あれこれ

2015/03/16 コンスタンチン・メンショフ「世界選手権に出場するために現役を続ける」

http://rsport.ru/figure_skating/20150316/815394486.html

2015/03/16 コンスタンチン・メンショフ「世界選手権に出場するために現役を続ける」

モスクワ、3月16日、R-Sport、マリーヤ・ヴォロビヨーワ。
2014年フィギュアスケートヨーロッパ選手権銅メダリスト、コンスタンチン・メンショフは、今シーズンのロシア選手権の後、ヨーロッパ選手権と世界選手権のロシア代表メンバーに入れず、現役を続ける価値があるのかどうかを長いこと決めかねていたが、結局、世界選手権に出場したいということもあり、スポーツに残ることに決めた、とR-Sportに語った。

メンショフは今シーズン、グランプリ大会で4位と5位だった。12月のロシア選手権では、ショートプログラムで2位だったが、フリープログラムでのひどい誤りのため4位に沈んだ。代表メンバーの三番手には、連盟の決定により、このロシア選手権で銅メダルを獲得した16歳のアジヤン・ピトケーエフがなった。

「もちろん、いろいろな考えが浮かんだ — ロシア選手権の後、相当長い間、残るべきか去るべきか、自分のために決断出来なかった。ただ、こんな気分のまま引退するのは、本当に嫌だった。もっと戦って、なんとか最後に世界選手権に行きたいのだ」。メンショフは電話で語った。

「今シーズン僕は、ショートプログラムで二度の四回転をやるという一つの目標を実現出来た。来シーズンは、フリープログラムでも三度の四回転をやれるように願っている。しかし、スケーティングやエレメンツの遂行といった課題以外にも、スポーツに残りたい動機はあるのだ」。32歳のフィギュアスケーターは言った。

メンショフは、トレーニングを続けているが、ほぼ新シーズンに向けてのものだと語った。「このシーズンには、まだ国別対抗戦があるが、僕は状況を客観的に見ている。僕はそこには行けないだろう。誰かが断るとは思っていない。僕は体調を維持して、何の問題もなく四回転サルコウとトウループを跳んでいる。何らかの新しい四回転に挑戦するかもしれない。そのための時間はある。

さらに、今は、新しいフリープログラムを作る必要がある。アイディアと音楽は既にある。曲を構成するのは簡単ではなかったが、何らかのものは出来た。アイディアが面白いので試してみようと思っている」。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/03/17(火) 00:25:23|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2015/03/17 エレーナ・ラジオノワ「一週間後初めての世界選手権へ出発するが、私は落ち着いている」 | ホーム | 2015/03/12 アレクセイ・ウルマーノフ「それぞれの選手は自分の目標に到達するために、自分の道を選択する」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/1211-f65751dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)