富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ あれこれ 2015/10/22 アレクサンドル・ラケールニク「現在のロシア男子シングルスケートでは、道は全員に開かれている」

あれこれ

2015/10/22 アレクサンドル・ラケールニク「現在のロシア男子シングルスケートでは、道は全員に開かれている」

http://www.sports.ru/others/figure-skating/1034015580.html
http://tass.ru/sport/2369277

2015/10/22 アレクサンドル・ラケールニク「現在のロシア男子シングルスケートでは、道は全員に開かれている」

ISU技術委員会委員長アレクサンドル・ラケールニクは、ロシア男子スケートには、今のところ明確なリーダーがいない、との考えを示した。

「男子シングルスケートでは、今のところ、道は全員に開かれているという状況だ。私の見るところ、近いうちに何名かのアスリートが、リーダーの地位を賭けて戦う筈だ。

マクシム・コフトゥンは、練習ではプログラムを完全に滑り切っている。しかしながら、サランスクのモルドヴィアン・オーナメントでは、残念ながら納得させるものには見えなかった。もちろん、心理的なものもあったのだろう。マクシムには、改善できる、しなければならない多くのことがある。私個人としては、コフトゥンに非常に希望を懸けているのだが。彼は既に昨年、世界のリーダーの一人になれるだけの成熟を見せていた。それは今シーズンに叶うだろうと思っている。

モーリス・クヴィテラシヴィリは既に多くのことが出来ている。しかし、問題はモーリスが二度失敗して三度目の正直で実行する点だ。サランスクでのチャレンジャーシリーズ大会では、彼は二つのプログラムをそれなりにやってはいたが。要するに問題は足にあるのではなく、頭にあるのだ。モーリスの潜在力はすばらしいし、彼のプログラムにはトウループとサルコウの二つの立派な四回転ジャンプがある。それにアクセルも。それは立派な構成なのだが、今のところクヴィテラシヴィリは、出来ることの三分の一しかわれわれに見せていない。

忘れてはならないのは、われわれにはまだコンスタンチン・メンショフも、セルゲイ・ヴォーロノフもいるということだ。また、今のところはっきりしないのは、怪我の後のアルトゥール・ガチンスキーの状態だ。彼も考えに入れておかなければならないスケーターだ。怪我でシーズンを休んだ後先日の『ネペラ・トロフィー』で良い演技をしたミハイル・コリャダーのことも注意深く見なければならないだろう。

アジヤン・ピトケーエフは、技術的には良い準備が出来ている。良く滑るし、良く跳んでいる。しかし、彼は自分の殻から出る必要がある。彼は自分に浸っている。いつも自分の力を疑っている。彼はそれを克服出来れば、全てが良くなる。

アレクサンドル・サマーリンは、サランスクのチャレンジャー大会までに少し疲れていた。というのは、その時までに彼はザグレブのジュニアグランプリで滑り、そこのフリープログラムで勝利したのだから。しかし彼は前進していて、四回転ジャンプも武器として備えた。

ドミートリー・アリーエフは、まだジュニアで滑っているけれども、この前の休日にはニースの(シニアの)国際大会でメダリストになった。

しかしながら、彼らのうちの誰一人についても、完全な信頼性も持って語ることは出来ない」

出典:TASS
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/10/23(金) 01:04:47|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2015/10/23 フィギュアスケートグランプリ、氷上のダービーと対決:チャンと羽生 | ホーム | 2015/10/22 アレクサンドル・ラケールニク「ロシア女子スケーターの昨シーズンの成功は、今シーズンの勝利の保証とはならない」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/1565-f8b3f7e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    </