あれこれ

2015/03/05 エリザヴェータ・トゥクタムイシェワは、競技会で初めてトリプリアクセルを遂行した

      http://tass.ru/sport/1811197

2015/03/05 エリザヴェータ・トゥクタムイシェワは、競技会で初めてトリプルアクセルを遂行した

タリン、3月5日、TASS特別特派員ヴェロニカ・ソヴェートワ。
2015年ヨーロッパ選手権勝利者、ロシアのエリザヴェータ・トゥクタムイシェワは、公式競技会のプログラムのなかで、女子フィギュアスケートで最も難しいジャンプ — トリプルアクセル —を、初めて遂行した。現在、タリンのジュニア選手権に来ている、彼女のコーチであるアレクセイ・ミーシンが、TASS特派員に語った。

以前彼女自身がTASSに語ったように、彼女は上海での世界選手権でこのエレメントを遂行する準備をしている。

「エリザヴェータは、公式の競技会 — サンクトペテルブルクフィギュアスケート連盟賞大会 — のショートプログラムで、この難しいジャンプを初めて遂行した。今までに彼女は、オーベルスドルフの大会でそれを行ったが、理想的には出来なかった。今回は、全てが成立した、と私は言うことが出来る」とミーシンは語った。

トリプルアクセルの初めての理想的な遂行は、世界選手権への準備において自信につながった、とトゥクタムイシェワは語った。
「私はとても緊張しました。だって、これは今のところ、私にとって完全に新しいエレメントですから。でも、私自身が思っていた以上に素晴らしくそれをやることが出来ました。それが出来たというショックから、その後のそれ程難しくないエレメンツの全てを理想的にやることが出来なかったくらいです。今度からは、うまく行く時にも用心するでしょう」。

彼女の説明では、世界選手権まで公式試合は、もう無いということだ。「観衆の前で演技する機会をうまく利用出来て、とても嬉しいです。これからは世界選手権までプログラムを滑り込むつもりです」。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/03/07(土) 00:42:59|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2015/03/06 アレクセイ・ミーシン「ただ今は、男子シングルスケートで日本人たちが何か流行なのだ」 | ホーム | 2015/03/05 リプニツカヤは、adidasとのスポンサー契約に署名した>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/1195-83936427
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)