富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ あれこれ 2015/09/21 アレクセイ・ミーシン「トゥクタムイシェワの準備に問題はあるが、シーズンは駄目にならない」

あれこれ

2015/09/21 アレクセイ・ミーシン「トゥクタムイシェワの準備に問題はあるが、シーズンは駄目にならない」

http://www.sovsport.ru/news/text-item/843159

2015/09/21 アレクセイ・ミーシン「トゥクタムイシェワの準備に問題はあるが、シーズンは駄目にならない」

女子シングル現世界チャンピオン、エリザヴェータ・トゥクタムイシェワは、新シーズンに向けた準備のなかで困難を体験しているが、このなかでも四回転ジャンプを学んでいると、Sovsport.ru解説者のアンドレイ・シモネンコに、彼女のコーチのアレクセイ・ミーシンが語った。

トゥクタムイシェワは月曜日(21日)、サマーラでのロシアカップ第1戦での試合を終えた。彼女は優勝したが、二つのプログラムの滑りでは、ミスを許した。

「今年、リーザの準備は非常に難しいものになっている」。ミーシンは認めた。「エヴゲーニー・プリューシェンコ、アレクセイ・ウルマーノフ、アレクセイ・ヤグージンとの私の仕事の経験では、大きな成功の後には深刻な問題が見られると言える。同じことをオリンピックの後われわれは目にした。そこでは多くのソチの成功者たちが次のシーズンを欠場した。トゥクタムイシェワのシーズンが駄目になるとは思わないが、困難はある」。

「この理由でサマーラでの試合は、もはやテストスケートとも言えず、ただの練習の様相を呈した」。コーチは付け加えた。「しかし、難しいジャンプに関して言えば、リーザは練習でトリプルアクセルを既に二、三度跳んでいる。四回転トウループの練習も進行している。今のところそれは出来ていないが」。

トゥクタムイシェワの次の試合は、10月3日に日本で行われる商業的大会だとミーシンは語った。「シーズンの進行のなかでコンディションを整えて行く。われわれが昨年そうやったように」。コーチはそう締めくくった。

サマーラでの大会には、オリンピックチャンピオン、アデリーナ・ソートニコワも出場したが、競技外での出場で、彼女はフリープログラムだけを滑った。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/09/22(火) 22:44:08|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2015/09/22 タマーラ・モスクヴィナ「カワグチ/スミルノフ組のフリーでは、二つのスロー四回転ジャンプを計画している」 | ホーム | 2015/09/19 ウルマノフは、ヴォロソジャルとトランコフの学校で常勤となって引き続き働く>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/1518-088dc385
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    </