あれこれ

2015/06/16 アデリーナ・ソトニコワは、グランプリロシア大会への出場を予定している

http://tass.ru/sport/2045134

2015/06/16 アデリーナ・ソートニコワは、グランプリロシア大会への出場を予定している

バクー、6月16日、TASS特別特派員ヴェロニカ・ソヴェートワ。
フィギュアスケート2014年オリンピックチャンピオン、ロシアのアデリーナ・ソートニコワは、11月20~22日にモスクワで行われるグランプリシリーズロシア大会に出場する準備をしている。彼女のコーチであるエレーナ・ブヤーノワが、TASSに対し電話で語った。

「アデリーナは、モスクワで行われるシリーズロシア大会に出場したいと思っています」。ブヤーノワは語った。「私たちは、ロシアフィギュアスケート連盟の指導者たちと私たちのプランについて話し合いました。アデリーナの準備は、今のところ、独自の日程で進められており、私たちは、ロシア大会に出場するよう励むつもりです。

同様に私たちの計画では、(10月15~18日に)サランスクで行われる『チャレンジャー』シリーズ大会にも出場します。私たちは、彼女の復帰を首を長くして待っていた自国の観客のために、ロシアで行われる大会は欠場することなく出場するつもりです」。

ソートニコワは既に6月に、新シーズンに向けた準備を開始した。以前ソートニコワ自身がTASSに語ったように、2014/15シーズンの大部分を欠場することを余儀なくされた足の怪我は、もう心配ない。その足の怪我のせいで彼女は、昨年の11月上旬にグランプリモスクワ大会を棄権し、それにひき続いて日本でのグランプリ大会(11月28~30日)も欠場した。結局彼女は、怪我を悪化させないために、残りのシーズンを休む決断をしたのだった。

ソートニコワは、次シーズンのグランプリ大会出場メンバーには入らなかった。月曜日(15日)、各大会の出場選手名簿がISU公式ウェブサイトで発表された。ロシアフィギュアスケート連盟COEアレクサンドル・コーガンがTASSに語ったように、グランプリロシア大会へのソートニコワの出場は、未解決の問題で、9月に明らかになる。

コーチによればマクシム・コフトゥンは、グランプリのどの大会であれ出場する用意が出来ていると言う。彼はフランスのボルドーで開催される(11月13~15日)第4戦の「トロフィー・エリック・ボンパール」と最終第6戦の日本の長野での大会(11月27~29日)に出場を予定している。

「私たちにとって大会はくじ引きで決まります。しかし、マクシムにとってはどの町でも大丈夫です」。ブヤーノワは語った。「どの大会であれ選手たちにとって具合が悪いなどということはあり得ません。アスリートは兵士のように、行けと言われたところへ行くだけです」。

シリーズのファイナルは、12月にバルセロナで行われる。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/06/17(水) 00:42:44|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2015/06/16 タチヤナ・タラソワ「グランプリ出場者名簿にソトニコワとプルシェンコが無いのは、彼らのコーチたちの判断だ」 | ホーム | 2015/06/15 イリイヌィフ/ジガンシン組のショートダンス曲はWe Will Rock You>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/1369-c9ced923
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)