あれこれ

2015/06/25 マクシム・トランコフ「タチヤーナ・ヴォロソジャルとの結婚式はもうすぐ!」

http://www.team-russia2014.ru/article/22167.html

2015/06/25 マクシム・トランコフ「ターニャとの結婚式はもうすぐ!」

今日、6月25日、二度の2014年オリンピックチャンピオン、タチヤーナ・ヴォローソジャルとマクシム・トランコフは、ショー出演の後初めての氷上トレーニングをモスクワで行い、新シーズンへの準備を続けた。若干の詳細と計画についてマクシム・トランコフが、ポータルTEAM RUSSIA-2014特別特派員エカテリーナ・ペタイキナに語った。

「僕とタチヤーナが昨シーズン欠場を余儀なくされた怪我の後、僕は完全に回復した」。マクシム・トランコフは語った。「現在はおかげさまで肩は全く心配ない。だから、シーズンに向けての実質意味のある準備に着手した。今日はやっとターニャと一緒にモスクワの僕たちのリンク『インスピレーション』で最初のトレーニングを行ったところだ」。

—あなた方のオフシーズンはどうでしたか?

「ショーに出演出来た。一つは日本で行われたFantasy on iceで、もう一つは、カザフスタンの『デニス・テンと仲間たち』だ。また僕たちは、ソチでの合宿に行くことが出来た。現在はまたシーズンへの準備を開始し、一日に二回ずつトレーニングを行っている。7月にはもう一つの合宿があり、今回はイタリアだ」。

—ショーでは新プログラムで演じたのですか?

「違う。というのも今のプログラム作成の結果に僕は不満足だからだ。今日僕たちにあるのは、アウトラインだけで、プログラムの最終案の骨組みだ。それらはまだ仕上げなければならず、ステップやつなぎを作り、滑り込まなければならない。プログラム作りは、全員が少しずつ取り組んだが、基本的に僕たちと働いたのは、ニコライ・モローゾフだ。僕たちは、昨シーズン用意したプログラムを残すことにした。ショートは、『Bollywood』で、いくつかのインド映画からのメロディだ。フリーは『ドラキュラ』で、映画『ドラキュラ』と『ヴァン・ヘルシング』からの音楽だ」。

—プログラムの技術的基礎は、難しくする予定がありますか?

「もちろん、難しくするだろうが、根本的なものではない。リフトとつなぎの可能性がある。四回転ツイストは、今のところ習得しない。僕たちは三回転を復活させるだろう! 僕の怪我のために、僕とターニャはソチオリンピックでツイストをやったのが最後だった。現在は全てが少しずつ回復している」。

—シーズン初めはどのような大会を予定していますか?

「最初の試合は、僕たちが初めから予定していたように、オーベルストドルフ(ドイツ)のネーベルホルン・トロフィーになるだろう。その後は、グランプリの二つの大会で、第4戦のボルドーと第6戦の長野だ。ロシア国内の大会に関しては、まだ何も言えない。これからコーチたちと話し合って行く」。

—2018年オリンピック出場は、あなた方の計画に入っているのですか?

「僕とターニャは随分前から、目標は韓国でのオリンピックと決めていた。僕たちはそれに出場するつもりだ。別の面から言えば、オリンピックまでには十分の時間がある。ここ一、二年は急ぐ必要がない。働いて、滑って、楽しむつもりだ」。

—最後になりますが、あなたとタチヤーナ・ヴォローソジャルのファンたちをやきもきさせている質問です。あなた方の結婚式はいつになりますか?

「結婚式はもうすぐだ(笑)」。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/06/27(土) 01:13:43|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2015/06/23 エテリ・トゥトベリーゼ「大きなことは小さなことから作られる」 | ホーム | 2015/06/26 浅田とフェルナンデスはJapan Openに出場する>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/1381-6ac17170
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)