富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ あれこれ 2015/10/02 ドミートリー・アリエフ「リプニツカヤのジャンプを学ぼうとした」

あれこれ

2015/10/02 ドミートリー・アリエフ「リプニツカヤのジャンプを学ぼうとした」

https://sport.mail.ru/news/figure-skating/23501152/

2015/10/02 ドミートリー・アリーエフ「リプニーツカヤのジャンプを学ぼうとした」

===抜粋===
シニアのグランプリシリーズが今始まろうとしているが、ジュニアではもう終盤に近づいている。ジュニア男子競技で、出場した二つの大会で二つとも勝利するという100パーセントの結果を出したのは、一人のみで、ロシアのドミートリー・アリーエフだ。彼には、シーズンの成長株に躍り出る大きなチャンスがある。

—初めて四回転が跳べた時のことを覚えていますか?
「もちろん。トレーニングの時僕は何か疲れていて、自分に何も期待していなかった。四回転の試技が始まった。半回転不足、四分の一回転で転倒。でも、もしちょっと加えれば出来ると感じた。自分の両頬を叩いて集中し、まるでロボットみたいに行った。そして飛び上がった時、いいぞ、速いぞ、高いぞ!と感じた。回りながら考えた — 出来るかも! 一瞬の間にそれだけの考えがよぎった。出は簡単だった — まるでトリプルみたいだった。そして皆が拍手したのだ」。

—今、四回転はあなたにとって多かれ少なかれ平凡なジャンプですが、跳び上がっている時に、成功するかしないか分かりますか?
「もちろん。跳んでいる最中に、もしそれが良くないと感じたならジャンプを救おうとすることも出来る。(同じエヴゲーニー・ルカヴィーツィンコーチのグループにいる)コースチャ(コンスタンチン)・メンショフは、そうして多くのジャンプを救っている」。

—試合や自分の練習のことをほぼいつも考えていると、あなたはいつか話していましたね?
「寝る時に横になって、経験したことを分析する。ジャンプの感じを思い出す。大体、寝る間際の考えは、非常に多くの価値を持つ。試合の時僕は眠る前に、頭の中でプログラムを通し稽古する」。

—(ルカヴィーツィンのところにやって来る11歳まで湖や戸外で滑っていた)故郷の町ウフター(コミ共和国)は、冬のマロース(厳寒)は厳しいのでしょうね。
「ジャンパーを着て、暖かくて厚ぼったいズボンを履き、ミトンの手袋に帽子で滑るのだ」。

—その格好でジャンプをしたのですか?
「他に方法は無かった」。

—コーチのところ以外に自分自身でも何か学んだのですか?
「とても多くの様々な録画を見た。例えば、ユーリャ・リプニーツカヤのプログラムをビデオで繰り返し見た。特に覚えている一つのプログラムは、彼女が緑の衣装で滑っていたものだ。このプログラムはパソコンにダウンロードして、スローで見ていた。特にジャンプだが。競技会では多くの選手たちに声をかけて、何か質問していた」。

—フィギュアスケートで得たいものは何ですか?
「今は、2大会勝っているので選出されたグランプリファイナルで、自分を発揮したい。ユースオリンピックにも出たいし、世界ジュニアにも出たい。どこでも目標は、表彰台だけだ」。

—スキーとフィギュアスケートのどちらかを選択しようとして、あなたは主観的スポーツ種目に身を置いてしまったという考えに陥ることはありませんか? スキー競技なら、最初にゴールした人がチャンピオンで、全て明快です。しかしここでは、ジャッジやら演技構成点やら、全てが自分次第とはいきませんが・・・
「スキー(距離別)競技では、走って、息を切らして・・・勝ったらメダルを貰って、家に帰るだけだ。でも僕はスケートで滑るのが気に入っている。うまく行った時には特に。自分を通して音楽や動きを演じるのだ — 鳥肌が立つ。ここには筋がある。ここには人生がある。フィギュアスケートは、そこに何が待っているか分からないところにも惹かれる」。

サンクトペテルブルクに見学に来たジーマ(ドミートリー)は、アレクセイ・ニコラエヴィチ・ミーシンのところでは受け入れて貰えなかった。受け入れてくれたのは、エヴゲーニー・ルカヴィーツィンだった。コーチに質問した。

—エヴゲーニー・ヴラジーミロヴィチ(ルカヴィーツィン)、あなたはアリーエフの何に興味を持ったのですか? 
「視線だ。非常に深い。それに肉眼でもすぐに分かった身体の調整力だ」。

—どのような視線ですか?
「複雑な視線だ。僕はそのなかに思考の多面性を見た。これは多くのことを考えている人間だと感じた。様々な方向で。分析をしている人間だと」。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/10/03(土) 03:33:33|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2015/10/02 ニーナ・モーザー「タラソワ/モロゾフ組は四回転ツイストを練習していたが、タラソワが7月に肩を痛めた」 | ホーム | 2015/09/29 ユーコ・カワグチ「四回転スロージャンプから喜びを得ている」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/1536-373d2d0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    </