あれこれ

2015/12/23 エヴゲーニー・プルシェンコ「三つの四回転はフィギュアスケートの標準」

http://news.sportbox.ru/Vidy_sporta/Figurnoe_katanie/spbnews_NI580143_Jevgenij_Plushhenko_Tri_chetvernyh_pryzhka___eto_norma_dla_figurnogo_katanija

http://tass.ru/sport/2551527

2015/12/23 エヴゲーニー・プリューシェンコ「三つの四回転ジャンプはフィギュアスケートの標準」

(アントニナ・ゴーリコワ)
二度のオリンピックチャンピオン、エヴゲーニー・プリューシェンコは、マスタークラスの後リンクで記者たちに、ショー出演と、新プログラム、四回転ジャンプの練習を両立させていると語った。

「普通のリンクで僕のことをしょっちゅう見ることが出来るよ」。プリューシェンコは語った。「僕はボランティア活動をしているし、マスタークラスを行っている。今、僕はヨーロッパツァーから戻って来て、一月には自分の『スノーキング』を持って日本に行く。夏までに110回のショーを予定しているから、スケジュールは深刻だ。しかし、マスタークラスのための時間は見出している。モスクワ体育局は、幼年学校生徒のために僕のショーのチケットを8千枚購入した。そして僕は彼らのために授業を行うことを提案した。100~150人の生徒を選抜した。ブライアン・ジュベールやジョニー・ウイアー、イリーナ・スルーツカヤも彼らと一緒に取り組むだろう。子供たちは、僕の「スノーキング」お話ショーを見たり、有名なスケーターたちと滑ったりするのだ。これはとても大事なことだ。僕は自分の例を思い出すが、11歳の時ペテルブルクにやって来て、自分のアイドルだったヴィクトル・ペトレンコに会った。彼は僕にサインをくれて、『練習しなさい』と言った。それは何と励みになったことだろう! ロシアには大勢の偉大なスケーターたちがいる。彼らが子供たちや学生たちと交流する機会を作らなければならない。自分の滑り、経験、トレーニングを見せる機会を。

—二ヶ月前、あなたは四回転ジャンプを回復する計画をしました。それはどうなっていますか?

「毎日その練習をしている。新しいプログラムをトレーニングしている。今度僕のもとへ振付師のダヴィッド・アブディシュがやって来る。僕たちはショーの前や後に働くつもりだ。技術を回復しつつあるし、今後の試合に向けて準備をしている」。

—今、羽生結弦が何か信じられないことをやっています。次々と記録を塗り替えて。

「彼は唯一無二のアスリートだ。日本の連盟は結弦が11歳の時ショーに招待したのだが、僕は彼を見て、言った:『これは将来のオリンピックチャンピオンだ』と。かれには比類のない回転があり、比類のない柔らかで速い滑りがある。今彼は自信を得て、幾つかの記録を樹立した。羽生はこれに向かって進んで来たのだ。僕はロシアの男子スケーターたちを見た・・・僕は結弦とは日本でたくさん滑っている。彼は毎回のエキシビション出演で四回転ジャンプを跳ぶ。もしロシアで誰かが四回転やトリプルアクセルを跳ぶとなれば、センセーションだ! だけど彼らにとったらそれが標準だ。彼らはプログラムを夏のショーで滑り込んでいる。9月、10月には素晴らしいコンディションが出来ている。ショーでは四回転をアンコールでさえやっている。われわれはそのことを考えなければならないし、スケーターたちの全ての準備を再認識しなくてはならない。今の傾向は、プログラム後半にエレメンツを持ってくるのだ。僕たちも勝つために、より多くを後半にやらなければならない! プログラム後半に四回転をやるために基礎体力を強化するのだ。ロシアのスケーターは頭を切り替えなければならない。四回転ジャンプは、今やフィギュアスケートの標準だ。二度の四回転 — 標準だ。三度の四回転 — これも標準だ。ボーヤン・ジンは既に四度やっている。

—ロシアでも四度の四回転に挑戦している選手はいます。

「誰?」。

—コフトゥン。

「いや、ロシアにはそういったスケーターはいない。四度、五度の四回転をやっている選手はいない。いるようにしなければならない。そのためには訓練システムを変えなければならない。

僕はプロフェッショナルだから言う権利がある。マクシム・コフトゥンはアクセルへの入りが恐る恐るだ。そこへくると、ミハイル・コリャダーは、ヴィクトル・ペトレンコ、セルゲイ・ウルマーノフ、それに同じく何とアレクセイ・ヤグージンがやったように跳んでいる。アジヤン・ピトケーエフも同じようにやっている:彼はあちこち滑ってから、素晴らしいクリーンな四回転をして、素晴らしい出をしている。

僕はジャッジたちに、正しくジャンプを評価して、どんな甘やかしもしないように要請する。なぜなら、今僕が名を挙げたスケーターには甘やかしが行っている。グランプリに出場して10位だなんて正しくない。もっと働いて、トレーニングしなければならない。まして彼には責任があるのだから」。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/12/24(木) 11:29:00|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2015/12/24 アルトゥール・ガチンスキー「進歩が止まった故に、引退する」 | ホーム | 2015/12/23 イリヤ・アヴェルブーフ「コフトゥンとピトケーエフが上位二人になることは明白だ」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/1668-75476e6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)