富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ あれこれ 2015/10/07 エカテリーナ・ボブロワ「今のコンディションは最適ではないが、練習を重ねるごとに良くなって来ている」

あれこれ

2015/10/07 エカテリーナ・ボブロワ「今のコンディションは最適ではないが、練習を重ねるごとに良くなって来ている」

http://www.sports.ru/others/figure-skating/1033622497.html
http://stolica-s.su/?p=18893

2015/10/07 エカテリーナ・ボブローワ「今のコンディションは最適ではないが、練習を重ねるごとに良くなって来ている」

アイスダンスでドミートリー・ソロヴィヨーフとペアを組んでいるロシアのフィギュアスケーター、エカテリーナ・ボブローワは、サランスクで10月15~18日に行われるISUチャレンジャーシリーズ「モルドヴィアン・オーナメント」に向けての準備について語った。

「私たちの目標はノーミスでプログラムを滑ることです。そして、試合ごとに改善されどんどん良い滑りになっていることを、自分にも観客にも証明することです。それに、国際審査員たちがどのように私たちを評価するかも興味深いのです。彼らの判定から、プログラムの何を修正し、改善すべきかを知ることが出来ますから。

私とドミートリーは、15年も一緒に滑っています! ですから今何の問題もありません。(ドミートリーの怪我で)一人で練習していた時には、技術も含めて多くのコンポーネンツを上達させました。彼と一緒に仕事して以来私たちは初めて競技シーズンを休みました。ですから、ロシアカップサマーラ大会では幾つかの点を思い出す必要がありました。例えば試合前練習だとか、それに私は化粧だとか髪型だとか・・・これらは基本的なことですが、それらを思い出さなければならなかったのです。国内の大会であるサマーラでこのようなことが起こって良かったです。サランスクではより厳しい、世界レベルの大会が待っています。もっと緊張することでしょう」。

—最近あなたは、よく髪の色を変えていますね:白い時もあったし、黒い時も、赤い時もあった・・・サランスクの観客の前ではどんな色で登場するのですか?
「いらして見てください(笑)。自分の色を見つけましたのよ。この前と同じ色にするつもりです」。

—ドミートリー・ソロヴィヨーフは怪我の後、完全に回復したのですか?
「ジーマ(ドミートリー)のことばによれば、まだ痛みがあるということです。医師たちには、勝ちたくても我慢しなさいと言われました。彼の痛む膝を考慮しながら、仕事を変えています。

トルコのエルズルムでとても成果の上がった合宿をしました。山中で準備をしたのです。高度があるのでとても大変でした。私はどのような負荷にも耐えられるといっても、山中ではかなり我慢が必要でした。
コーチたちのサポートや正しい力配分のお陰で、合宿はとても生産的なものになりました。私たちは力が満ちてくるのを感じました。今、コンディションは最適ではありませんが、私たちは練習を重ねるごとに良くなってきています」。

—コーチのアレクサンドル・ジューリンはあなた方の状態に満足していますか?
「もしコーチが全てに満足したら、ペアは現状にとどまり、成長しません。指導者が言いがかりをつけられるニュアンスはいつだってあります。もし、私たちが素晴らしく働いたとしても、サーシャ(アレクサンドル)はやはり何らかのミスを見つけるでしょう。仕事は無限に存在します」。

—あなたは最大限追求主義者ですか?
「もちろんです。トレーニングのプロセスに関してですが。練習では決して自分を甘やかしません。常に全力を尽くします」。

—あなた方が休んでいた昨シーズン、ロシアのダンスペアNo. 1は、エレーナ・イリイヌィフ/ルスラン・ジガンシンでした。何人かの専門家は、彼らが主導権を保持するだろうと考えています。あなたは同意しますか?

「この質問にはどうお答えすべきか分かりません。私とジーマは、戻れて滑れることをただ喜んでいます。彼の怪我は非常に深刻で、引退もあり得たのです。ある医師が一つのことを言い、別の医師は別のことを言ったのです。ジーマはどうすべきか分かりませんでした。私もどうすべきか分からなかった。今は戻れて、フィギュアスケートファンの前で自分の技量を披露出来ることを二人で喜んでいるのです」。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/10/08(木) 02:15:17|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2015/10/07 ミハイル・コリャダ「僕はまだ、権威をつけるための仕事をこれからしなければならない」 | ホーム | 2015/10/05 エヴゲーニー・プルシェンコ「僕の記憶では、僕とミーシンの同盟はフィギュアスケート史上最も長命だ」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/1542-8e7efcc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    </