あれこれ

2015/07/09 セラフィーマ・サハーノヴィチ「2016年ジュニアオリンピックのために、シニアに移行しなかった」

http://www.sports.ru/others/figure-skating/1031204179.html
http://www.allsportinfo.ru/index.php?id=94877

2015/07/09 セラフィーマ・サハーノヴィチ「2016年ジュニアオリンピックのために、シニアに移行しなかった」

ロシアのフィギュアスケーター、セラフィーマ・サハーノヴィチは、新シーズンへの計画を語った。

「私たちのグループは、二週間ヴァルダーイ(ノヴゴロド州)で過ごしました。それは氷上合宿で、私たちはスケーティングやジャンプをし、少しずつプログラムを滑り込みました。当然のことながら基礎体力の準備、振付けにも注意を払いました。ヴァルダーイはとても美しいところで、暖かな天候が続きました。私たちは水浴びもしました(微笑)。今はサンクトペテルブルクでトレーニングをしていますが、7月17日に、二週間の予定でルーレオ(スウェーデン)での合宿に向かいます。そこには今までも行っていたのです」。

「ショートプログラムの音楽を提案したのは、ニキータ・ミハイロフですが、フリーは自分自身です。でも、まだ曲は秘密にしておきます。二つのプログラムとも、私にとっては何かしら新しいもので、このようなスタイルは、まだ試したことがありません。

フリーは最初から自分にとってはやり易いもので、これは多分、内面的世界が自分に近いものだからでしょう。音楽はシリアスです。一方、ショートプログラムは、より自由で、より軽いものです。二つとも演出は、内容が濃く、難しいものです。どちらもとても気に入っています。また私はいつもコスチューム作りの過程で参加しています。スケッチは既に描かれているので、まもなく私たちは決めると思います」。

「私がシニアに移行しなかったのは、2016年のジュニアオリンピックのためなのです! 目標については大きなことを言いたくありません。ただ、自分の仕事を立派にやろうと思います。私は非公開のテストスケートにも参加します。でも、グランプリ大会については、私とコーチはまだ決めていません。ただ、シーズンはジュニアで始めますが、シニアのロシア選手権に出場するつもりです」。

「新シーズンでは、ステップからのフリップジャンプがジュニアのショートプログラムで必須になるでしょう。またショートプログラムでは、ボーナス点を得るために、私はずっと全てのジャンプエレメンツを後半にやっていました。フリープログラムでは、二つのジャンプを前半に残し、残りの5つは後半にやるつもりです。新しいものとしては・・・ショートプログラムで、フライング・シットスピンをやります。フリーでは、私たちはコンビネーションスピンを少し変えたので、それはより美しくなりました。またビールマンをレイバック・スピンに変えました」。

出典:「ヴェス・スポルト」
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/07/11(土) 17:01:59|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2015/07/11 ソトニコワは、北京の2022年オリンピック開催地立候補を支持した | ホーム | 2015/07/10 アデリーナ・ソトニコワはJapan Openに出場する>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/1404-233de27b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)