富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ あれこれ 2015/06/18 アレクセイ・ミーシン「私とプルシェンコは、振付師ミハイロフの仕事に満足している」

あれこれ

2015/06/18 アレクセイ・ミーシン「私とプルシェンコは、振付師ミハイロフの仕事に満足している」

http://rsport.ru/figure_skating/20150618/840352588.html

2015/06/18 アレクセイ・ミーシン「私とプリューシェンコは、振付師ミハイロフとの仕事に満足している」

モスクワ、6月18日、R-Sport、アンドレイ・シモネンコ。
ロシアのトレーナー(コーチ)、アレクセイ・ミーシンは、R-Sport通信に対し、彼と彼の教え子である二度のオリンピックチャンピオン、エヴゲーニー・プリューシェンコは、ジュニアのフィギュアスケーター時代に彼の下でトレーニングを積んでいた振付師ニキータ・ミハイロフとのこのオフシーズン中の仕事に満足していると語った。

プリューシェンコは四月に、来シーズンは競技会に意欲的に参戦する予定だと発表した。マスメディアでは、2006年男子シングルオリンピックチャンピオン、2014年ソチオリンピック団体戦勝利者の来シーズンのプログラムは、ニキータ・ミハイロフが作成したとの情報が出ている。彼は、2004年から2008年にミーシンのもとでトレーニングを積んでいた。

「コーチとしての道のなかで、才能あるフィギュアスケーターたちとめぐり合っているという点で、私の人生はとても幸運だった。ニキータがまだ滑っていた頃彼は、私が、芸術的なほどの世界の幻と名づけるほどの資質を発揮した。ニキータにはジャンプに問題があった。彼は技術的に良いジャンプを跳んだが、それらへの心理的依存が存在した。彼がその依存から解放された時、彼はプログラムを作り始めた。ショーのプログラムを作り、私の若いスケーターたちにプログラムを作り、そして今のオフシーズンではジェーニャ・プルーシェンコと一緒に働いた。私たちは彼の仕事にとても満足している」。ミーシンは電話でこう語った。

「ニキータはモスクワ出身で、サンクトペテルブルクにやって来た時、私の下でトレーニングを積んだ。その後、ジャンプでの心理的問題から脱することを願ってモスクワに帰った。しかし、モスクワの専門家たちが、ペテルブルクよりも強いわけではないことが分かり、彼は現役を引退した。しかし現在、正しい方向で自己実現をしている」。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/06/20(土) 01:13:27|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2015/06/18 ヴォローソジャルとトランコフは、デニス・テンのショーで新プログラムを披露する | ホーム | 2015/06/18 エヴゲーニー・プルシェンコの新シーズンへのプログラムは、ニキータ・ミハイロフが作成>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/1373-9c7894e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    </