あれこれ

2015/03/06 アレクセイ・ミーシン「ただ今は、男子シングルスケートで日本人たちが何か流行なのだ」

http://www.team-russia2014.ru/article/20888.html

2015/03/06 アレクセイ・ミーシン「ただ今は、男子シングルスケートで日本人たちが何か流行なのだ」

今日、3月6日、タリン(エストニア)でのジュニア世界選手権で男子のショートプログラムが行われた。最も高い得点(84.87ポイント)を出したのは、日本の宇野昌磨だった。ロシアのアジヤン・ピトケーエフ(76.94)、アレクサンドル・ペトローフ(75.28)、アレクサンドル・サマーリン(70.61)は、それぞれ2位、3位、6位だった。アレクサンドル・ペトローフのコーチである伝説的なアレクセイ・ミーシンが、ポータルTEAM RUSSIA-2014の特別特派員ボリス・ホドロフスキーに、競技の結果についてコメントした。

「練習では、アジアやアメリカのスケーターたちが並外れた滑りを見せつけていた」。アレクセイ・ミーシンは語った。「しかし、本番になると、ロシアのスケーターたちが依然同様リーダー的ポジションを争い、その位置に就いたという結果となった」。

—でもやはり、ショートプログラムでは日本の宇野昌磨が、水を開けて一位になりました。
「彼は今、褒めちぎられている。ここには、ジュニアのレベルではもっとタイトルを持っているアスリートたちが来ているのに、オフィシャルなプログラムで大会の顔とさえされている。私は、彼のジャンプの技術があまり気に入っていない。それは、完成とはほど遠いよ」。

—審判たちが、あからさまに彼を表彰台のてっぺんに引き上げているのでしょうか?
「そうは言わないよ。ただ今は、男子フィギュアスケートで日本人たちが何か流行なのだ。ジュニアレベルでもそれが現れているのだ。ただ宇野には、素晴らしいスケーティングがあるから、十分に評価することが必要だが」。

—ご自分の教え子のアレクサンドル・ペトローフの演技には満足していますか?
「とても。特に、彼はタリンに非常に健康でやって来た訳ではないのだからね」。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/03/07(土) 12:04:27|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2015/03/07 マクシム・コフトゥン「3つの四回転と2つの四回転の二種のフリープログラムを用意した」 | ホーム | 2015/03/05 エリザヴェータ・トゥクタムイシェワは、競技会で初めてトリプリアクセルを遂行した>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/1196-700e5692
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)