あれこれ

2015/09/29 エヴゲーニー・プルシェンコ「羽生結弦は、新シーズンの男子フィギュアスケートの本命になるだろう」

http://tass.ru/sport/2300430

2015/09/29 エヴゲーニー・プリューシェンコ「羽生結弦は、新シーズン、男子フィギュアスケートの本命になるだろう」

モスクワ、9月29日、TASS特派員アルチョム・クズネツォーフ。
日本のフィギュアスケーター、ソチオリンピックチャンピオン羽生結弦は、新シーズンの世界選手権、グランプリシリーズファイナルでの重要な優勝候補者になるだろう。TASSにこう語るのは、二度のオリンピックチャンピオン、エヴゲーニー・プリューシェンコだ。

プリューシェンコは、四月に現役更新を公表し、すぐにフィギュアスケートロシア代表チームのメンバーになったが、八月に腰の怪我の再発後、シーズンを欠場する決断を発表した。それにもかかわらず、32歳のフィギュアスケーターは、新プログラム作りを続行している。

「僕は少し前に羽生結弦と一緒に滑った。彼はユニークなアスリートで、世界的スターだ。今シーズンは彼のものになるだろう。さらに二人、良い日本人選手がいて、まさに彼らが今シーズンのリーダーたちになるだろう」。プリューシェンコは語った。

「もちろん、ハビエル・フェルナンデスやパトリック・チャンの良い滑りも見たい。セリョージャ・ヴォーロノフが自分の結果を見せることを期待している。同様にコースチャ・メンショフにも」。彼はこう話した。

プリューシェンコは、シーズン欠場にもかかわらず、2018年ピョンチャンオリンピックでの自分の仮想ライバルの力を観察し続けていると語った。「僕のライバル層として、10~15人が視野に入っている」。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/09/30(水) 01:09:19|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2015/09/30 ISUテクニカルスペシャリスト「休養期間中、ヴォロソジャルとトランコフの演技スキルは失われていなかった」 | ホーム | 2015/09/28 ユーコ・カワグチ「ショートプログラムの曲を理解出来ない」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/1533-f08e090a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)