富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ あれこれ 2015/12/27 アンナ・ポゴリラヤ「グランプリシリーズの不成功は、背中を押してくれただけ」

あれこれ

2015/12/27 アンナ・ポゴリラヤ「グランプリシリーズの不成功は、背中を押してくれただけ」

http://rsport.ru/figure_skating/20151227/887321860.html

2015/12/27 アンナ・ポゴリーラヤ「グランプリシリーズの不成功は、背中を押してくれただけ」

エカテリンブルク、12月27日、R-Sport、エレーナ・ジヤチコーワ。
ロシアのフィギュアスケーター、アンナ・ポゴリーラヤは、R-Sportに対し、今シーズンの不成功は彼女にとって刺激となり、次のパフォーマンスへ向けて背中を押してくれるものとなったと語った。

2015年ヨーロッパ選手権銅メダリストであるポゴリーラヤは、今シーズンのグランプリシリーズで良い滑りが出来ず、バルセロナでのファイナルに選ばれなかった。エカテリンブルクで行われたロシア選手権では、三位に入り、2016年1月末にブラチスラバで開催されるヨーロッパ選手権へのロシアチームメンバーに入った。

「不成功は私の背中を押してくれただけで、何も投げ出してはいません。その逆で、もし今出来なかったのなら、私は立ち上がり、さらに10回くらいこのジャンプを跳んでやろうとするでしょう。私はそういう人間で、悪いままでお終わりにするのは好きじゃないのです。自分の心が安らかになるように、私は良くやらなければならないのです。あのようなグランプリ大会がありました。だから何? 誰も転倒なんかしなかったかのように私は先に進みます」。ポゴリーラヤはこう語った。

彼女は、家族の応援に感謝した。「ママからもパパからも兄弟からも常にサポートがありました。試合の時ばかりでなく、練習の時にも。失敗の後立ち上がるのは、もちろん、難しいことでした。でも離れている時でさえ、応援はいつも感じられました。私の家族がどこに居ようと、私のことを心配しているのが分かっています。ママは全てを感じ取ってくれ、いつも応援してくれます。悪い試合の時も良い試合でも、彼女はいつも『よくやったわ! さらに次に行こうね!』と言います。トレーニングの時にも隣にいて、必要な時には、奮起させてくれたり、落ち着かせてくれたりするのです」。

ポゴリーラヤによれば、ヨーロッパ選手権では、「もちろん、メダル争いはしたい」という。「でもただメダルのためではなく、クリーンな滑りのためにこそ戦いたいのです。それに、もし私たちが氷に出て、自分の滑りが本当に気に入っているのなら、何のために戦うことがあるでしょうか? 全員を破ろうとする気もちを持って出て行く必要があるのでしょうか? 彼らを破ったとしても、観客がそれを気に入らなかったなら、自分の心も満足しないでしょう」。ポゴリーラヤはそう考えている。

「会場が沸き立つなかで滑るとすれば、内心は遥かに嬉しいでしょう。エネルギーを観客に与えれば、それだけ彼らはそれを受け止めてくれ、気に入ってくれ、自分自身も嬉しくなるのです。もしそれがさらにクリーンな滑りであったなら、一層それは素晴らしい気分になるのです!」。ポゴリーラヤはこう語った。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/12/28(月) 00:08:08|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2015/12/27 オレーク・ヴァシーリエフ「ロシア女子スケートでは、リーダーは明らかだが、残念ながら『使い捨て』」 | ホーム | 2015/12/26 エレーナ・ラジオノワ「これは私の最良の試合だった」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/1677-bbb77ef9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    </