あれこれ

2015/03/04 マリヤ・ソツコワ「練習では全てが良かったのに、本番では自分を克服出来なかった」

http://www.sports.ru/others/figure-skating/1027700229.html

2015/03/04 マリーヤ・ソーツコワ「練習では全てが良かったのに、本番では自分を克服出来なかった」

ロシアのフィギュアスケーター、マリーヤ・ソーツコワは、ジュニア世界選手権ショートプログラムの演技(10位)について語った。

「トウループに入れなかった。コンビネーションでのミスは緊張のためです。この大会のための準備は、順調でした。練習も6分間練習も全て良かったのです。でも本番では、自分を克服出来ませんでした」。ソーツコワはこのように語った。

コーチのスヴェトラーナ・パノーワは、このリンクで行われたグランプリ大会の時と、全く同じミスをソーツコワが繰り返した、と語った。

「このリンクは、マーシャには良い思い出がありません。グランプリ大会の時にも彼女は同じようにコンビネーションのトウループを克服出来ませんでした。今回も、全く同じことが繰り返されました。本当に悔しいです。転換して、調整し直すことが出来ませんでした。マーシャには、このようなレベルの大会のための意思がまだ不足しているのだと思います。より正しく言えば経験が。経験というものは、大きな仕事をするものです。

ミスがあっては、勝利はありません。私の考えでは、彼女がもっと自信を持つためには、数多くの競技会のみならず、さまざまなショーにも参加すべきです。そのような場で彼女はさまざまなスケーターと交流し、より頻繁に彼らを見ることで、もっと早く解放され、馴れることが出来て、芸術性を増やし補うことが出来るでしょう」。パノーワはこう語った。

文:アレクサンドル・チェルノーフ / 出典:ロシアフィギュアスケート連盟
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/03/06(金) 00:01:24|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2015/03/05 リプニツカヤは、adidasとのスポンサー契約に署名した | ホーム | 2015/03/04 セラフィーマ・サハーノヴィチ「自分にとっては悪い滑りだった」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/1193-133cf697
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)