富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ あれこれ 2015/11/13 ユリヤ・リプニツカヤ「以前はモンスターだったけれど、今は可愛い女」

あれこれ

2015/11/13 ユリヤ・リプニツカヤ「以前はモンスターだったけれど、今は可愛い女」

http://www.sports.ru/others/figure-skating/1034627305.html

2015/11/13 ユーリヤ・リプニーツカヤ「以前はモンスターだったけれど、今は可愛い女」

オリンピック女王ユーリヤ・リプニーツカヤは、フランスでのグランプリ大会ショートプログラムの2位についてコメントした。Sports.ru特派員スヴェトラーナ・ヴェークリチェワが伝える。

—ここで演技した感想はいかがですか? 特にスケート・アメリカの時と比較して。

「少し良いです。やはり緊張はあって、基本的に私のフリップとルッツに影響を及ぼすのですが、でも今回はとても簡単に最後まで出来ました。だから進歩したのです」。

—ということは、コンディションはもう良くなったのですか?

「はい、身体機能的には、私は少し成長しました。おかげさまで上昇しています。最近、全般的にマイナスでしたけれど。でももう私自身がより落ち着いています。多少なりとも準備が出来ていますから。しかし、構成は難しくしなかったのです」。

—あなたは今日新しい衣装でしたね。

「はい、私たちは極端から極端になるみたいです:とても派手な子供っぽいのだったり、逆にとても大人っぽい、きちんとした、黒だったり。あのカラーの衣装に関しては、多くの良い反響がありました。基本的にファンから。でも多くの否定的な反響もあったのです。それで私たちは、言ってみれば、きちんとした感じで、センスの良いものにすることに決めたのです」。

—あなた自身は、どんな衣装の時の自分がより良いと感じますか?

「この場合は黒ですね。自分をより大人に感じます」。

—カラーの衣装はあなたを太ってみせたと私には感じられます。少なくともビデオや写真では。

「多分、あの時私は本当にもっと太っていたかもしれません。でも分からないな・・・私自身は、カラー衣装を着るとそんなに太って見えたことには気が付きませんでした」。

—スケート・アメリカの後、このグランプリ大会を棄権することをあなたが考えていると私は聞きました。あなたはそれ程自信が無かったのですか?

「私は自信が無かったのではなく、ただ6位だと知った。当然、どうなってもファイナルには行けない。ただ、正直に言うと、他のロシアの選手が私と交替することは出来ないということを知らなかったのです」。

—ショートプログラムについて少し話していただけますか? こう歌われています:you talk like angel, you walk like angel でも本当は小悪魔だ。あなたは天使? それとも悪魔?

「マリーナ・ズーエワが私にこのテーマを提案した時、最初に質問したのは、私にユーモアのセンスがあるか、ということでした。彼女はこうも言いました:『いい? これは彼女についてなのよ』」。

—これは、あなたをフィギュアスケートのモンスターか戦車のように言っている人たちへの答えですか?

「実際私は、以前はそうだったのですが、今は可愛い女です」。

—何が変わったのですか?

「多分年齢です。私はとても優しくなりましたし、よりオープンにしようとしています。ただ集中しなければならない時は、自分の中に閉じこもることがあります」。リプニーツカヤはこのように語った。

文:マリーヤ・アレクサンドロワ / 出典:Sports.ru
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/11/14(土) 19:41:20|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2015/11/14 ボルドーでのフィギュアスケートグランプリ大会は、服喪のため中止された | ホーム | 2015/11/13 マクシム・コフトゥン「多くの上手く行かない演技があった後で、今日僕のファンたちに希望を抱かせることが出来て嬉しい」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/1606-82a856bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    </