富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ あれこれ 2015/03/27 セルゲイ・ヴォロノフ「気候環境の違いで、膝が非常に激しく痛み出した」

あれこれ

2015/03/27 セルゲイ・ヴォロノフ「気候環境の違いで、膝が非常に激しく痛み出した」

      http://rsport.ru/figure_skating/20150327/818327521.html

2015/03/27 セルゲイ・ヴォーロノフ「気候環境の違いで、膝が非常に激しく痛み出した」

上海、3月27日、R-Sport、アンドレイ・シモネンコ。
二度のロシアチャンピオン、セルゲイ・ヴォーロノフは、上海でのフィギュアスケート世界選手権ショートプログラムの演技の前に、彼の膝が激しく痛み出し、自由に滑る妨げになったと語った。

ヴォーロノフは、四回転トウループ-三回転トウループのコンビネーションジャンプが完全ではなかった。彼は84.70ポイントを獲得し、ショートプログラムで四位という結果になった。

「気候順応に関係することだが、僕の膝が非常に激しく痛み出した」。ヴォーロノフは記者団に語った。「直前練習に出て行った時、難しいジャンプを一つも出来なかった。本当に痛かった。つまり、いつもは毎日、ただ痛いだけなのだ。これは慢性的問題だ。でも今回は非常に激しく痛んだ。それが僕の枷(かせ)になった。しかし、医師たちに感謝するが、彼らは、直前練習と演技の間に、注射を打ってくれたので、僕は助けられたのだ」。

「選手たちは皆、慢性的な疾患を抱えているが、僕の場合は『ジャンパー膝』だ。膝蓋骨の靭帯に不安があるのだ」。膝の問題の本質を彼は説明した。「それは定期的に症状が出て、シーズン中に時々痛む。今日の滑りには、僕は満足している」。

ヴォーロノフは、それぞれのジャンプの後に、「神にただ一つのことを願った — 続行出来ない程痛くなりませんようにと」。「でも、大丈夫。僕たちは強い。克服できるだろう。僕の背後にはチームがある。彼らは最高で、彼らのためなら、僕は片足で出て行って、滑ってもいい程だ。彼らにも、僕の彼女のダイアナにも感謝している。これは彼らの功績で、僕の手柄ではない」。彼はこう強調した。

ヴォーロノフは、ソチオリンピック銅メダリスト、カザフスタンのデニス・テンに負けたことを、理にかなっていると考えている。テンは、四回転で転倒し、3-3のコンビネーションジャンプでもミスし、三位になった。「クリーンに滑らなくてはならないのに、僕は完全に出来た訳ではなかった。コンボのミス、二回のスリーターン、それらは3-4ポインになる。その他のものはジャッジが決める。僕個人は、デニスの滑りをとても気に入っている。彼は、もしかして僕よりも解き放たれていて、自信に満ちていたのかもしれない」。ヴォーロノフはこう語った。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/03/28(土) 00:55:57|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2015/03/27 マクシム・コフトゥン「今は何も理解出来ない」 | ホーム | 2015/03/26 エレーナ・ラジオノワ「38度の熱でもクリーンに滑れることを知った」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/1230-cc455eaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    </