あれこれ

2015/07/20 ドミートリー・アリーエフ「新シーズンの目標は、ジュニアグランプリファイナルに出ること」

http://www.sports.ru/others/figure-skating/1031508786.html

2015/07/20 ドミートリー・アリーエフ「新シーズンの目標は、ジュニアグランプリファイナルに出ること」

ロシアのフィギュアスケーター、ドミートリー・アリーエフは、新シーズンへの準備について語った。

「僕のショートプログラムは、ゲイリー・ムーアの『Nothing’s the same』で、フリーは、『ノートルダム・ド・パリ』です。僕たちは、ショートプログラムについては随分長いこと考えましたが、結局、ブルースにしました。プログラムの前半はヴォーカル入りで、後半はありません。プログラムのストーリーはこうです:僕は女友達と別れて、一時期自分を見失い、苦しみ、悩みます。でも最終的には、彼女は僕のもとに帰ってくるのです。よくある恋愛物語です。

フリープログラムは、編曲されたものですが、プログラムの土台に選んだのは、クロード・フロロ司祭のテーマです。僕は以前から、自分をも観客をも掴むような、このようなスタイルで自分を試したかったのです。ワレンチン・モーロトフがこのアイディアを提案し、僕がすぐにそれを気に入ったのです。

二つの新プログラムは、自分探し、苦しい体験、人生のなかでのシチュエーションなどの点で、自分に近いものを感じます。

新シーズンの目標は、ジュニアグランプリファイナルに出ることです。僕にとって大事なことはロシアジュニア選手権で良い演技をして、世界ジュニア選手権の代表メンバーに入ることです。また僕の年齢は、まだ何とかユースオリンピックに行けるので、それにも出場したい。またシニアのなかで力を発揮することも大事です。カテゴリー『B』のいくつかの競技会にも出場するかもしれません。ロシア選手権でも良い自分を見せられるよう頑張ります」。アリーエフはこのように語った。

文:アントン・ピリャソフ / 出典:ヴェス・スポルト
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/07/22(水) 00:56:47|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2015/07/15 エカテリーナ・ボブローワ「プログラム作りの難しさは、3~4分でことば無しの小さなスペクタクルを見せること」 | ホーム | 2015/07/18 マリーナ・ズーエワ「シニーツィナ/カツァラポフ組のフリーダンスには、ボチェッリのヴォーカルと中国人ピアニストの演奏を選んだ」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/1419-de3d905c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)