あれこれ

2015/03/04 アジヤン・ピトケーエフは、金メダルのためにジュニア世界選手権に戻った

https://sport.mail.ru/news/figure-skating/21260804/

2015/03/04 アジヤン・ピトケーエフは、金メダルのためにジュニア世界選手権に戻った

=====sport@mail.ruの記事「ロシアのフィギュアスケーターたちは、ジュニア世界選手権全種目でメダル争いをする」より抄訳====

モスクワ、3月4日、R-Sport、アンドレイ・シモネンコ。
フィギュアスケートジュニア世界選手権が、水曜日(4日)、タリンで始まる。ロシア代表チームは、全種目でメダル争いに絡む。金メダルに最も近いのは、アイスダンスと女子シングル種目だ。

ロシア女子選手たちは三年連続表彰台を独占するかもしれない。

ロシア女子シングル選手たちは、2013年と2014年のジュニア世界選手権で全ての表彰台を独占した。今回もまた、三つのメダル全てがロシア選手たちの手に渡る可能性が高い。金メダルへ最も大きなチャンスがあるのは、ジュニアグランプリと今シーズンのロシアジュニア選手権優勝者のエヴゲーニヤ・メドヴェージェワだ。彼女に戦いを挑むのは、昨年のジュニア世界選手権銀メダリストのセラフィーマ・サハーノヴィチと、2013/2014シーズンのジュニアグランプリファイナル優勝者のマリーヤ・ソーツコワだ。

ロシアの表彰台独占を阻止出来る可能性がある選手たちのなかで名前を挙げるとすれば、日本のフィギュアスケーター、樋口若葉と永井優香、それにアメリカのカレン・チェンだ。

ピトケーエフは、手に入れていない金メダルのためにジュニアに戻った。

ロシアのアジヤン・ピトケーエフは、シニアのフィギュアスケートでシーズン前半を過ごした後で、この大会でまだ手に入れていない金メダルを獲得するためにジュニア世界選手権に戻ろうとしている。昨シーズン、彼は、ジュニア世界選手権覇者になる大きな可能性があったにもかかわらず、競技審判が、カナダのナム・ニューエンのチャンピオンタイトル獲得に有利となり、ピトケーエフは、銀メダルにとどまった。

今回もチャンピオンへの道は、ピトケーエフにとって楽なものではないだろう。今シーズングランプリファイナル勝者の宇野昌磨と、同大会銀メダリストの山本草太の二人の日本人が非常に強い。また同様に、高い技術的難度のプログラムを持つ中国のズィン・ボーヤンも金メダルを狙っている。ロシアのアレクサンドル・ペトローフとアレクサンドル・サマーリンにも、メダルを争うチャンスがある。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/03/04(水) 23:55:19|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2015/03/04 エヴゲーニヤ・メドヴェージェワ「今日はほとんど全てがうまく行った」 | ホーム | 2015/03/03 スポーツ心理学者「ロシアではコーチにとって、アスリートが自分の持ち駒のようになっている」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/1190-8187fbee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)