あれこれ

2015/09/24 イリヤ・アヴェルブーフ「エレーナ・イリイヌィフとルスラン・ジガンシンは、リーダーになれる」

http://tass.ru/sport/2288636

2015/09/24 イリヤ・アヴェルブーフ「エレーナ・イリイヌィフとルスラン・ジガンシンは、リーダーになれる」

=====オリンピック銀メダリスト、イリヤ・アヴェルブーフがロシアのフィギュアスケート界全般の今シーズンを予想したTASS通信の記事より。アイスダンスの箇所を抜粋=====

ソチオリンピック後に結成されたエレーナ・イリイヌィフ/ルスラン・ジガンシン組は、来たるべきシーズン、ヨーロッパ選手権や世界選手権を含む今後の国際大会で、表彰台を目指して戦える力があると、イリヤ・アヴェルブーフは考えている。

「二人がシーズン初めに見せたものから判断して、時間は虚しく費やされてはいなかった — 彼らは同調して一体となっていた」。アヴェルブーフは語った。「彼らが成長を欲していること、新しい決断、生きの良い振付けを見出したことが分かった。現時点でイリイヌィフとジガンシンは、オリンピックチャンピオン、エカテリーナ・ボブローワ/ドミートリー・ソロヴィヨーフ組が帰ってくるにもかかわらず、ロシア代表チームアイスダンスのリーダーになれるだろう。アレクサンドル・ジューリンの教え子であるボブローワ/ソロヴィヨーフ組は、身についている滑りのレベルは以前通りであるにせよ、必要なコンディションにまだ戻っていない」。

イリイヌィフとジガンシンは、ショートプログラムの作成でリスクを賭けたとアヴェルブーフは考えている。「レーナとルスランのショートプログラムは、非常にリスキーなステップだ。全般的にワルツというなかでQueen の音楽の彼らは、勝って、鮮やかに記憶に残る存在となるかもしれないし、あるいは、好感を持たれないかもしれない。全ては最初のいくつかの国際大会に懸かっている — 彼らは受け入れられるか、受け入れられないか。しかし、僕は彼らのアイディア、彼らの方向性に好感を持った。イリイヌィフとジガンシンには、来たるべきシーズン、アメリカのペアやカナダのペアと戦いに持ち込める大きなチャンスがあると僕は確信している」。

「ニキータ・カツァラーポフとヴィクトーリヤ・シニーツィナに関しては、テストスケートに彼らが参加しなかった以上、正確には言えないだろう。ついでに言えば、不参加だったことは大変良いこととは言えない」。アヴェルブーフは指摘した。「もし、彼らが再び代表メンバーになることを狙うのだったら、彼らは、皆と同様に、自分たちのポジションを戦い獲らなければならない。彼らが最初のいくつかの大会でどのような滑りを見せるかが重要になるだろう。ヴィクトーリヤとニキータにとっては、最大限に鮮やかに見えることが大事になる」。

若いダンサーのアレクサンドラ・ステパーノワとイワン・ブーキンは、独自の道を進んでいると、アヴェルブーフは考えている。

「彼らは独自の道を進んでいる。これは好ましいことだ。このペアには個性があり、これは非常に大事だ。僕が特に気に入ったのは、彼らの独創的なプログラムだ。フリープログラムではまだ足りないものがあるが」。

「全体的に言って、アイスダンスの上位4組は、イリイヌィフ/ジガンシン組、ボブローワ/ソロヴィヨーフ組、ステパーノワ/ブーキン組、シニーツィナ/カツァラーポフ組になるだろうと思う。そして彼らの中の最上位の者は、ボストンの世界選手権で3位以内を目指して戦うことが出来る」。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/09/26(土) 00:55:34|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2015/09/25 インナ・ゴンチャレンコ「私とラジオノワにとってシーズンは例年よりも困難に始まりつつある」 | ホーム | 2015/09/24 エリザヴェータ・トゥクタムィシェワ「近い大会でトリプルアクセルを見せる」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/1523-ae8cb7e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)