あれこれ

2015/10/24 コンスタンチン・メンショフ「少し眠たかったので緊張しなかった」

http://www.sports.ru/others/figure-skating/1034059371.html

2015/10/24 コンスタンチン・メンショフ「少し眠たかったので緊張しなかった」

グランプリ第1戦「スケート・アメリカ」のショートプログラムで3位につけた、ロシアのフィギュアスケーター、コンスタンチン・メンショフは、自分の演技についてコメントした。

「今日の演技には満足している。今ロシアでは朝の6時だ。少し眠たかったので、緊張はしなかった。トリプルアクセルでエラーがあったが、リンクが狭かったからかもしれない。最も大事なことは、明日のフリープログラムのために集中することだ」。メンショフはこう語った。

文:マリヤ・セレンコワ / 出典:ISU

http://www.rsport.ru/figure_skating/20151024/873894602.html

2015/10/24 エヴゲーニー・ルカヴィーツィン「メンショフはグランプリアメリカ大会で、二つの四回転ジャンプとトリプルアクセルを実行した」

モスクワ、10月24日、R-Sport、アナトーリー・サモフヴァーロフ。
ロシアのフィギュアスケーター、コンスタンチン・メンショフは、グランプリ大会第1戦ショートプログラムで、全ての難しいジャンプを遂行したと、コーチのエヴゲーニー・ルカヴィーツィンが、R-Sport通信に語った。

メンショフはグランプリ大会Skate Americaでのショートプログラムで3位になった。86.15ポイント。リードしたのはアメリカのマックス・アーロンで、86.67ポイント、2位は中国のハン・ヤンで、86.53ポイント。他のロシア代表アジヤン・ピトケーエフは、5位(79.90).

「コースチャは、二つの四回転ジャンプ — 一つはトリプルトウループとのコンビネーションで、二つ目はサルコウのソロジャンプ — とトリプルアクセルをやった。全体として滑りには満足だ。欠陥は、最後のレベル3になったスピンだ。滑りの面では、トレーニングの時のような束縛がない時よりも、彼はずっと集中していた」。ルカヴィーツィンはこのように電話で語った。

彼のことばによれば、フリープログラムにおける戦術的変更は無いという。「最初に作成された通りに、コースチャはやる」。とコーチは付け加えた。

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/10/24(土) 18:07:33|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2015/10/25 エヴゲーニヤ・メドヴェージェワ「シニアに移行し、自分のバーを上げられて嬉しい」 | ホーム | 2015/10/24 ニキータ・カツァラポフ「明日は戦う」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/1569-9f6aef8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)