あれこれ

2015/11/20 タチヤーナ・ヴォロソジャル/マクシム・トランコフ組は、日本でのGP大会に出場出来ない

http://www.fsrussia.ru/news/1448-tatyana-volosozhar-maksim-trankov-ne-smogut-prinyat-uchastie-v-gran-pri-v-yaponii.html

2015/11/20 タチヤーナ・ヴォローソジャル/マクシム・トランコフは、日本でのGP大会に出場出来ない

ペアスケートの二度のオリンピックチャンピオン、タチヤーナ・ヴォローソジャル/マクシム・トランコフ組は、GP日本大会に出場出来ない。コーチのニーナ・モーザーが詳細を語った。

「木曜日(19日)の夜の練習の後、医師たちが、GP日本大会に出場するのを断念するよう私たちに勧告しました。その理由は、ターニャの足の怪我でした。そのせいで彼女はスロージャンプが出来ないからです。

タチヤーナは、ボルドーの大会を前にした練習の時に既にかかとを傷つけていました。しかし、私たちはこのGP大会に行き、彼女が100パーセントの体調ではなかったにもかかわらず演技をしたのです。そのせいでスロージャンプの着氷が両足になりました。フランスでの直前練習の時にターニャは、片足でスロージャンプをやり、それで傷が悪化したのです。ボルドーから帰国して私たちは医師たちの診察を受け、必要な処置を施しました。しかし問題を最後まで解決することは出来なかったのです。

現在の練習では、私たちは全部滑っているのですが、スロージャンプは抜いています。ターニャはもちろん、とても出場したがっています。二日間彼女は泣いていますが、医師たちは、どうしてもやっては駄目だと考えているのです。

大会を欠場するのは私たちの主義ではありませんし、皆それを知っています。まして二人は、1年半の休場の後準備をし、パフォーマンスを続けたがっているのです。しかし、状況としては、時を待ち、怪我した足の問題を解決しなければならないということなのです」。ニーナ・モーザーはこのように語った。
(オリガ・エルモーリナ)
===ロシアフィギュアスケート連盟オフィシャルサイトより引用===
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/11/20(金) 23:10:34|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2015/11/20 エレーナ・イリイヌィフ「ショートダンスで、私とジガンシンは自分自身に負けた」 | ホーム | 2015/11/19 イリヤ・アヴェルブーフ「ユリヤ・リプニツカヤとコーチの別離は、いさかいによるものではない」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/1615-11379199
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)