あれこれ

2015/10/26 アンナ・ポゴリラヤ「今は、私とコーチはうまく行っている」

http://rsport.ru/interview/20151026/874604209.html

2015/10/26 アンナ・ポゴリーラヤ「今は、私とコーチはうまく行っている」

====昨日と同じR-Sportのアンナ・ポゴリーラヤのインタビュー記事の抜粋です====

(エレーナ・ジヤチコーワ)
—今シーズンのあなたのプログラムはニコライ・モローゾフが作りました。あなたは彼との仕事に大変満足のようですね?

「はい。私たちは皆一緒にいろいろ検討して、演出家を探しました。モローゾフが二つのプログラムを作ると知って、とても嬉しく思いました。それは私にとっては新しいレベルでしたから。音楽は、私とコーチ、それにニコライ・モローゾフが一緒に探しました。私たちは、口論はしませんでしたが、時間が随分かかって、しばらくあれやこれや探し回りました。結局選んだのですが、それに至るまでには、音楽を聞いて、聞いて、聞いて、そして最初にショートの曲を見つけて、次にフリープログラムを見つけました。私がただ理解したことは、この曲は似合っているし、自分が気に入っているし、これで滑りたいと思うし、私はその曲を感じることが出来るということでした。私は自分が気に入らない曲は一度も選んだことがないのです」。

—プログラムのイメージは難しい・・・・

「振付師がイメージを見つけるのを助けてくれますし、私たちはずっとイメージを作り上げているのです — 腕だとかその他を。今はまだショートプログラムのイメージさえ最後までは見つけられていないし、最後まで仕上がっていないのです。まだまだ仕事を続けなければなりません!」。

—衣装はどのように選んだのですか?

「選ぶのに時間はかかりませんでした。コスチュームのことに関わるのは好きなので、積極的に参加しました。デッサンが提示され、私たちはふさわしい案を選びました。何かしら修正が加えられ、すぐに縫い始めました。今もまだ修正の過程にあります。というのも、フリープログラムの衣装は、腹部がバラ色だからです。これは、裸の70%という規定でポイントがマイナスされないように、とりあえず作られたものなのです。今、バラ色が無くなるように作り直しています。結局は、何かの模様がついた肌色になるでしょう。裁縫師さんは、自分の考えがあって、全てやると言っているので、私たちはもう彼女を信じることにしています」。

—春頃に、あなたがコーチを変えたがっているという話が飛び交いましたが。

「全ては過去のことです。実際のところ、そのことが少し役に立ったのです。私たちは全てを新しく始めたと言えます。お互いに理解しあうことや、今までとは違う関係を新たに学び始めたのです。全てのことがプラスになりました。私の感じでは、今、私とコーチはうまく行っています。私たちは全てを白紙の状態に戻って始めたと言えるかもしれません」。

—多分トレーニング以外の時間は少しも残らないのでしょうね。

「いいえ、残ります。大学のための時間を見つけていますし、休日や、トレーニングの合間、トレーニングの後に時間はあります。時には散歩にも行けます。一つのことだけに取り組むのはとても大変ですから、時には息抜きが必要です。私が好きなのは、少し横になって休んだり、本を読んだり、映画を見たり、友人と会うことです。でも最近は映画館には行けません。考えさせられるような何らかの思いが詰まっている映画が好きです。本も好きです。でも時には読みたくない時もあります。ただ眠たい時には。読んだり寝たりです(笑)」。

—大学の授業に通っているのですか?

「今のところ、全部にはどうしても出られませんが、大学には通っています。でもとても遠いのです。この問題も何とかしなければなりません。私の専門は、「体育:フィギュアスケート」です。一言で言えば、全て私のことです(笑)。でも第二の専門も考えているのです。ただ、フィギュアスケートの後、何をしたいのかはまだ思いつかないのですが」。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/10/28(水) 01:42:39|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2015/10/27 マリーナ・ズーエワ「ユリア・リプニツカヤの秘密、それは彼女の正直さ」 | ホーム | 2015/10/26 アンナ・ポゴリラヤ「ロシア選手権を経てヨーロッパ選手権代表になること、それは高品質の印」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/1574-8aeec5bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)