あれこれ

2015/12/25 マクシム・コフトゥン「勝利のために観客が力を与えてくれた」

http://rsport.ru/figure_skating/20151225/887108036.html

2015/12/25 マクシム・コフトゥン「勝利のために観客が力を与えてくれた」

エカテリンブルク、12月25日、R-Sport、エレーナ・ジヤチコーワ。
ロシア選手権フリープログラムで観客が力を与えてくれ、緊張を回避するのを助けてくれた。国内選手権で3連覇したマクシム・コフトゥンはそう語った。

金曜日(25日)、マクシム・コフトゥンは、自分の故郷の町エカテリンブルクで行われているロシア選手権で勝利した。(266.13)(2位ミハイル・コリャダー260.73。 3位アレクサンドル・ペトローフ248.64)。ショートプログラムの後、彼は強い緊張がとても妨げになったと語っていた。

「昨夜と同じようにやはり緊張したが、プログラムの途中には、観客と一緒にならなければならない箇所がたくさんあるし、それが無ければプログラムにならない。それが僕の気持ちを和らげ、力を与えてくれたのが分かった — 後半で顔の演技が始まった時、観客の笑い声や気持ちの表出を聞いた。これは僕にさらなる気分を吹き込んでくれた。今日の滑りは一つの喜びだった。観客にお祭り気分をプレゼントしたかった」。コフトゥンは記者たちにこう語った。

「僕はもちろん、ずっとコンビネーションのことを考えていた。僕は三回転ジャンプとのコンビネーションを一つもやらなかった。4-3のコンビネーションジャンプの計画だったけれども4-2をやった。僕は『アクセル-トウループ』か『ルッツ-トウループ』を跳ばなければならなかった。でも僕は今、アクセルにもルッツにも問題があるので、リスクを冒さないで、ただダブルを付け加えるだけにした。それだけだ」。彼はこう付け加えた。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/12/26(土) 17:59:46|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2015/12/26 マクシム・トランコフ「シーズン途中で引退しなければならないかもという考えがあった」 | ホーム | 2015/12/25 ミハイル・コリャダ「今日の滑りには五段階評価で4をつける」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/1673-2a0cf97b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)