富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ あれこれ 2015/10/31 ヴィクトル・クドリャフツェフ「トゥクタムィシェワは、シーズンスタートで強い印象を与えたが、まだ十分な準備が出来ていない」

あれこれ

2015/10/31 ヴィクトル・クドリャフツェフ「トゥクタムィシェワは、シーズンスタートで強い印象を与えたが、まだ十分な準備が出来ていない」

http://rsport.ru/figure_skating/20151031/875734472.html

2015/10/31 ヴィクトル・クドリャフツェフ「トゥクタムイシェワは、シーズンスタートで強い印象を与えたが、まだ十分な準備が出来ていない」

モスクワ、10月31日、R-Sport、アナトーリー・サモフヴァーロフ。
ロシアのフィギュアスケーター、エリザヴェータ・トゥクタムイシェワは、シーズンのスタートで最高の形では無かったものの、自分の今後への展望を開いた。ロシア功労コーチ、ヴィクトル・クドリャフツェフは、R-Sport通信にこう語った。

2015年世界女王は、グランプリ第2戦Skate Canada、ショートプログラムで、55.37ポイントで7位になった。リードしているのはアメリカのアシュリー・ワグナー(70.73)、2位は、日本の永井優香(63.35)、3位は同じく日本の村上佳菜子(59.79)。

「私の見方では、トゥクタムイシェワはまだシーズンの準備が出来ておらず、まだプログラムの滑り込みが足りない。また、現時点で音楽の気持ちになっていない。これらのことが緊張を生んでいる。しかし、シーズンスタートとしては、彼女は悪くない印象を呼び起こした。彼女は良かった」。クドリャフツェフは電話で語った。「彼女のプログラムは新しい方向のものだし、より広い方向のものだ。この面では彼女には準備の時間が不足している」。

カナダでの演技でトゥクタムイシェワは、ダブルルッツを跳んだが、新規則により、ショートプログラムでのソロダブルジャンプは禁止されている。そのためこのエレメントでの彼女のポイントはゼロとなった。「これは良い、正当な規則なのだから、トリプルを跳ばなければならない」。クドリャフツェフはこう強調した。

彼のことばによれば、ワグナーから15ポイント以上離されては、トゥクタムイシェワには取り返すことは出来ないだろうという。「ましてワグナーは、強い印象を与えるスポーツコンディションを披露した。去年と比べて彼女は進化している:第一に彼女の外見はほっそりした。第二に彼女のプログラムは、難しいエレメンツを着実に実行する観点からはより有利になっている。彼女はフリープログラムで、日本の選手たちにさえも1位を明け渡す程多くのミスはしないと思う」。専門家はこう付け加えた。

「一方リーザは、日本の女子選手たちにさえ追いつくのは難しいだろう。もし彼女がプログラムでトリプルアクセルをやったなら、その可能性は出てくるだろうが、しかし、16歳の永井はあまりにも良い! 彼女はシニアで初めて滑るのだが、私の考えでは、彼女には日本代表チームの未来のナンバーワンになるくらいの条件が揃っている。彼女は自信を持って跳び、素晴らしく整えられていて、広く滑ることが出来、とても良く音楽を感じている。それに彼女には優秀な振付師(樋口美穂子)が付いている」。クドリャフツェフはこのように話した。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/10/31(土) 23:42:47|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2015/11/01 羽生結弦「ショートで失ったものを取り返すことが出来ると信じていた」 | ホーム | 2015/10/31 エリザヴェータ・トゥクタムィシェワ「まだフリープログラムがあるので戦う」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/1580-0eb81558
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    </