富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ あれこれ 2015/10/18 アレクセイ・ミーシン「トゥクタムィシェワの困難は、トリプルアクセルを早期に組み入れたことによる」

あれこれ

2015/10/18 アレクセイ・ミーシン「トゥクタムィシェワの困難は、トリプルアクセルを早期に組み入れたことによる」

http://rsport.ru/figure_skating/20151018/872503914.html

2015/10/18 アレクセイ・ミーシン「トゥクタムイシェワの困難は、トリプルアクセルを早期に組み入れたことによる」

サランスク、10月18日、R-Sport、アナトーリー・サモフヴァーロフ。
女子シングルスケート2015年世界女王エリザヴェータ・トゥクタムイシェワは、シーズンに入ってからの大会で滑りの質に一定の困難を感じている。それは、彼女のショートプログラムに以前よりも早期にトリプルアクセルを組み込んだためだと、コーチのアレクセイ・ミーシンがR-Sport通信に語った。

トゥクタムイシェワは、日曜日(18日)、Coupe de Nice大会で総合得点179.23ポイントを獲得し勝利した。ショートプログラムで彼女は、一位になった同じロシアのアリョーナ・レオーノワに9ポイント以上引き離されていた。総合順位でレオーノワは2位(178.59)、3位にはフランスのロリン・レカヴェリエ(155.78)が入った。

「ショートプログラムに関していえば、もちろん、リーザのそれは上手く行かなかったが、そこには理由がある:昨年われわれはトリプルアクセルを正月後に組み込んだが、今年は主要な大会前にそれを用いようとした。トリプルアクセルの組み入れは、一定の困難さを生む。われわれは、それらを克服する途上にある」。ミーシンは電話でこう語った。

またコーチは、トゥクタムイシェワのフリープログラムへの「部分的満足」を表明した。「われわれは、ミス無しの演技ではなかったものの、(レオーノワからの)このような大きな遅れを取り戻した」。ミーシンはこう付け加えた。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/10/19(月) 18:46:33|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2015/10/18 アンナ・ポゴリラヤは、モルドヴィアンオーナメントで自己最高記録を出した | ホーム | 2015/10/18 アデリーナ・ソトニコワ「サランスクでの大会は良いトレーニング」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/1559-64b880c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    </