富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ あれこれ 2015/07/22 アジヤン・ピトケーエフ「新プログラムは、気分も振付けも今までのものとは似ていない」

あれこれ

2015/07/22 アジヤン・ピトケーエフ「新プログラムは、気分も振付けも今までのものとは似ていない」

http://www.sports.ru/others/figure-skating/1031556860.html

2015/07/22 アジヤン・ピトケーエフ「新プログラムは、気分も振付けも今までのものには似ていない」

ロシアのフィギュアスケーター、アジヤン・ピトケーエフは、シーズンに向けた新プログラムについて語った。

「僕の新ショートプログラムは、ダニイル・グレイヘンガウスが作った。今まで僕たちはそのプログラムを修正したり、部分部分を磨いたりして来た。僕は叙情的なスタイルで登場する。ショートプログラムの前半は、日本の作曲家はまたけしのPainで、後半はデュオSecret GardenのAppassionata熱情だ。意図するところは:僕の心はきれいに純粋なのに、そこにさえ何か暗いもの — 疑いだとか不安だとかが忍び込むかもしれない。しかしながらそれら全てを、自分を通してろ過してしまえば、僕は全ての悪いものから逃れることが出来る。

プログラムの心情は簡単ではない。それを説明するのは僕には難しい — むしろ、滑って、氷の上で全てを見せる方が良い。作品は、内容の濃いものになった — 難しいつなぎのステップ、振付けなど。それ以外でも、イメージ作りや難しいエレメンツを実行することなどを忘れてはいけない。プログラムを滑り切ることは僕には容易ではないが、そのなかで僕は自分を心地よく感じている。

マリーナ・ズーエワはフリープログラムに、映画『Mission』の音楽を提案した。最初僕にはいくつか疑問のようなものがあったけれども、作り始めた途端にそれらは消えてしまった。プログラムの最初は明るい曲調で、その後不安げなものに変わり、終わり近くで再び明るいものになる。プログラムで不安げな音楽が響く箇所は、映画の内容に結びついていると思う。

フリープログラムはとても良いものになった。それはショートプログラム同様、気分でも振付けでも、僕のこれまでのものとは似ていない。僕は二つのプログラムとも心で感じることが出来ると言える。だから心情的なコンポーネントを伝えることがずっと容易になった。セルゲイ・ドゥダコーフも作品をとても気に入ってくれて、プログラムのスタイルは、これまでのものとは違っていると言っていた」。ピトケーエフは、このように語った。

文:アントン・ピリャソフ / 出典:ヴェス・スポルト
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/07/25(土) 23:49:51|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2015/07/25 セルゲイ・ヴォロノフ「二つのプログラムはデヴィッド・ウイルソンではなく、ジェフリー・バトルが作った」 | ホーム | 2015/07/24 ハン・ヤン「フリープログラムで二つの四回転ジャンプを入れたい」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/1426-07ad3fc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    </