富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ あれこれ 2015/07/22 エリザヴェータ・トゥクタムイシェワ「音楽は全て最終決定をした。新しい振付師リチャード・ブノワと一緒に新プログラムの滑り込みに着手した」

あれこれ

2015/07/22 エリザヴェータ・トゥクタムイシェワ「音楽は全て最終決定をした。新しい振付師リチャード・ブノワと一緒に新プログラムの滑り込みに着手した」

http://allsportinfo.ru/index.php?id=95324

2015/07/22 エリザヴェータ・トゥクタムイシェワ「音楽は全て最終決定をした。新しい振付師リチャード・ブノワと一緒に新プログラムの滑り込みに着手した」

アレクセイ・ミーシンコーチのグループは、エルズルム(トルコ)で氷上合宿を行っている。スポーツ情報通信『ヴェス・スポルト』特別特派員エカテリーナ・ペタイキナに、現ヨーロッパチャンピオン、現世界チャンピオン、エリザヴェータ・トゥクタムイシェワが、シーズンへの準備状況について語った。

「エルズルムでの合宿は、二回目です」。エリザヴェータ・トゥクタムイシェワは語った。「ここは、生産的なトレーニングと良い休息のための全ての条件が揃っています。私たちの一日の仕事は、朝の9時頃から始まります。最初のトレーニングセッションは、氷上練習だけでなく、基礎体力準備や振付け、ストレッチを含めて13時に終了です。二回目のトレーンニングセッションは、17時から20時30分までです。

全体として合宿は、持久力を養い、身体機能の向上を目指しているので、私たちは海抜1900メートル以上の山でも訓練します! このような環境でのトレーニングは、身体的コンディションをより早期に整え、シーズンに向けて良いパフォーマンスの基盤になると考えているのです」。

—専門家の誰と一緒に現在働いているのですか?

「準備が多面的になるよう、私たちは、スケーティングと振付けの専門家を伴っています。これは27歳の振付師Richard Benoit(リチャード・ブノワ)で、彼はプログラムの腕の動きやつなぎの部分に直接取り組んでいます。ニキータ・ミハイロフとヴァフターング・ムルヴァニーゼはステップを助けてくれています」。

—新シーズンのあなたのプログラムはまだ何も明らかにされていません。プログラム作りの秘密の幕を上げてもらえますか?

「具体的な形はあると言えます。従来通り私は、二つのプログラムの選曲については宣伝するようなことはせず、秘密にしておきたいのです。私たちは本当に長いこと曲を選んでいました。いろいろな案から決定出来なかったのです。しかし、今は全てが最終的に決定し、私は既に新しい振付師リチャード・ブノワと一緒にプログラムの滑り込みに着手しています。プログラム作りの音楽では、少しも落胆していません。それらの音楽は私の強い、活気のある性質を完全に引き出しています!」。

—どのような合宿がさらに計画されているのですか?

「8月2日に、私たちのグループ全員 — 私、エリザヴェータ・ヌグマーノワ、アンドレイ・ラズーキン、アルトゥール・ドミートリエフ、アレクサンドル・ペトローフ、エヴゲーニー・セメネーンコ、ピョートル・グメンニク — はトルコからサンクトペテルブルクに帰ります。ホームの『ユビレイヌイ』の氷で一週間ほど過ごし、その後タルトゥー(エストニア)の氷上合宿に出発します」。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/07/22(水) 23:19:25|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<2015/07/23 アレクセイ・ミーシン「プルシェンコは、世界的バレエダンサーたちと一緒に仕事をするだろう」 | ホーム | 2015/07/15 エカテリーナ・ボブローワ「プログラム作りの難しさは、3~4分でことば無しの小さなスペクタクルを見せること」>>

コメント

2015/07/15 ステファン・ランビエール「トゥクタムイシェワには、彼女の長所を強調する二つの強いプログラムを作った」

僕たちは、ショートとフリープログラムを作った。ショートの音楽は言うことは出来ないが、フリーのためには、エドヴァルド・グリークの『ペール・ギュント』組曲を選んだ。

  1. 2015/07/23(木) 09:26:28 |
  2. URL |
  3. ? #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

? 様

トゥクタムイシェワの新プログラムに関しては、当ブログでは、5/14 トゥクタムイシェワ、5/21トゥクタムイシェワ、5/30トゥクタムイシェワ、6/03 アレクセイ・ミーシン、7/06 アレクセイ・ミーシン、7/15ステファン・ランビエールの記事を紹介しています。それぞれの考え方が微妙に変化しています。ランビエールの作った「ペール・ギュント」は、少なくとも一回はエキシビションバージョンで滑っていますが、その後はどうなったでしょうか。少なくとも大幅に手を加えられていそうですね。

> 2015/07/15 ステファン・ランビエール「トゥクタムイシェワには、彼女の長所を強調する二つの強いプログラムを作った」
>
> 僕たちは、ショートとフリープログラムを作った。ショートの音楽は言うことは出来ないが、フリーのためには、エドヴァルド・グリークの『ペール・ギュント』組曲を選んだ。
  1. 2015/07/23(木) 21:45:48 |
  2. URL |
  3. asappo #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/1421-47214964
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    </