています。2014年オリンピックでのモスクワ派の結果は、ストックホルムでのペテルブルク派の全ての到達をはるかに越えています。残念ながら、トゥクタムイシェワもカワグチ/スミルノフもオリンピックには出場出来なかった。それ故に、彼らは落ち着いて次シーズンへの準備が出来たのです。

もちろん、ユーコとサーシャがヨーロッパ選手権で勝利したのは嬉しいことです。しかし、正直に言えば、私は競技が始まるまで、ペア競技でのいくぶん別の結果を期待していた。ストルボーワ/クリーモフには、より高いランキングと、彼ら本来の早期からの確実性と安定性によって一位が与えられるだろうと推測していました。しかし、クセーニヤとフョードルは、既に競技前の練習の時から、本来の調子じゃないと私には思えた — 多くの失敗がありましたから。それらは、その後のフリープログラムでも現れました。一方、ジャッジたちは相応に演技の評価をして、ユーコとサーシャは然るべく、ヨーロッパチャンピオンになったのです」。

—シーズン当初、あなたはかなり慎重に、ユーコとアレクサンドルの成り行きについて話していました:私たちにとって今年は、留まる — 持ちこたえることだ。その後は、これで終わりかもしれない、と。ストックホルムでの金メダルは、あなたの気持ちや教え子たちの気持ちに修正をもたらしましたか?

「私たちは常に同じ気持ちです。私たちは、状況がどう展開していくのかを見ています。そしてそこから出発する。私は教え子たちと相談しました — 彼らは滑ることを続けたいと望んでいる。今回の世界選手権の後で、多くのことが明らかになるでしょう。もし彼らがロシア代表チームのメンバーに残れたなら、続けるという考えもあり得るでしょう。物事の道理から見れば、現ヨーロッパチャンピオンとして、メンバーに含まれるべきですが」。

—ユーコとサーシャとの仕事のなかで、あなたにとって今最も難しいことは何ですか?

「致命的な困難というのは無いです。本当です。最も難しいことは、補強すること、追加すること、改善することです。なぜなら、長年の間に、私は何らかの影響力を失ったのかもしれません。あるいは、彼らが新しい要求を受け入れることに鈍くなったのかもしれません。より完全を目指すためには、小さなことの改善が彼らには必要なのです。ところが彼らは、いつもそれらを受け入れてくれる訳ではないのです」。

—つまり、プログラムの難度を上げるために少し歩を進めるよう彼らを説得することが、今困難になっているということですか?

「そうです。あるいは、プログラムの一定の瞬間にミスの可能性があるとして、彼らはより注意深くならなければならないと説得するとします。彼らはこれに同意するとは限らないのです。それ以外の全ては、皆ささいなことです。本質的と言える問題は、現在、ただ一つです — 進歩を展望したペアスケートの一つのグループをいかに組織するか、なのです。トレーニング日誌のためではなく、進歩のために。私たちはそれに取り組んでいるのです」。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/02/28(土) 02:45:30|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2015/02/27 セルゲイ・ヴォロノフ「世界選手権で2年滑っていない。だからとても面白いだろう」 | ホーム | 2015/02/27 ソチオリンピックの営業利益は、5315万ドル>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/1184-5ebfb091
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)