富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ あれこれ 2015/08/20 エレーナ・ブヤーノワ「マクシム・コフトンはショートプログラムで2度、フリーで3度の四回転ジャンプで調整している」

あれこれ

2015/08/20 エレーナ・ブヤーノワ「マクシム・コフトンはショートプログラムで2度、フリーで3度の四回転ジャンプで調整している」

http://www.sports.ru/others/figure-skating/1032318129.html

2015/08/20 エレーナ・ブヤーノワ「コフトゥンはショートプログラムで2度、フリーで3度の四回転で調整している」

コーチのエレーナ・ブヤーノワは、マクシム・コフトゥンの新シーズンに向けた準備状況を語った。

「マクスは、足首の怪我のため今は一時的に滑っていません。二つのプログラムとも非常に良いものが出来ましたから、当然、それらを今シーズンは最高の輝きで見せてもらいたいものです。もっとも、わが国の男子たちは、マクスも含めて皆、滑るというより『氷を突っついている』と言った方が良いというのには同意しますけれども。

選手がどのような水準であれ全てのジャンプを跳ぶという目標を持って氷に出て行く時、作品の演出そのものは幾分損なわれ、二義的なものに追いやられます。私は例えば、コフトゥンの昨年のフリープログラムがとても気に入っていましたが、競技会では一度も意図されたようには滑れませんでした。技術的にミスのない唯一の滑りは、フランスでのグランプリ大会でしたが、しかしあそこでもマクシムはコンディションのピークからはかけ離れていたのです。

今年のコフトゥンの二つの作品は、性格が全く異なっているものです。星座で言えばマクスは双子座ですが、それに対応するように、フリープログラムは二人の違った人物を見せます。変わったものになりましたが、私たちは皆気に入っています。ピョートル・チェルヌィショーフがコフトゥンにこのプログラムを作った時、マクスが俳優的視点からこれを克服できるのだろうかと私には一定の疑いがありました。しかし全てがうまく出来たのです。

コフトゥンのショートプログラムには、自分の持ち味のステップがあります。それは非常に難しいステップシークエンスです。今のところ私たちは二つの四回転ジャンプもやろうとしています。ショートで2度の四回転、フリーで3度です。私たちがそれは現実的だと一度確信したことを、どうして後退させる必要があるでしょう?」。ブヤーノワはこう語った。

文:ユレナ  / 出典:Sport-Express
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/08/21(金) 01:35:32|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2015/08/20 アデリーナ・ソトニコワは新シーズンに向けた二つのプログラムを披露した | ホーム | 2015/08/20 エヴゲーニー・プルシェンコ、アデリーナ・ソトニコワはロシア代表チーム公開スケートに参加する>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/1468-03230fe4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    </