あれこれ

2015/12/16 アレクサンドル・ラケールニク「コンポーネンツに関しては『羽生問題』はない」

http://www.sovsport.ru/gazeta/article-item/867814

2015/12/16 アレクサンドル・ラケールニク「コンポーネンツに関しては『羽生問題』はない」

アンドレイ・シモネンコのSovsport.ruの記事「記録の解剖。ISUはフィギュアスケート判定システムを変えるかもしれない」の記事より、一部抜粋、引用====

ISUシングル、ペアスケート技術委員会委員長アレクサンドル・ラケールニクは、Sovsport.ru解説者アンドレイ・シモネンコとのインタビューで、日本のフィギュアスケーター羽生結弦の素晴らしい滑りが、現行判定システムにどのような変更をもたらす可能性があるかについて語った。羽生は、長野でのグランプリ大会とバルセロナでのグランプリファイナルで、現行ジャッジシステムによって、以前では考えられなかったような記録的点数を獲得した。ラケールニクはまず初めに、グランプリファイナルでの羽生の演技の点数がどのようにしてそうなったかについて、ショートプログラムを例にとってエレメントごとに分析し説明した。
・・・・
—コンポーネンツの上限は現在10ポイントですが、それを増やす可能性はありますか?

「私はむしろ別のことを言いたい。私たちはこのコンポーネンツで非常に高くよじ登ってしまった。だって羽生の10点というのは、他の選手たちに多くを与えた結果なのだ。私たちはプログラムコンポーネンツの評定で少しゆるくなった。難しいエレメンツを含めて、エレメンツを悪くなく遂行したけれども、プログラムの組立てや音楽解釈の観点からは何ら傑出したものが見られなかった選手たちを見つけることが出来る。それにもかかわらず彼らはコンポーネンツで8点以上、あるいは9点以上獲得している。もちろん彼らの後、羽生が登場すれば、われわれは10点のなかに入り込む。だから私の見方では、コンポーネンツに関しては、もしわれわれが彼らの評点の問題に若干厳しくアプローチして行けば、『羽生問題』はわれわれには無いのだ。
ついでだが、コンポーネンツというものは、非常に難しいもので、調和を代数で測るのは難しいのだ。

現在、コンポーネンツの判定向上に関する作業が行われており、これに取り組んでいる作業グループがISUのなかにある。しかし、そこではまだ様々な見解がぶつかり合っている。ある者たちは、現行システムは良いものだから変える必要は無いと考えている。また、コンポーネンツの判定に少し訂正を加える必要があるという考えもある。作業は進んでいる。しかし、コンポーネンツをどうすべきかの問題に対しては、それらをより厳しく採点しなければならないと考えている以外は、私個人にはまだ答えが無い」。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/12/18(金) 02:44:40|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2015/12/13 インナ・ゴンチャレンコ「成長期の問題は、ラジオノワの目標には影響しない」 | ホーム | 2015/12/17 エリザヴェータ・トゥクタムィシェワは、ロシア選手権に向けた強化練習のなか誕生日を迎える>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/1658-a219277f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)