富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ あれこれ 2015/07/27 アレクセイ・ミーシン「プルシェンコは自分の道を行っているが、協働を止めるという話はない」

あれこれ

2015/07/27 アレクセイ・ミーシン「プルシェンコは自分の道を行っているが、協働を止めるという話はない」

http://rsport.ru/figure_skating/20150727/849129553.html

2015/07/27 アレクセイ・ミーシン「プリューシェンコは自分の道を行っているが、協働を止めるという話はない」

モスクワ、7月27日、R-Sport、アンドレイ・シモネンコ。
フィギュアスケートロシア功労コーチ、アレクセイ・ミーシンは、R-Sport通信に対し、彼の教え子である二度のオリンピックチャンピオン、エヴゲーニー・プリューシェンコが現在、自分独自のプログラムを準備していること、またグループの合宿に参加していないこととプログラム作成での彼の独立した仕事が、彼との協働を停止することを意味している訳ではないと語った。

月曜日(27日)プリューシェンコは、ボリショイ劇場バレエ芸術監督セルゲイ・フィーリンと有名な振付師ユーリー・ポソホフと一緒に新プログラム作成に着手した、と発表した。世界チャンピオン、エリザヴェータ・トゥクタムイシェワを含むミーシングループは、現在トルコで合宿中だ。

「われわれには現在、今までとは全く異なった問題がある。プリューシェンコは自分の新しい『私』を探している。ジェーニャには、フィーリンとポソホフ以外にも世界的に有名な別の振付師と働く計画がある、ということが出来る。一方、われわれはトルコの合宿で現実的試合に向けて準備をしている」。ミーシンは電話で語った。「エヴゲーニーには自分の道があり、リーザ・トゥクタムイシェワや私のグループの他のアスリートたちには、標準的な、より厳しい道がある」。

「このことは、われわれの関係が悪化していることを意味するものではない。われわれは同志であり、コーチとアスリートだ」。ミーシンはこう強調した。と同時に、プリューシェンコはロシア代表チームのテストスケートに向けて準備出来るのか、そこで彼は滑るのかどうか、という質問には答えなかった。

ロシアのフィギュアスケーターたちは、9月初めにソチにおいて合宿を行い、ナショナルチームのテストスケートは、9月12、13日にそこで実施される。ロシアフィギュアスケート連盟会長アレクサンドル・ゴルシコーフがR-Sport通信に語ったところでは、プリューシェンコはロシアフィギュアスケート連盟にシーズンへの準備日程の変更を通知していない、けれども他の代表メンバーと比べてプログラム作成が遅れていることは、合宿とテストスケートへの不参加を意味している訳ではないという。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/07/28(火) 00:58:30|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2015/07/28 エリザヴェータ・トゥクタムイシェワ「ランビエールは私をよりしなやかにしたと思う」 | ホーム | 2015/07/26 アンナ・ツァリョーワ「アンナ・ポゴリーラヤは怪我から完全に回復した」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/1429-1fdf9b4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    </