富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ あれこれ 2015/09/19 セルゲイ・ヴォロノフ「僕のプログラムを全員が評価した訳では無かった」

あれこれ

2015/09/19 セルゲイ・ヴォロノフ「僕のプログラムを全員が評価した訳では無かった」

http://tass.ru/sport/2275792

2015/09/19 セルゲイ・ヴォーロノフはロシアカップサマーラ大会2位で、ひどく落胆している訳ではない

モスクワ、9月19日、TASS特派員ヴェロニカ・ソヴェートワ。
ロシアのフィギュアスケーター、セルゲイ・ヴォーロノフは、自分のシーズン初戦となるロシアカップサマーラ大会で2位になった。大会を制したのは、2013年ロシアジュニア選手権の勝利者ミハイル・コリャダーだ。コリャダーは昨シーズン怪我のため欠場していた。ヴォーロノフはTASS特派員との話のなかで、結果に気落ちしてはいないと語った。

「演技は転倒が無かったとは言え、クリーンでは無かった」。ショートプログラムでは一位だったヴォーロノフは語った。「サマーラでは、『ミューズ』の曲と『Once Upon a Time in America』の曲を使った僕のプログラムを全員が評価した訳では無かったという点が影響したと思う。しかし、全員が気に入るようには僕は出来ない。だから、最初の結果に気落ちしていると言うことは出来ない」。

ヴォーロノフは、初戦での自分の目標は遂行したと語った。「僕は自分の目標を遂行した。僕はここ、サマーラにプログラムを点検するためにやって来た。確かに易しいところで多くのミスをしたが、二つの四回転と二つのトリプルアクセルを、完全にクリーンとはいかなかったが跳んだ。リスクを冒さぬ者は勝利出来ない。今後、もっと厳しい試合が待っている。10月8~11日まで開催される『フィンランディア・トロフィー』に出場を予定している」。

彼はコリャダーが勝利して嬉しいと語った。「僕はミハイルのために心から喜んでいる。この結果が、新シーズンの初盤で彼に力を与えれば良い。だって、昨シーズンは怪我でうまく行かなかったのだから」。

三位にはゴルジェイ・ゴルシコーフが入った。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/09/20(日) 23:57:50|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2015/09/20 宮原知子「私は滑りのスピードとジャンプの質を上げなければならない」 | ホーム | 2015/09/19 ユーリヤ・リプニツカヤ「私はとても変わった」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/1514-35223d1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    </