富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ あれこれ 2015/04/27 アデリーナ・ソトニコワは、新シーズンへの準備を6月に始める

あれこれ

2015/04/27 アデリーナ・ソトニコワは、新シーズンへの準備を6月に始める

http://tass.ru/sport/1933622

2015/04/27 アデリーナ・ソートニコワは、新シーズンへの準備を6月に始める

モスクワ、4月27日、TASS特派員ヴェロニカ・ソヴェトワ。
フィギュアスケート2014年オリンピックチャンピオン、アデリーナ・ソートニコワは、新シーズンへの準備を6月に始める。彼女がTASSに語ったところでは、2014/2015年シーズンの大半を欠場することを余儀なくされた足の怪我は、もう心配ないという。

「靭帯の怪我(捻挫)は、実質心配ありません。ダンスショーで適度の負荷をかけたことが良かったのだと思います。あれに出演したことは、私にとって本当に栄養になりましたし、来シーズンの大会に向けて新しい経験になりました。また、プログラムの選択にあたって大きな自由も得ました。だって私とパートナーのグレブ・サフチェンコはショーで、本当に様々なスタイル — フリースタイルからタンゴまで、ルンバからワルツまで、フォックストロットやサンバから現代バレエまでやったのですから。ヒップホップで自分を試すことさえ」。

女子シングルスケートの来シーズンは、内容が濃いものとなるだろうとソートニコワは考えている。

「私たちの種目で何が起こるのかを、残りのシーズンの間、興味深く追っていました。わが国女子のリーザ・トゥクタムイシェワやレーナ・ラジオーノワが達成することが出来たものは、素晴らしく、本当に画期的なことです。このような素晴らしいライバルたちと一緒の同じ氷に帰り、全ての他の選手たちとも競争することは面白いでしょう」。彼女はこう語った。

ソートニコワは、足の怪我のため11月上旬に、グランプリモスクワ大会を棄権し、その後日本でのグランプリを欠場した(11月28~30日)。その後、彼女は怪我を悪化させないため、残りのシーズンを欠場する決断をした。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/04/27(月) 22:35:57|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2015/04/27 デニス・テン「今は断崖へのジャンプは僕には無い。が、緊張はいつもある」 | ホーム | 2015/04/26 カタリーナ・ゲルボルト「現役を続けるかどうかは八月に決まるだろう」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/1282-fa4d8945
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    </